幸せ呼ぶ猫神の呟き

杉浦友紀 「95センチ砲ロケット乳」が炸裂する平昌五輪生中継

 NHK杉浦友紀アナ(34)が、進化した「95センチ砲・ロケット乳」をひっさげ、2月9日開幕の平昌冬季五輪中継で炸裂する!?「杉浦アナは4年前のソチ冬季五輪中継で、連日“ロケット乳”を披露しながら現地キャスターを務め、男性視聴者を興奮させてブレーク。視聴率が数%跳ね上がったとされる人気でした。今回も平昌五輪の現地キャスターに選抜されただけに“帰ってきた伝説の爆乳”とも言える。局幹部からも“分かってるよね”と囁きがあったそうで、本人も爆乳攻勢にやる気満々だそうです」(NHK関係者)

 杉浦アナは現在、『サタデースポーツ』と『サンデースポーツ』のキャスターを務める、NHKスポーツ番組の顔。上智大時代、「ミスソフィア」に輝いた美貌で知られ、'15年にはNHKの同期職員と結婚し人妻にもなった。「しかしその後、妊娠の話は聞こえてこない。男性ファンが多いことから、番組を長期間休むことを避けるため妊活を我慢し、番組に出続けているようです。その代わり、妊娠願望がMAXに達しているのか、おっぱいがみるみる肥大化し、今や95センチのHカップはある。平昌五輪中継でもソチ同様、透けて見えるほどの薄いボタンシャツで登場するでしょうから、競技とともに爆乳にも注目です」(同)

 杉浦アナが今回、意欲満々なのにはもう一つ、大きなワケがあるようだ。4年後輩だが、昨年大みそかには紅白歌合戦で初総合司会を務めたり、昨年4月からは『ニュースウオッチ9』のキャスターを担当するなど、「ポスト有働由美子」として大活躍している桑子真帆アナ(30)の存在だ。 「桑子アナも昨年5月、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚しているのに、NHKがアイドルアナ的に猛プッシュしている。それが先輩の杉浦アナとしては気に入らないようです。しかも、桑子アナも平昌五輪現地キャスター陣に加わっており、杉浦アナの“シマ”を奪いにかかっているのです」(放送記者)

 ただ、五輪中継次第で、今後の立場が変わる可能性もありそうだ。「今回の五輪中継で、杉浦アナの登場シーンの数字がよければNHKは今後、“杉浦推し”にチェンジする可能性が十分あるのです。それだけに、貧乳疑惑もある桑子アナを“95センチロケット砲”という最強武器でぶっ潰す決意であることは、間違いないでしょうね」(同)

 五輪中継の見どころが一つ増えた!

岡副麻希 ビキニの次は“褐色の肌にピンクの秘部”の剃毛写真集

 フリーアナの岡副麻希(25)がファースト写真集『Maki Mermaid』(小学館)を2月5日に発売する。岡副は、早大時代にサークルながらフィンスイミング(足にヒレをつける水泳)の選手として活躍した。“黒ギャルアナ”の愛称で呼ばれ熱烈ファンも多い。現在、土曜朝の情報番組『めざましどようび』(フジテレビ系)に出演中だが、早くも第2弾「剃毛写真集」を出版する可能性が出てきた。

 「岡副の経歴は、とにかくすさまじい。昨年3月に、'14年から担当してきた『めざましどようび』の契約を切られ『めざましテレビ』に移動するも、半年で切られて、また『めざましどようび』に戻るという目まぐるしさ。これまでのサイクルをふまえて考えると、そろそろ降板の時期とも囁かれています」(フジテレビ関係者)

 学生時代には超ハイレグを着て、漫画誌の表紙を飾ったこともあるほど、引き締まったボディーにファンは多い。 「スイマーですからワレメぎりぎりの水着を着て、股間の青剃りが魅力的だった。そんな“エロかわいさ”が評判になり、現役女子大生のキャスターとしてフジのレギュラーを勝ち取ったそうです。ただ、当初は局アナ志望でしたが、叶わなかったようです」(同)

 今でも水泳を続けているせいか、肌の黒さは異色とも言われている。 「あまりに焼けているので“黒ギャル”と呼ばれ、売り物の一つでもあった。その注目度はネットでもたびたび話題になり、“よく見ると毎回黒さの度合いが違う! 化粧品の黒さではか!?”と物議を醸したことも。しかし、最近では“黒ギャル”の新鮮さもなくなり、話題に上ることはほとんどなくなりました」(女子アナライター)

 人気下降と同時にレギュラー降板説が囁かれる瀬戸際の中、1月22日発売の週刊漫画誌のグラビアにビキニ姿を披露。2月5日には初写真集となる『Maki Mermaid』を出版することを発表した。 「彼女にとっては、まさに背水の陣。写真集には、水着の食い込みをはじめとしたセクシーショットも収録されているらしく、かなり期待できます。なんでも本人は脱ぐ気満々で、今回の撮影でも

ヌードを撮っていたそうなのですが、現在も『めざまし』の担当だけにNGが出たとか。そのため、3月で降板説が囁かれる今、次回の写真集で剃毛ヌードを披露することは確実ともいわれている。人気挽回のため、彼女が最も得意とする夏の7月あたりに出版されそうです」(同) 褐色肌にピンクのクレバスはエロすぎる! う~ん、見てみたい。

カトパン NHK『…赤面3時間スペ…』黒ブラ&透け下着に「よーやった!」の賛辞

 1月24日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジ系)で カトパンこと加藤綾子(32)が、さんまが振った「オレといる時が一番楽しいやろ?」の突っ込みに、食い気味にすぐさま「ハイッ!」とさんまに流し目をくれた。これを見る限り、昨年9月、明石家さんまとのニューヨーク食事デートも“本気愛”と思われても仕方ないだろう。

 その10日前に放送されたNHKの特番ではセクシーな“密着ボディコン”姿で登場し、その真意が話題になっている。「加藤は1月13日、NHKのBSプレミアムで放送された『ぐるっと赤道3時間スペシャル』で地球の赤道に関するの司会を務めたのです。'16年春にフジテレビから独立し、昨年7月、BSプレミアムの番組でNHKに初出演してますが、今回、本格進出を果たした形。そのためか、加藤は全身に密着した真っ赤なボディコンで出演し、視聴者を沸かせたのです」(放送記者)

 さらに「透けパン」や「ブラチラ」まで披露した疑いが浮上しているから、“エロ放送事故”ともいえる。 「背中を見せるたび、プリッとしたお尻にパンティーラインが何度も浮かんだのです。急角度でお尻に食い込んでいたため、ハイレグかヒモパンの可能性が濃厚。しかもノースリーブで大きく開いた脇から何度も黒いブラジャーのようなものが見え隠れしたのです」(同)

 今回の“事故”、ライバル視している女子アナ界の先輩でNHKの有働由美子アナを意識したものではないか、と囁かれている。
 「有働アナをめぐっては元日付の一部紙で、'10年から進行を担当してきた朝の人気情報番組『あさイチ』3月降板報道があり、去就が注目されています。実はカトパンが有働の後釜を狙っているというのです。今回、セクシー衣装でNHKに本格進出したのは、ポスト有働を狙う足掛かりでしょう」(芸能ライター)

 加藤はフリー転身後も、フジの番組を中心に活動してきた。しかし、フジ内で最近、加藤外しの動きも出ているため、今後、生き残りをかけNHKの仕事を増やしていく戦略とみられている。 「カトパンは、同じ“国民的人気アナ”の有働に対し強烈なライバル心を隠していなかった。独立直後の'16年5月、フジ系特番の会見に出席した彼女は、“嫉妬した人がいるか?”と聞かれると“NHKの有働由美子さん”と実名を挙げ宣戦布告したのです」(同)

 冒頭にも言ったが、さんまとの熱愛はホンモノ。'09年からフジ系『ホンマでっか!?TV』でコンビを組んできたさんまとは、電撃婚の可能性もゼロではない。だが、それが叶わなかったら、加藤は本格的に“有働食い”に動く可能性が大いにある。また、独立話が出ている水卜麻美アナをカトパンが自分の所属事務所に引っ張り込もうとしているという情報もある。今年はカトパンから目が離せない。
GMOコイン株(東証一部上場)
最新記事
12

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad