幸せ呼ぶ猫神の呟き

伊紙も“金髪”長友佑都の活躍を褒めちぎった!「スーパーサイヤ人は強敵」

 金髪効果は抜群だった?

 サッカー日本代表DF長友佑都が6月19日、ロシアW杯グループステージ初戦のコロンビア戦に先発出場し、ワールドクラスの天才ドリブラーを完封する活躍を披露。2-1での勝利に貢献を果たしている。

 4年前のブラジルW杯ではコロンビアのエース、ハメス・ロドリゲスの鮮やかなゴールなどで1-4での大敗を喫していた日本代表だが、この日は異なる運命が待っていた。左サイドバックとしてスタメンを飾った金髪の長友は終始チームメイトを鼓舞し続け、自身も攻守両面で奮闘。対峙したコロンビアMFフアン・クアドラードとの1対1の場面では粘り強く相手に食らいつき、イタリアの名門ユヴェントスで活躍する技巧派ドリブラーを完全に封印してみせたのだ。

 試合後には取材陣に、

「絶対に負けたくないという気持ちがあった。これ以上、負けたくないという想いがどこにあるんだっていうくらい、自分の心の中にずっとあった」 などと語っていた長友。大会直前、大胆に染め上げたまばゆいばかりの金髪頭がその勝因かはわからないが、長友がキャリアの大半を過ごすイタリアのスポーツ紙“Gazzetta dello Sport”もまた、彼の気迫あふれる仕事ぶりを絶賛している。

〈クアドラードは日本のスーパーサイヤ人によってサイドで抹殺され、最終的に途中交代という結果に終わってしまった。クアドラードとの1対1をナガトモが制したのだ。クアドラードからすれば、長友はとてつもなく強敵に映ったことだろう〉

 日本が世界に誇る漫画「ドラゴンボール」の孫悟空を引き合いに出しながら、長友の活躍をこれでもかと称えた同紙。突然の大幅イメチェンには賛否が集まり、嘲笑すら浴びた長友だが、今や世界のお墨付きを得たピッチ上の支配者である。次なる決戦は24日のセネガル戦。多くのサポーターが“スーパーサイヤ人2”の活躍に期待していることだろう。

『ブラックペアン』最終回 “猫ちゃんと渡海先生”の関係について二宮和也「衝撃的ですよ」

TBS系日曜劇場『ブラックペアン』が6月24日の放送で最終回を迎える。それを前に23日、バラエティ番組『王様のブランチ』に主人公・渡海征司郎役の二宮和也と佐伯清剛役の内野聖陽がスタジオ生出演した。2人によると最終回15分拡大SPでは「伏線の全てが分かる」という。

先日にオールアップしたが、内野は「オペシーンが大変だった」と振り返る。2~3分のシーンでも撮影は5~6時間かかるのだ。二宮も「手術の練習を皆で1時間くらいしてから本番に入る」と大変さを思い出していた。

最終回の予告ダイジェスト映像では「渡海征司郎の父親・渡海一郎と佐伯清剛、そして飯沼達次のつながり」さらに「帝華大学病院外科教授・西崎啓介(市川猿之助)と佐伯清剛の理事長戦の行方」に触れている。

スタジオにはドラマで使われた実物のブラックペアンが持ち込まれ、内野が「実際の医療器具にはないようだが、ドラマではブラックペアンがなぜ黒いのか? 材質にも意味があるらしいけど、ここでは言えないよ」と気を持たせた。

また、番組レギュラーの藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が「猫ちゃんと渡海先生の関係性とかは?」と振ったところ、二宮が「これはね、衝撃的ですよ、展開としては…」と微笑むが、周囲は半信半疑だ。それでも彼は「見てもらったら分かる」と言い切った。

他の医師や看護師とはあまりコミュニケーションをとらない渡海だが、看護師の猫田麻里(趣里)とは意思疎通がありオペでは絶妙なコンビネーションを見せる。2人が何故そのような関係にあるのかは興味深い。

ちなみに初期研修医・世良雅志役の竹内涼真は『王様のブランチ』にVTR出演して、二宮和也との共演で驚いたことを明かしている。二宮が化粧水などのスキンケアをせず撮影に向かうので「オーガニックすぎる」「ほぼ化粧水をつけずにあのクオリティーはすごい」という。

二宮によると、これまで健康的で元気な役柄よりも部屋にいたり病気の「血色悪いな」という役が多いので、今回も素でぴったりだったそうだ。

事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることを週刊文春が報じた。

 岡本の父は元男闘呼組の岡本健一(49)。ジャニーズ初の2世として注目を集めただけでなく、語学力を生かし上智大学の国際教養学部に一般入試で合格。しかしながら留年を繰り返し退学してしまった。

 岡本といえば、以前、女優の有村架純(25)との熱愛が報じられたり、“お持ち帰り”した女性に関係を暴露されるなど夜遊びもお盛ん。同誌によると、岡本の海外志向や素行不良が脱退の原因だというのだが……。

「記事についてジャニーズ事務所はかたくなに否定しているようですが、以前からグループの中で岡本は浮いた存在。遅かれ早かれ脱退することになりそうです」(テレビ局関係者)

 さらに、まだ一般的な知名度は無名だが、ジャニーズJrの人気ユニット「Love―tune」のメンバーたちも事務所との確執による独立説が浮上しているというからジャニーズが揺らいでいるのは間違いない。

「ひと昔前はジャニーズを辞めたら芸能界では生きていけなかった。しかし、現在は赤西仁や元SMAPの3人などジャニーズを辞めてもそれなりに仕事が順調。その姿をほかのタレントも見ているのでジャニーズにしがみつく必要はないと思っているのではないか」(芸能ライター)

 ジャニーズ帝国がぎしぎしと軋んでいる。
最新記事
PR
2

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad