幸せ呼ぶ猫神の呟き

NHKとケンカ別れして2年…和田アキコ「紅白復帰」の確率は

 2016年の「紅白歌合戦」に落選したことで、NHKとの“確執”が取りざたされてきた和田アキ子(68)。ところが、5日放送の「うたコン」、7日放送の「ごごナマ」とNHKの番組に立て続けに出演したため、“紅白復帰への布石か”と話題になっている。

「和田は紅白出場を逃した2年前、自身のラジオ番組で『今年は見たくない』と吐き捨てました。昨年、安室奈美恵の“大トリ出場”が報じられた時も、『私もトリ、やらせていただいたことありますけど、トリでも豚でも一緒なんですよ』と毒づいた。NHKは和田の一連の発言を細かくチェックしていて、はっきり言って心証は良くないと思います。大みそかのステージに返り咲くのは難しそうだという見方が強いですね」(スポーツ紙記者)

 しかし、和田にとって今年はデビュー50周年を飾るメモリアルイヤーだ。男性グループ「BOYS AND MEN(ボイメン)研究生」とコラボした新曲「愛を頑張って」は、オリコンの週間売り上げランキングで初登場2位を記録。1971年発売の「天使になれない」の自己最高8位を更新した。

「音楽チャートとは無縁の和田の新曲のセールスが好調なのは、ひとえにボイメンのおかげです。ボイメンは若者に人気のグループで、一昨年、昨年も紅白初出場が噂されました。つまり、和田が『うたコン』に出演できたのはボイメンの“おまけ”。ちなみに、『ごごナマ』はホリプロの後輩である船越英一郎が司会を務めている番組です」(同)

■なりふり構わぬ“バーター作戦”

 和田がなりふり構わずNHKの番組に出演しようとするのは、紅白の選考基準のひとつとされる“NHKへの貢献度”で実績をつくろうとしているようにも見える。

 それでも、紅白復帰のハードルは高いようだ。和田はファンも多いがアンチも多い。昨年、「週刊文春」が実施した「『紅白歌合戦』に出てほしくない歌手」という調査で1位になっている。和田が紅白に復帰する確率はどれくらいあるのか。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「50%程度といったところでしょう。たとえNHKが和田と距離を置こうとしても、いわゆる“バーター”が行われるかもしれません。ホリプロには大河ドラマ『西郷どん』で主演している鈴木亮平、来年の大河『いだてん』に出演する綾瀬はるかといった人気の役者がたくさん所属しています。例えば、ホリプロが3年後の大河に竹内涼真を出演させると決めれば、NHKが和田を“特別枠”などの形で紅白に出場させる可能性があります」

 もっとも、ボイメンだけが和田とのコラボ曲とは違う曲で初出場を果たし、和田は落選するケースも考えられる。NHKがどんな判断を下すか見ものだ。

ユースケ・サンタマリア 『あな家』茄子田先生は「篠原ともえをイメージして演じてた」!?

歌手やデザイナー、タレントとマルチに活躍する篠原ともえが、かつて音楽ユニット『カロゴンズ』で活動していたユースケ・サンタマリアと食事する姿をInstagramに投稿している。ユースケといえば22日に最終回を迎えたドラマ『あなたには帰る家がある』(TBS系)で癖の強い教師・茄子田太郎を熱演していたが、話題がドラマに及ぶと篠原は彼から意外なことを言われたという。

篠原ともえとユースケ・サンタマリアが『カロゴンズ』を結成したのは、今から20年前の1998年のことだ。現在も2人の親交は深く、篠原のInstagramではユースケに「(カロゴンズは)俺の黒歴史」と言われたり、映画鑑賞の際に隣でストーリーをネタバレされたりと2人のユニークなやりとりが公開されていた。

22日に篠原が更新したInstagramでは、そんなユースケと篠原が仲良く食事する姿が投稿されている。2人の会話はユースケが出演し、22日に放送終了したドラマ『あなたには帰る家がある』に及んだという。

ユースケが演じた茄子田太郎は、声色は暗く妻に暴言を吐くいわゆる“モラハラ夫”だ。そんな癖のある役を怪演していたユースケだったが、その演技のルーツについて明かしたのだ。

「篠原をイメージして演じてた、特に声のトーンを…」と語ったユースケだが、篠原は「ウソばっかり言っている」と真っ向から否定している。フォロワーからは「ともえちゃん、あんな風に暗い感じなんですか!?(笑)」と驚きの声も寄せられたが、大概のファンは「相変わらず面白い方ですね」「ジョークと冗談しか言わへんでサンタマリアは」とユースケのユーモアだと気づいているようだ。

とはいえドラマの終盤では家族思いな一面や不倫した妻を一途に愛する姿を見せ、最終的には口調まですっかり穏やかになった“茄子田先生”。篠原を参考にしたというのはこちらの姿だったのかもしれない。

高嶋ちさ子「腹筋割れてた」幼少期の写真にファン驚き「アスリート!!」

高嶋ちさ子といえば、フジテレビアナウンサー・軽部真一アナとの『めざましクラシックス』やプロジェクト『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』立ち上げなど精力的に演奏活動を行う一方で、バラエティなどで見せる攻撃的な性格でも話題を集めるヴァイオリニストだ。その勝ち気ぶりは幼少期から培われていたのだろうか、自身のInstagramに投稿された幼い高嶋はすでに腹筋が割れており、フォロワーからは驚きの声があがっている。

20日に更新されたInstagramで、自身の幼少期の姿を投稿した高嶋ちさ子。水着姿で姉と並び、食べ物を頬張る姿は実に楽しそうで可愛らしいが、高島が「腹筋割れてた頃の私」というようにその身体はかなり引き締まっている。フォロワーからは「面影ありますね♪ 可愛い」「小さなころからお綺麗ですね」と称賛の声が寄せられた一方、「アスリート!!」「カッコイイ女子!」と驚くファンも少なくないようだ。

なかには「この腹筋で日々姉を守り、太郎と戦っていたんですね!」と指摘するコメントも届いているが、一緒に写る姉はダウン症が原因で周囲から酷いいじめを受けることが多く、高島は兄・太郎さんとともに抗議や仕返しをすることで姉を守ってきたという。それ故に気性が荒くなったと明かしたこともあるが、この屈強な身体もその過程で手に入れたのだろうか。

しかし最近、そんな姉とは喧嘩が絶えないようで、「いかんね」と反省する様子も見せた高嶋。距離が近いからこそ反発しあってしまうのが家族でもあるが、写真の通り元々は大の仲良しであろう2人、絆はそう簡単に壊れないだろう。
最新記事
PR
2

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad