日本人が全く気にしない7つの失礼な行為―中国ネット

2017年8月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本人は全く気にしない7つの失礼な行為について紹介する記事が掲載された。

記事が紹介した失礼な行為の1つが「満員電車に乗る時に前の人を押すこと」だ。中国で誰かが人のことを押そうものならけんかになるところだが、日本人は気にしないという。

2つ目は「レストランにて大声で叫ぶこと」だ。公共の場所で大声を上げることはマナー違反とされるのが普通だが、日本人はレストランで「すいません」と大声で店員を呼ぶという。

3つ目は「チップが不要なこと」だ。日本ではチップをあげることが、かえってその人の尊厳をおとしめることになるという。

4つ目は「直接的ではなく婉曲(わいきょく)表現を使うこと」だ。他人との衝突や摩擦を嫌がる日本人は遠まわしに言うが、これは欧米では失礼になるという。

5つ目は「人が話している時に口を挟むこと」だ。日本人は会話の途中でいちいち「そうか」、「本当に?」などと相づちを打つが、多くの国では人が話している途中に口を挟むのは失礼なことだとした。

6つ目は、「他人のためにドアを開けてあげないこと」だ。レディーファーストの国では男性が女性のためにドアを開けてあげるのが普通だが、日本にはこの習慣はないという。

7つ目は「食べる時に音を出すこと」だ。麺類を食べる時に日本人は大きな音を立てて食べるが、外国人はなかなか慣れることができないという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「ごく正常だろ。中国だってチップはないし、人が話す時に相づちを打つ」「直接ではなく婉曲して伝えるというのは日本と中国の共通点だ」など、日本と中国は似ているとのコメントが寄せられた。

また、「日本人はレストランで『すいません』というが、中国は『店員、こっち来い!』という」と、日中の違いを強調するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

日本の動物園から逃げ出したゾウガメ、2週間後にわずか150メートル先で発見=中国ネット「日本の捜索能力って…」

2017年8月19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、動物園から逃げ出したゾウガメが2週間後にわずか150メートル先で発見されたことを伝える投稿があった。

8月初め、岡山県の動物園から1匹のゾウガメが脱走し行方不明となった。このゾウガメは体長約1メートルで重さは55キロの35歳の雌で、「アブー」と名付けられていた。普段は園内で放し飼いにされていたが、1日に入園ゲートから外に出る様子が防犯カメラに映っていた。

動物園は直ちに捜索を始めたが見つからず、14日に懸賞金50万円を出して捜すことに決めた。16日、岡山市から捜しに来た東内誠一さんと中学3年の息子の晟さんが捜し始めて15分後、動物園からわずか150メートルの草むらの中でゾウガメを発見した。

動物園によると、ゾウガメは何も食べなくても1カ月は生きることができ、発見された時も元気そうで、与えたナシとスイカをたいらげた。動物園は東内さんに50万円を渡し、今後は管理を徹底したいと話している。東内晟さんは、夏休みのいい思い出になったと話している。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「動物園は本当にちゃんと捜したのか?」、「日本の捜索能力はあまりにひどいんじゃないか」、「あんなに大きなカメが150メートルも歩いたのに、捜しだすのに2週間もかかったのか」など、疑問の声が多く寄せられた。

また、「2週間でたったの150メートルしか移動しなかったのか」とのコメントや、「ずいぶん安い広告費だな」との意見も。意図はなかったとしても結果的には動物園の良い宣伝になったに違いない。(翻訳・編集/山中)
最新記事