幸せ呼ぶ猫神の呟き ■美容・ヘルス

花粉症対策のステロイド剤には糖尿病や胃潰瘍のリスクあり

 花粉症で処方される抗ヒスタミン剤は、鼻水や皮膚の赤み、かゆみなどの症状を抑える。だが、代官山パークサイドクリニック院長の岡宮裕医師はこう指摘する。

「抗ヒスタミン剤は、眠気を生じさせたり、頭痛、乾燥が酷くなって鼻や口が乾いたり、排尿が困難になるなどの副作用があります。特に高齢者は肝臓代謝力が低下しているので、眠気を通り越し、注意力散漫や酩酊に近い状態が長く続くこともあります。

 また、抗ヒスタミン剤とステロイド剤を混合したセレスタミンという内服薬は非常に強力ですが、ステロイド剤はアレルギーを抑えるのと同時に体の免疫力も抑えてしまうので副作用も強い。血圧の乱高下や糖尿病を誘発したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こしたりする可能性がある」

 効く薬は、その分、副作用も強く、高齢者にはあまり向かないといえる。

「私が高齢者に花粉症薬を処方する場合、昔からあるポララミンなどの抗ヒスタミン剤は避け、効きは弱いけれど『アレグラ』を処方します」(岡宮氏)

 アレグラは眠くなりにくいのも特徴で、注意力散漫を起こしにくいという。

自分の血液がジェルの材料に!? PPP治療に期待できる効果・副作用

PPP治療とは?期待できる効果について

PPP治療とは一体どのような治療方法なのでしょうか?具体的にチェックしていきたいと思います。

PPP治療とは、自分の血液から抽出したタンパク質を熱によってゲル化させ、皮膚に注入することでシワ・たるみを目立たなくさせる若返り治療のことを言います。ヒアルロン酸注射に非常に似ていますが、一度に多量に行うことができ、費用(クリニックや部位、注入量によって異なる)は1回あたり約5〜10万円程度と安く済むそうです。また、治療後すぐにメイクをしたり普段通りシャワーを浴びられるという点も大変魅力的です。PPP治療は血小板を取り除く治療方法となりますが、血小板を高濃度に含む「PRP治療」というものもあるそうです。血小板にはコラーゲン再生を高める働きがあるため、こちらも年齢肌に悩まされる女性に人気の治療法と言われています。

PPP治療による副作用・注意点について

シワだけでなく、くまを目立たせなくしたり、外人のようにスーッと通った鼻筋を作れたりと様々な用途があるPPP治療。イメージチェンジしたい!と考える女性であればとても興味深い治療方法ですが、トラブルを避けるためにも副作用などの情報についても事前にリサーチしておきましょう。

PPP治療は自分自身の血液を抽出後、化学的な薬品や異物は一切注入せずにジェル化していくため、アレルギーを引き起こす心配がなく、安全性が高いと言われています。ただ、効果としてはヒアルロン酸よりも持続性が短く、3〜4ヶ月程過ぎると元通りに戻ってしまうそう。定期的にクリニックへ足を運ぶ必要性があります。また、注射を通して肌に入れていきますので、皮下出血を引き起こす可能性も考えられるそうです。

年々さらに進化を遂げている美容治療!クリニックへ足を運ぶのは勇気がいるものですが、スキンケアだけではなかなか改善されない肌トラブルは、プロにお任せするのも一つの選択肢だと思います。施術により自分自身の悩みが解消されれば見た目が美しくなるだけでなく、心まで自然と明るくなるでしょう!是非、美活を行う上で参考にしてみてくださいね。

ハイテク国家怖すぎ……! 手術中に医師が“スマホ決済”で追加料金を請求

 スマートフォンによる電子決済は、今や中国では当たり前の光景となりつつある。日常生活にすっかり浸透し、寺院の賽銭箱からホームレスへの投げ銭にまで広がるなど、キャッシュレス社会が到来している。そんな中、意外すぎる場所でスマホ決済を迫られた女性について、中国メディアが報じている。 香港系メディア「東網」(1月11日付)によると、遼寧省大連市の病院で、手術中の女性が、施術中の医師からその場で“追加料金”を突然迫られるという、信じられない騒動が起こったという。

 同市に住む姜さん(20歳)は、数日前から腹部に痛みを訴え、大連医科大学附属病院を訪れた。診察の結果、子宮に腫瘍が見つかり、即手術が必要だと言い渡されたという。医師の勧めで当日手術が行われたのだが、部分麻酔をかけられた直後、医師から耳を疑う言葉が発せられた。医師は姜さんに「実は腫瘍が子宮の内部にもうひとつ見つかったので、これも取り除きます。そうすれば、手術費は追加で2,000元(約3万4,000円)かかるので、今すぐスマホのQRコードで決済してください!」と告げたのだ。

 手術台の上で麻酔をかけられ、身動きの取れない姜さんは、言われるがままにスマホ決済で追加代金を支払ったという。姜さんはその後、病院への不信感を拭えず別の病院で再検査をしてもらったところ、先の病院で行われた検査に不備があったことなどがわかり、今後当局による調査が行われることになったという。今回の事件がメディアで報じられると、病院側は「現在、事実関係を調査中」と回答したが、これまでも複数の患者に手術台で手術費用の追加支払いをさせたことがあると認めている。

 実は、昨年4月にも江西省南昌市の病院で同様の事件が発生している。中絶手術を受けていた女子大学生が、手術中に医師から「腫瘍があるので除去するには手術費の追加が必要」と、手術台の患者に追加代金を迫る事件が報じられた。中国では一般的に緊急手術の場合であっても治療費や手術費は先払いすることが一般的だが、密室での要求が許されているわけではない。スマホ決済が「便利」という風潮がある中、こうした負の側面についても、きっちり知っておくべきだろう。 (文=青山大樹)

キム・カーダシアンらセレブ達が語った 「死ぬ前に食べたい最後の食事」

高級食材に親しみ、自宅では専属シェフが作る食事をとり、高級レストランで外食を楽しむことも多い人気セレブ達。そんな彼らが「死ぬ前の最後の食事」に選びたいものは、キャビアかフォアグラか、はたまた5つ星レストランの一流シェフ自慢のコース料理か。日本でもお馴染みのスター達による過去の発言を、いくつかまとめてご紹介したい。

■キム・カーダシアン
リアリティ番組やビジネスの成功で莫大な資産を築いたキムは、有名弁護士の娘として生まれた元祖お嬢様セレブ。そんなキムが死ぬ前の食事に選びたいのは…?
「もし最後の食事ができるのなら、そうね、それはニューヨークスタイルのピザだわ。」

■コートニー・カーダシアン
キム、クロエらの姉であるコートニーは、3児のママだけに子どもが好きそうな食事にあわせてきたもよう。自分の最後の食事にもそれらお馴染みメニューを選びたいらしく、こう述べている。
「マクドナルドのフライドポテト、同じくマクドナルドのマックシェイクバニラね。それを子ども達と頂きたいわ。」

■女優ミア・ファロー
ウディ・アレン監督とかつて男女の仲になるも、養女らに対する苦々しい幼児虐待疑惑問題で今も監督といがみ合っているミアは、ずいぶん甘党なもよう。
「そうね…最後に頂きたいのは、チョコレートでできたイースターエッグかしら。」

■俳優ブラッドリー・クーパー
家族が大好きなブラッドリーは、祖母による手作り焼き菓子が大好きだったのだそう。そこで「最後に食べるのなら、お祖母ちゃんが作るチーズケーキだね」と迷わずコメントするほどで、役者仲間達にも「ウチの祖母が作るものは何でも美味しかった」と話しているそうだ。ブラッドリーの祖母は菓子作りのみならず料理は全般的に得意だったらしく、女優シエナ・ミラーも「彼の思い出話には、お祖母ちゃんの手作り料理が必ず出て来るの。パスタとかパン生地の話までね」と語っている。

意外に普通の、いやそれどころか質素な食事を最後に食べたいというセレブも少なくないもよう。普段から高級なモノに親しんでいると、逆にチープでも美味しいもの、そして懐かしい子供時代に親しんだ家族の味を欲するようになるのかもしれない。

「こたつ」で居眠りしていたら脳出血で亡くなった…投稿が話題に、どんなことに注意すべき?

こたつで居眠りをすることに対する注意喚起の投稿が先日、SNS上で話題になりました。会社の仲間が亡くなったという投稿者は、その死因について「コタツで居眠り、脱水症状からの脳出血でした」と投稿。「発見が遅れた」ことも一因だとした上で「コタツでの居眠りは最高に気持ちいいですが、皆様もご注意ください」と呼びかけています。これを受けてSNS上では「風邪を引くとはよく聞くけど、死の危険もあるなんて…」「私の知人も昔こたつで亡くなっているので、この危険性がもっと認知されてほしい」「コタツで寝落ち常習犯なので気をつけます」など、さまざまな声が上がっています。

 こたつには実際、こうした危険性が潜んでいるのでしょうか。オトナンサー編集部では、医師の市原由美江さんに聞きました。

血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞に…

Q.こたつでの居眠りが死を招くメカニズムについて教えてください。

市原さん「こたつで寝ると体温が上がり、発汗することによって脱水状態になります。脱水状態になると血液がドロドロとし、血栓ができやすくなり、血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を発症します」

Q.こたつを使用する際に気を付けるべきことは何でしょうか。

市原さん「こたつは下半身だけ温まるため、知らないうちに汗をかき脱水を起こしてしまうことがあります。脱水予防のためにこまめな水分摂取を心がけましょう。また、こたつで寝てしまう状況を避けることが大切です。特に食後や帰宅後は眠気が増すため、こたつで横にならないように注意しましょう。どうしても寝てしまいそうな時は、あらかじめタイマーを利用し、こたつの電源が切れるようにしておくと安心です」

Q.こたつ以外で、使用時に注意すべき家電製品などはありますか。

市原さん「電気毛布や電気カーペットも注意が必要です。体全体が温まるため、寝ている時に使用すると体温調節ができなくなり、こたつと同様に脱水を招く恐れがあります。また、低温やけどを起こす可能性もあります。寝る直前に電源を切ったり、タイマー機能を使ったりして予防しましょう」

大渕愛子氏 3歳長男の成長ホルモン治療検討「同い年の子に比べかなり小さめ」

 「行列のできる法律相談所」などに出演していた弁護士の大渕愛子氏が10日までに更新したブログで、3月で3歳になる長男が1歳次男に比べ、体つきが小さいことから、成長ホルモンを促す治療を検討していることを明かした。

 大渕氏は俳優・金山一彦と2014年8月に結婚。15年3月に長男・侑生くんを、16年12月に次男・昂生君を出産している。

 昨年11月のブログで、長男に比べ、次男が大きいことを伝え、「3歳になってから成長ホルモン療法をした方がいいかどうかは、また近々診てもらおうと思っています」とつづっていた。

 今月8日のブログでは、「侑生の方が7cmほど背が高いのですが、1歳9ヶ月の差があるにしては、身体の大きさがあまり変わらず…同い年の子に比べれば、かなり小さめの侑生」と気にしている様子。周囲には「これも個性だよ!急に伸びるよ!」と言われているというが、「ただ、成長ホルモンが出なくて治療が必要な子もいて、治療を始めるなら早い方がよい…と聞いていたので、念のため、3歳前後に、専門の先生に診てもらおうと思っていました」と治療を考えていることを明かした。

 過去のブログの内容から、大渕が積極的に成長ホルモン治療をしたがっているように受け取った人もいたことに触れ、今回のブログでは「そういうわけではなく、診察してもらって、話を伺いたいと思っていただけです」と説明している。

 大渕氏は、一昨年12月に誕生した次男について、「頭の半分、左側が絶壁になっていて全体的にゆがみがある」と医師から指摘されたことを受け、昨年5月末から11月下旬まで、治療用の「頭蓋形状誘導ヘルメット」を1日23時間装着させていた。

矢沢心、不妊治療中の胸中回顧 夫・魔娑斗は切実メッセージ

元格闘家の魔裟斗(38)、女優の矢沢心(36)夫妻が12日、都内で行われた『夫婦で歩んだ不妊治療』(日経BP社)の出版記念トークショーに出席した。2人は、2007年2月に結婚。約4年間の不妊治療を経て、12年6月に長女、14年9月に次女を出産している。同書ではその経験を赤裸々につづった。

 出版の経緯を問われた魔娑斗は「これは経験した人しか書けない。2人とも悩んだし、同じ境遇の人がたくさんいると知った。僕らの経験したことが、同じ悩みを持った人の参考になればいいなと思い書きました」と明かした。

 「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれる排卵障害を抱えながら、体外受精や顕微授精にチャレンジした矢沢。不妊治療中は「生理がくることが怖かった」と当時を振り返り「学校の保健体育では“避妊”することを教わっていて、妊娠って普通にできるものだと思っていた。こんなに時間がかかったことは、20代で驚いたし、恐怖でした」と吐露した。

 長くつらい治療の日々を乗り越え、現在は2人の愛娘と幸せな家庭を築いている。妊活には夫側のサポートも必要不可欠だといい、魔娑斗は「男性は病院に行きにくいと思うけど、実際に行ってみるとそんなことはない。同じ悩みの人しかいないので、恥ずかしいという気持ちにならない」と、切に呼びかけていた。

日本の性教育は時代遅れ、ユネスコは小学生に性交のリスク教育推奨

現在、日本の性教育は、教育課程の家庭科や保健科といった授業で実施されている。しかし、欧米などの教育先進国をはじめ、アジア諸国と比較しても、その内容は乏しいと指摘されがちだ。人が生きていくうえで避けては通れない「性」にまつわる教養。タブー視される向きもある中、公教育はどこまで担うべきか、専門家に聞く。(フリーライター 末吉陽子)

■長年、教育現場を悩ませた「性教育はどこまで行うべきか?」

「人間は成長過程で性を自然に理解し、習得すべきもの」――そう考える人は少なくないだろう。性は極めてプライベートな感性を刺激し、神秘的であり、エロティシズムと切り離せないテーマでもある。それゆえに、習得の手段として、義務教育で学ぶ「英・数・理・社・国」といった教科と同列に教えることは難しい。

 しかし、それでも公教育で科学的な見地に基づいて学ぶ必要があると訴えるのは、日本の性教育の変遷に詳しい埼玉大学教育学部の田代美江子教授である。

「日本の性教育のはじまりは、敗戦直後から国が主導してきた『純潔教育』に遡ります。『子女の教育指導によって正しい男女間の交際の指導・性道徳の昂揚をはかる為措置を講ずること』『正しい文化活動を助成して青年男女の健全な思想を涵養するために措置を講ずること』を目的に、風俗対策や治安対策の一環としてスタートしました」

「1972年には日本性教育協会が設立され、純潔教育から、性行為に関する諸問題を科学的に解明しようとする学問(性科学)を主軸にする性教育へと転換。以来、諸外国の性教育情報なども取り入れながら、少しずつ進展してきました」

がん再々発の古村比呂 抗がん剤副作用で吐き気や手足のしびれ

がんの再々発を公表した女優・古村比呂(52)が11日、ブログを更新。抗がん剤治療の副作用で吐き気や手足のしびれなどが起きていることを明かした。

 古村は2011年に子宮頸(けい)がんを発症。12年3月に手術を受け、一命を取り留めた。完治したかに思われていたが、17年3月にがんが再発し、1カ月の治療で再び治癒したとされていた。しかし、今月4日のイベントで「去年の11月にがんが再々発しました。1月から抗がん剤治療を始めました」と肺とリンパ節にがんが見つかったことを告白。「髪の毛が抜けてきょうはウィッグです」とかつらを着用していることを明かしていた。

 この日のブログでは「副作用がチラホラと出ています」と記し、「吐き気は 薬で落ち着きますが 今回は手足の痺れと冷えと痒みが」と副作用について明かした。

 冷え対策にはレギンスを2枚はき、ウールの靴下2枚、その上にレッグウォーマー、カイロ、登山用のズボンをはいているという。痺れを緩和させるために、お風呂に入ったり、踏み台昇降運動を始めていることも伝えていた。

 古村はがん再々発を公表後、「あるがまま がんと歩む」決意をブログで記している。

お風呂は入ってOK?風邪を早く治すコツ


いわゆる、鼻の風邪、のどの風邪、おなかの風邪など、風邪の種類は様々。多くの風邪は肺炎などのより重い病気を合併しない限り、何もしなくても自然に治ります。「風邪を治す」というのは症状が出る時間をなるべく短く抑え、病期を短縮するのを目指すことです。民間療法から病院での薬処方まで、風邪の治し方と呼ばれるものは様々です。日常生活の工夫も含め、以下の8ポイントにまとめました。
.
◆1.水分を補給する

風邪の民間療法は世界中に様々なものがあります。個人差はありますが発熱すると食欲が落ち、食事量が減るため、栄養補給の面だけではなく、食事と同時に取る水分摂取量が減少します。これに対して発熱に伴って発汗が起きるので、脱水が起きやすくなります。まず脱水を防ぐためにも、水分補給は大切です。

民間療法のうち、何かと何かを混ぜて飲む(例:蜂蜜とレモンを混ぜて飲む)ような飲み合わせが有効かは別として、何かしらの形で水分補給に役立つという点では正解です。水分補給を兼ねられる民間療法は、試してみてもよいかもしれません。

◆2.ストレスを減らす

精神状態と免疫系の関係は完全には解明されていませんが、うつ状態やストレスが多い状態では免疫系の働きの調節が悪くなると報告されています。風邪を引いたと自覚した時、気分は少しうつ気味になるのが普通です。気分が沈んでいるからと無理に元気を出す必要はありませんが、ストレスは増加させないようにしましょう。

ストレスを減らす方法は人それぞれですが、発熱すると体を動かすストレス解消法は難しくなります。好きな音楽を聞いたり、録画しておいた好きな映画の鑑賞などは、受動的な活動ですがストレスの解消法となります。また、ストレスの解消効果が期待できそうな風邪の民間療法は効果がある可能性があります。具体的にはハープティーやアロマテラピーなどです。ハープティーは水分補給にもなるので、二重にお薦めできます。

喫煙は気道の炎症には悪影響を与えますが、愛煙家の場合は急に禁煙すること自体がストレスになることもあります。どうしてもタバコを手放せない人は、無理のない範囲で節煙する事を薦めます。

◆3.入浴・シャワーも条件付きで問題なし

温かい浴槽につかる入浴は気持ちがよいものですが、長時間の入浴は脱水の原因となるので控えるべきです。また、脱衣所や他の部屋に比べて温度差がありすぎると、体にとってのストレスになる可能性があります。温度差によるストレスや脱水を除くと、風邪の時に入浴がいけない理由を明確に説明することはできません。一般家庭で空調が整った状態で、短時間のシャワーや入浴が風邪の病期を長くするかどうかは不明です。 微熱の基準は意見が分かれますが、37.5℃程度までならば短時間のシャワーや入浴は問題ないというのが最近の考え方です。
.
◆4.解熱剤はなるべく使わない

風邪の主な症状である発熱。解熱剤である程度抑えることができます。しかし、発熱は病原体に対する免疫反応によって起きています。解熱剤はこの免疫反応自体を抑制することで熱を下げているので、解熱剤を使うと病期が長引く可能性があります。

また、小児に対する一部の解熱剤の投与は、ライ症候群という致死的な全身疾患を引き起こす可能性もあります。インフルエンザ脳症と解熱剤との因果関係も疑われています。頭痛薬にも解熱剤と同じ成分が使われているので、小児に対する解熱剤使用は注意が必要です。市販の感冒薬にもはいっているアセトアミノフェンという解熱剤は安全性が高いとされていますが、解熱効果は限られてます。原則として解熱剤を使わないことを薦めます。
.
◆5.飲酒習慣がある人は市販のかぜ薬は禁!

民間療法として卵酒を試した人ではなく、日ごろからかなり飲むほうだ、という人は注意が必要です。市販の感冒薬(いわゆる風邪薬)にも含まれている解熱剤のアセトアミノフェンの代謝産物には肝毒性があります。飲酒習慣がある人はアルコールをより多く代謝するために、本来は薬剤の分解のために使う反応系の活性が高くなっています。アセトアミノフェン服用後に代謝産物の肝毒性が原因と推定される肝不全を起こしてしまった報告もあります。

飲酒習慣がある人は、風邪にかかった時は市販のかぜ薬の服薬は控えましょう。薬剤の副作用防止の点から、感冒薬や抗生物質を服薬した時には原則、禁酒となります。薬剤を服薬しない場合もなるべく節酒することを薦めます。

◆6.抗ヒスタミン剤は眠気に注意

市販の感冒薬に含まれているのが抗ヒスタミン剤です。風邪に伴う鼻水の量を減少させる効果があると表示されていますが、副作用として眠気があります。車を運転するような場合は抗ヒスタミン剤を含む感冒薬は居眠り運転の原因となるので飲むべきではありません。.

◆7.抗生物質はウイルスには無効

抗生物質は細菌に対しては有効ですが、ウイルスに対しては無効です。細菌のせいで免疫反応による炎症がおきている場合は抗生物質は有効な可能性がありますが、風邪の原因の80%はウイルスです。ウイルスのうち、もっとも可能性が高い鼻風邪ウイルスによる風邪の場合は、細菌感染を伴うことが少ないので抗生物質を飲み続けても効果はありません。

成人と小児は別に考えないといけません。小児の場合は耳管が短くて風邪症状から中耳炎を引き起こしやすいのです。中耳炎の原因となるのは細菌なので、中耳炎を併発してしまった場合は抗生物質が有効となります。
.
◆8.咳が続くときは抗生物質が有効

ウイルス性の風邪の場合、病期の長いインフルエンザでも1週間程度で解熱します。風邪の症状のうち、咳が数週間続く場合があります。この場合はウイルス性ではなくて細菌の一種のマイコプラズマ肺炎の可能性があります。マイコプラズマ肺炎に対しては抗生物質が有効です。だからと言って咳が続くときに、以前に処方された飲み残しの抗生物質を服用するのはやめましょう。有効な抗生物質が限定されているからです。

余談ですが、ニキビに対して処方する抗生物質の一部はマイコプラズマに対しても有効です。ニキビ治療をしたらニキビはすぐには治らなかったけれど咳が治ったいうこともあるのです。

あまりに長引く場合は、肺炎や百日咳などの違う病気を疑う必要もあります。

『金スマ』ダイエット成功女優が提言「オリンピック視聴は絶好のチャンス」

平昌五輪が開幕したが女優の比企理恵は、五輪期間は痩せるチャンスであると10日に更新したアメブロで説明している。体を動かしているのは選手なのに、一体なぜか。比企によると、スポーツ観戦をすることが痩せることにつながるのだという。

「前にテレビで見たのですが…サッカーやテニスのスポーツ番組や、ダンス番組のような、人が動くテレビを見ているだけで、身体の代謝は上るらしい。。。」という原理なのだというが、現に比企もTBS系のスポーツ・エンターテインメント番組『SASUKE』を見ていたところ、うっすら汗をかいていたことがあるそうだ。

そうしたことから「オリンピック視聴は絶好のチャンスですねー!!日本勢が勝って欲しいという応援モードが、アドレナリンを放出させて、尚良い感じ」と平昌五輪が痩せるための絶好の機会であると述べている。

比企は代謝にはかなり詳しく、8日に更新したエントリーでは、代謝と筋肉にまつわる定説に異議を唱えている。

「代謝を上げる為に、筋肉があった方が良いと考えがちですが、佐久間先生に聞いたら、落とさなきゃいけない筋肉もあるそうで ごっつく付いちゃってるその筋肉を鍛えて代謝を上げようとするともっと体重が落ちにくくなるみたいですよ。女性の場合、固い筋肉をそのまま付けていると、女の人っぽくならないというか…しなやかさに欠けるというか…」

比企は昨年12月に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、1日5分のエクササイズをするだけで痩せる「体幹リセットダイエット」を3ヶ月行い11kg減少した実績を持つ。

中韓で深刻、ネットゲーム依存は病気か アジアに集中 WHOの「国際疾病」認定方針の波紋

インターネットゲームのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状が世界で社会問題になっている。長時間、ゲームに熱中することで体調が悪化し、死に至ったケースまで報告されており、事態を重くみた世界保健機関(WHO)が、ゲーム障害として、国際疾病分類(ICD)に加える見通しを明らかにした。ただ、ゲームを含むネット依存は医学的な研究がまだ十分ではないという意見もある。ネットゲームに対する過度な規制につながる可能性もあり、業界関係者は警戒している。(外信部 板東和正)

 今月上旬。インターネット上に投稿された一つの動画が世界中で話題になった-。

 動画では、下半身がまひしたという茶色の上着を着た男性が救急車に運ばれる様子が映っている。実はこの男性、中国・浙江省のネットカフェで20時間も休まずゲームを続けた。どうやら、ゲームに熱中し過ぎて、腰から下の感覚を失ったようだ。

 ゲームを“アクシデント”で中断したのがよほど無念だったのか、男性は担架の上から友人に「ゲームの続きを頼んだぞ」などと話していたという。

 米誌ニューズウィークは2月1日付の特集記事(電子版)で中国で社会問題化するネットゲーム依存症を取り上げた。中国では、推定5億6500万人がネットなどのゲームをするとされる。

 ニューズウィークなどによると、中国は約10年前からネット依存症を医学的な疾患と認めており、多様な治療法が実践されているという。中国の医療事情に詳しい専門家は「ネット中毒の治療を行う施設が多い。隔離され軍隊のような厳しい生活を送って治す矯正キャンプや、脳に電気ショックを与えるといった効くかどうかよく分からない治療法も行われていると聞く」と打ち明ける。

 ネットゲーム依存が深刻に捉えられているのは中国だけではない。韓国ではネットカフェでオンラインゲームに長時間没頭し過ぎた結果、死亡した例も報告されている。現地報道によると、激しい疲労などが死因だった。

 特に、スマートフォンの普及でオンラインゲームが盛んなアジアにネットゲーム依存症が集中しているといわれる。英紙ガーディアンの報道などによると、西欧諸国の若い世代のゲーム障害の割合が1~10パーセントであるのに対し、いくつかのアジア諸国は10~15パーセントに上るという。

 ゲーム依存症が蔓延(まんえん)する中、国際的に正式に「疾病」として認める動きが見られ始めた。

 WHOの報道官は1月5日、スイス・ジュネーブで記者会見し、オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎにより日常生活が困難になる症状を「ゲーム障害(Gaming disorder)」として定義。国際疾病分類(ICD)に加える見通しだと明らかにした。

 厚生労働省によると、ICDとは、病気や死因の統計に使われる病気の分類法で、日本を含めた世界中の医療従事者や研究者が診断や調査に用いている。心当たりのない強い不安感とともに動悸(どうき)や息切れ、手の震えなどに襲われる「パニック障害」なども記載されている。

 WHOは現在、ICDの改訂作業中で、今年半ばにはゲーム障害も加えた最新版を公表する予定という。

 WHOのホームページなどによると、ゲーム障害は、日常的な活動などよりも優先してゲームに熱中するなどコントロールが利かない行動パターンで、悪影響が起きてもゲームを続けるなどの特徴があると定義される。ゲーム障害と診断されるのは、こうした症状が少なくとも12カ月続き、家族や社会、学習、仕事などに大きな影響を与えるほど十分に重症である場合だとしている。

 WHOは、ゲーム障害を新たな疾病とすることで「各国政府が予防や治療、患者の社会復帰などの対策を決める際に考慮できるようになる」と期待する。

 近畿大学医学部の岡田章准教授は「食欲などを超える強さで、ゲームをどうしてもしたいという欲求を抱える人もおり、症状は深刻だ」と指摘。「これまで、診断をためらっていた本人や家族が積極的に医師に相談できるようになる」と国際的に疾病と認定される効果を評価した。

 ただ、一方で、ゲームを熱中するプレーヤーを支持してきた業界関係者らは複雑な心境だ。ガーディアンは2月5日付の特集記事(電子版)で、米英のゲーム産業の業界団体の関係者がWHOの方針について疑念を述べていると報じた。業界関係者や医療関係者の間では、ゲーム障害の症状を明確に定めるには研究が不十分だとの指摘が相次いでいるという。

 「ただでさえ、家庭や社会ではゲームを悪者にする風潮が世界的に高まりつつある。WHOの方針は、ネットゲームへの“魔女狩り”にもつながりかねない」

 米国のオンラインゲームを展開する企業幹部は、産経新聞の電話取材に対し、こう危機感をあらわにした。「ネットゲームは娯楽に過ぎないが、(ゲーム依存が)病気と認定されることで規制が厳しくなる可能性がある。行きすぎた規制を行う国が出てくる恐れもあり、われわれのビジネスに確実に影響してしまう」

 WHOの方針をめぐり、今後は医療、ゲーム業界の議論も熱を帯びそうだ。

カテーテルでやさしい治療/ハートで決まる健康長寿

<心臓のスーパードクターが語る:東邦大学大橋病院・尾崎重之教授(46)>

<心筋症(5)>

 心筋症と診断がつくと、前回ご紹介したように、まずは「薬物療法」「生活指導」「食事療法」となります。薬物療法は大きく進歩しましたが、やはり薬物療法は残念ながら対症療法であって根治療法ではありません。

 心筋症には「拡張型心筋症」「肥大型心筋症」「拘束型心筋症」の3つのタイプがあります。その中の肥大型は心臓の壁が肥大化したタイプです。これは、不整脈が出ることはあっても、心臓のパワーが保たれていることが多いのです。この肥大型の場合で、大動脈への通り道が狭くなる「閉塞(へいそく)性肥大型心筋症」では、手術ではなく、カテーテルを使った内科的治療が“身体にやさしい治療”として選択されるようになってきました。

 薬物療法で効果がなく、高齢、また他の疾患などで手術を受けることができない患者さんには、良い選択肢になっています。

 この治療は「経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)」と言うカテーテル治療で1990年代からヨーロッパで行われ始めました。治療は局所麻酔で行います。患者さんの脚の付け根の2本の動脈、1本の静脈から心臓にアタック。1本の動脈から左心室にカテーテルを通し、左心室の圧を持続的に測ります。もう1本の動脈からは肥大化している左心室と右心室を分ける心室中隔という壁の動脈、中隔枝にバルーンのついたカテーテルを入れます。

 そこでバルーンを広げて動脈を遮断。バルーンの先から高濃度エタノールを注入します。すると、肥大化していた心筋が壊死(えし)して薄くなります。静脈からのカテーテルは治療中に不整脈が起きた場合の対応策として、一時的にペースメーカーを挿入しておくのです。2時間程度で終了します。(取材・構成=医学ジャーナリスト松井宏夫)

米でも猛威のインフル “呼吸だけで感染”という衝撃データ

インフルエンザが、ハワイとワシントンDCを除くアメリカのほとんどの州に広がり、政府は正式にインフルエンザ大流行を宣言。専門家は「史上最悪のインフルエンザシーズンになる可能性もある」と警告しています。

 今年流行のH3N2型ウイルスは最も症状が重い型のひとつで、予防接種ワクチンの効果も30%という低さ。10月からこれまで、全米の病院で入院したインフルエンザ患者は、昨年の同じ時期の約2倍の9000人で、地域によっては病院が患者を収容しきれなかったり、薬が不足する事態になっています。リスクが高いのはお年寄りや子供で、1月中旬までにすでに30人の子供が死亡したと発表されています。州ごとの報告では、カリフォルニア州が極めて深刻。100人に1人がインフルエンザにかかり、昨年末までに65歳以下の大人27人が死亡したと伝えられています。

 さらに、アメリカ人を震え上がらせているのが新しい研究結果です。インフルエンザは通常くしゃみや咳(せき)によって感染すると考えられていますが、実はそれだけではないことが分かってきたのです。メリーランド大学では140人の被験者の吐く「息」に含まれる飛沫(ひまつ)を分析。咳をしなくても、ただ吐いただけの息にも約5割の確率でインフルエンザウイルスが含まれていました。つまり、ただ普通に息をするだけでも、鼻や喉についたウイルスが小さな飛沫と一緒に放出。咳やくしゃみと違って飛沫が小さいため、かなり長い間、空気中に滞留している可能性が高いとのことです。

 息をするだけで感染しているかもしれないインフルエンザ。当たり前ですが、もしインフルエンザにかかったら、すぐに家に帰って休むようにと呼び掛けられています。

「自宅で血液透析」広がる プライベートな時間確保に

 腎不全患者が利用する血液透析。多くは病院などの施設に足を運んで行うが、自宅に透析装置を設置して患者が自分で行う「在宅血液透析」を選ぶ人も増えている。透析の回数や時間を通院の場合よりも増やせるため、治療効果が増す。帰宅後や就寝中など都合に合わせられるため仕事やプライベートな時間を確保しやすくなる利点もある。

 神奈川県相模原市に住む会社員の永田徳彦さん(44)。深夜、寝室に設置した透析装置の電源を入れ、約40分かけて透析液タンクをチューブでつなぐなど準備をする。ベッドに座って左腕2カ所に針を刺し、透析装置とつないで血液透析を開始。そのまま眠りについて朝6時半まで自動的に透析が続く。

 永田さんはこうした自宅での血液透析を1日おきに行っている。18歳の時から病院に通って血液透析をしていたが、約4年前から自宅での血液透析を始めた。「昼間に自由な時間が取りやすくなった。体調と相談しながら透析のスケジュールを自分で決められるのがいい」と話す。通院の場合と比べ、血液透析の回数や時間を確保しやすいことが在宅血液透析の最大のメリットだ。長時間の透析や回数が多い方が一般的な通院血液透析の場合より、患者の生存率が高く合併症が少ないというデータもある。

 医療保険で認められている血液透析の回数は通院の場合は月14回まで。週3回、1回あたり4時間透析をするのが一般的だ。十分な治療効果を上げられるとされる、1週間の回数・時間をもとに計算する推奨値が提唱されているが、一般的な通院血液透析ではこの推奨レベルに到達せず、不十分との見方もある。在宅血液透析は透析の回数や時間を患者の病状に応じ適宜調整できる。永田さんのように1日置きに6時間程度行ったり、毎日2~3時間ずつ行ったりと、回数や時間を増やすことで、治療効果を上げられる。

 麗星会品川ガーデンクリニック(東京・品川)の若井陽希院長は「血液透析は時間をかけてゆっくりと長時間行うことで体の負担が少なくなる。在宅血液透析でそれが可能になる」と説明する。同クリニックでは在宅血液透析を実施する体制を整えている。使う装置や薬剤は病院のものと同一。自宅内に2畳ほどの保管スペースを確保し、透析液など必要な薬剤は配達してもらう。体の状態をチェックするため、月1回程度通院する。穿刺(せんし)など全ての手技や装置の操作は患者自身でする。医療機関は事前に十分な研修を受けてもらうことにしている。安全確保のため、透析は家族など介助者が在宅中に行うことをルールにしている。

 在宅血液透析の医療費は健康保険が適用されるため通院の場合と同じで「自己負担なし」か、所得に応じた一定額の自己負担(通常月1万~2万円)。電気・水道代が通常の1.2~1.5倍になる半面、通院に要していた費用は減る。初期費用として、住宅の事情によるが、給排水路の整備工事に数万円から数十万円かかることがある。電源容量の増量やコンセントのアース化などに追加費用が必要な場合がある。2016年末時点で国内の透析患者は約33万人。在宅血液透析をしている患者数は600人あまりだが、年々増えている。在宅血液透析を扱う施設は、医療機関などで作る在宅血液透析研究会のホームページで調べることができる。

■通院しない療法「腹膜透析」も

 通院せずに自宅や職場で透析ができる、もう一つの方法が「腹膜透析」だ。胃や腸などの内臓が入っている腹腔(ふくくう)内に、男性ならば2リットル程度の透析液を入れて、数時間そのままにしておく。血液中の尿毒素や余分な水分が腹膜を透過して、透析液にしみ出してくる。1日4回程度、透析液を交換する。通常の人工透析のように透析装置に管をつなぎっぱなしにするのではなく、透析液を腹腔に入れている間は、普通の生活ができる。また施設での1回4時間程度の透析と比べて「時間をかけて行うため、体への負担が少ない」(麗星会品川ガーデンクリニックの若井陽希院長)。透析液を自動的に交換する装置もあり、就寝中の透析もできる。ただ、腹膜の機能低下などの理由で、腹膜透析ができるのは5~10年が一般的。ある段階で血液透析へ移行するか併用する。

必ず細くなる、たるみ二の腕に効果絶大のトレーニング

超簡単&トライしやすい自重トレーニングで引き締まった二の腕に!【ウィメンズヘルス/フィットネス】

お肉がついてしまうと急に老けた印象に見えてしまう二の腕。逆にここが引き締まるとすっきり若返って見えるから、夏が来る前に引き締めを狙いたいところ。ダンベルやケトルベルも一切不要、自分の体重を利用した自重トレーニングなら、自宅で簡単にできるし習慣化しやすいのも魅力。“自重トレーニングブーム”の火付け役でもあるトレーナーの比嘉一雄さん監修の自重トレーニングで、脱・オバさん二の腕!

パームエクステンション

1.右を上にして軽く曲げた状態で手のひらを合わせる。
2.手のひらを合わせたまま右手を下げる。このとき左手は右手が下に行かないように上に押し上げるイメージで力を入れる。反対側も同じように。

【両手の反発力使って上腕の引き締めトレーニング】
おどろくほど簡単な動きながら上腕三頭筋やサブ上腕二頭筋を鍛えられるパームエクステンション。力を抜かずに常に反発する左右の腕の筋肉を意識しながら行うのがポイント。動きを意識して動かし続けるように。流動的な動きをイメージして行ってみて。しっかり意識しながら10回× 3セットが目安。

タオル・フレンチプレス

1. 右手を上、左手を下にした状態で背中でタオルを縦に持つ。ひじを曲げ、両手で上下に引っ張り合うイメージ。
2.タオルの位置は背骨を沿うようにまっすぐにし、右腕を上へ伸ばす。
3.ゆっくりもとの場所に戻し、左腕も下に伸ばしたらまたゆっくりと1の位置へ戻していく。左右交互に繰り返す。

【ストレッチ効果で肩コリ解消にも!】
タオルを使った上腕三頭筋に効くトレーニング。ただタオルを上げ下げするのではなく、負荷を維持するためにもタオルの位置が常にまっすぐになるようにキープさせるのを意識して。ストレッチ効果が高いので、肩こりや疲れた時などにも◎。10回×3セットが目安。いつでもどこでも簡単にできる自重トレーニング。コツコツトライすればブラトップ1枚でも自信のある美ボディに!

監修:比嘉一雄さん
CALADA LAB.代表取締役。パーソナルトレーナー。 1983年、福岡県生まれ。 早稲田大学スポーツ科学部卒業後、東京大学大学院に進学(現在博士課程)。 石井直方研究室にて筋生理学を学ぶ。 「研究」と「現場」のハイブリッドトレーナーとして活動。 科学的エビデンスを基にした「えびすメソッド」で多くのクライアントを ダイエットの成功に導いた。 ミッションは、世の中のボディメイクの考えをシンプルにしていくこと。 月間200本以上のパーソナルセッションをこなしながら、 執筆活動やセミナー、商品プロデュースやフィットネスジム監修など様々な活動を行う。

肥満は万病の元!カロリー制限が寿命をも延ばす理由とは

肥満人口は増え続けており、社会問題となっています。食生活や生活環境が大きく変わったことがメタボリックシンドローム(以下、メタボ)の大きな要因と考えられています。メタボの診断において「肥満」は必須項目となっていますが、それはさまざまな疾患の危険因子となるからです。そこで今回は、肥満が関係する病気とそのメカニズムについて解説し、あわせて近年明かになった「カロリー制限と長寿効果の関係」についてもご紹介します。

■肥満の基準とは
日常臨床では、肥満の判定基準として、簡易的に「BMI」が用いられます。この「BMI」 は、いまの体重(kg)を、身長(m)×身長(m)の数値で割って求めます。簡単ですので、ぜひ皆さんも電卓片手に計算してみてください。

日本肥満学会では、BMI:25以上を「肥満」とし、BMI: 25~30を「肥満1度」、BMI: 30~35を「肥満2度」、BMI: 35~40を「肥満3度」、BMI: 40~を「肥満4度」と分類しています。(ちなみにWHO基準では、BMI: 30~を肥満と定義しています※1)

体重と身長だけで算出するBMIについては、「健康レベルや体型を適切に表せないのでは?」と思う方も多いと思います。確かにBMI は脂肪量を直接測定しているわけではありませんが、成人では体重の増減は脂肪量の増減を反映していると考えられるため、健康の指標として有用であることがわかっています。

またBMIは、様々な肥満関連疾患の発症や動脈硬化性疾患による死亡リスクの判定に有用であることが多くの研究から明らかとなっています(※2)。とくに死亡率の検討では、BMI: 22-23で最も低くなることがわかっています。メタボの有病率では、BMI: 27のメタボの有病率は、BMI: 22の約2倍となることが示されています(※3)。

■肥満は万病の元!
「肥満は万病の元」と断言できるくらい、肥満になると様々な病気を合併しやすくなります。耐糖能障害(2型糖尿病・高血糖、脂質異常症、高血圧、高尿酸血症・痛風、冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳梗塞(脳梗塞など)、脂肪肝(非アルコール性脂肪性肝疾患/NAFLD)、月経異常、妊娠合併症(妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、難産)、睡眠時無呼吸症候群(SAS)などなど……、馴染みのある病気は全てと言っていいくらい肥満と関連します。

さらに、体重が骨や筋肉に負荷を与え整形外科的疾患(膝、股関節関節症、変形性脊椎症、腰痛症)も合併します。大腸がんや乳がんなどの悪性腫瘍とも関連があるとされています(※4)。

なぜ肥満が、これほどの病気の元凶になるのでしょう?

肥満による余分なエネルギーは、酸化ストレスを発生させたり、内臓脂肪に慢性炎症をもたらすことがわかっています(※5)。これによって、“TNF-α”という炎症物質が全身へ分泌されます。これがインスリンの効きを悪くし、そのため血糖を含む様々な代謝が障害されます。

さらにインスリンの効きが悪くなると、カラダは「もっとインスリンを供給しないといけないといけない」と勘違いし、高インスリン血症をもたらします。この高インスリン血症が細胞増殖因子(IGF-1)を増やし、本来死ぬべき細胞まで増殖させてしまい、ガン化につながると考えられています(※6)。

■カロリー制限が寿命を延ばす理由
肥満は遺伝的要素・腸内環境・生活環境など様々なことが原因で起こります。当然のことですが、食べ過ぎない・栄養素を取りすぎないことが、肥満の予防になります。

しかし、肥満を予防する以外に「カロリー制限」をオススメする理由があります。それは、カロリー制限が寿命を伸ばすことがわかってきたのです。

30%の食事制限をしたサルは通常の食事を続けたサルと比べて長生きし、脱毛や白髪・シワなどの老化症状を防ぎ改善した、という研究成果が報告されました(※7)。この研究で注目を集めたのは“サーチュイン”という名の「長寿遺伝子」です。

カロリー制限を実施すると、栄養不足の状態を感知するセンサーの働きをする“サーチュイン”が活性化されます。これが抗酸化ストレス作用・抗炎症作用をもたらし、代謝やストレス抵抗性の調節に重要な役割を果たしていることが示されています(※8)。

つまり、カロリー制限は以下の3つのメカニズムで寿命の延長に関係していると考えられます。

(1)肥満を予防する。
(2)インスリンの効きをよくし、上記の疾患予防に役立つ。 (*9)
(3)長寿遺伝子を活性化させる。

以上、肥満とその合併症、そしてカロリー制限にある3つの効果について説明しました。

予防医学などによる病気発症前の対策・予防が提唱されている昨今、肥満を正すことが健康維持増進に重要となります。さらに、カロリー制限には寿命延長効果の可能性があり、今後もこれらの報告に注目が集まります。

抗肥満効果と寿命延長効果が期待できる「腹八分目」を実践してみましょう。

「一生木綿の下着だけなのか」 対面で聞きづらい事を医師にチャットで相談

 がん患者へのサポートとして、オンラインで医師に相談ができるサービスがある。遠隔地の患者にとって便利なだけでなく、対面で聞きづらいことが相談しやすいなど様々なメリットがある。

 チャットとテレビ電話で医師に相談できるサービスが増えつつある。「ファーストコール」(有料)は、個人向けサービスに加え、昨年7月から法人向けサービスも開始、企業の利用も増えているという。

 内野三菜子医師は、がんの相談に応じる医師の一人。疑問の解消や納得は、がん治療の重要なプロセスでもある。

「20年前に放射線治療を受けた女性から『一生木綿の下着しか着られないのか』と尋ねられました。皮膚の保護のため木綿の下着をすすめられて以来、守り続けてきたそうです」

 内野医師が時間も経っているので負担にならなければ好きな下着を着て構わないことを伝えると、女性は「安心した」と答えた。

「対面で聞きづらいことでも、チャットやテレビ電話なら話しやすいこともある。オンラインなら時間の制約が少なく、セカンドオピニオンにも向いているのでは」

「髪の分け方」も要因に 体調不良を引き起こす悪い生活習慣

今年の冬は特に寒いと感じている人は多いはず。外に出ると寒さに思わず身を縮めたり、背中を丸めながら歩いてしまうこの時期は、姿勢が崩れやすい時期でもあります。そして姿勢の悪化は、肩こりや腰痛をはじめとする体の不調や疲れやすさを感じる要因にも。

■知らないうちに姿勢が悪くなる こんなクセに要注意!

「世界一受けたい授業」(日本テレビ)や「ためしてガッテン」(NHK総合)などのテレビ出演でおなじみの医師・竹井仁氏は、著書『疲れない体になるには筋膜をほぐしなさい: たった2週間で姿勢が整い体質が変わる方法』(誠文堂新光社刊)で、姿勢の悪化が体調に与える悪影響を指摘しています。

たとえば日常でついやってしまうこんなクセ。
これらはどれも、体のゆがみを引き起こして、姿勢を悪化させてしまう可能性があります。

・横座りをする時に、いつも同じ側のお尻を下にする
左のお尻を床につけるのが楽なら、左股関節が外に開きやすくなり、右股関節は内側に閉じやすくなります。これがクセになっていると左膝はO脚気味になり、右膝はX脚気味になっているかも。逆の場合は右膝がO脚気味になり、左膝がX脚気味になりがちです。

・椅子から立つ時、両膝をつけたまま立ち上がる
このクセがあると内股になりがちで、立って足を伸ばすとO脚になることが多くなります。

・立っている時にどちらかの足に体重をかける
左足に体重をかけて右足を少し横か前に出して立つクセのある人は、左の骨盤が右よりも高くなりがち。結果的に左脚がO脚気味になり、左足首を捻挫しやすくなります。逆に、右膝は腸脛靭帯炎や鵞足炎、右足は偏平足や外反母趾になりやすくなります。

・ショルダーバッグやトートバッグをいつも同じ側の肩に掛ける
バッグを掛ける側の肩が上がり、反対側が下がりがちです(女性の場合、バッグを掛ける側が下がることも)。これによって肩こりが悪化しやすくなります。

・椅子に座って足を組む時、同じ足を上にする
足を持ち上げやすい側の骨盤は、反対側よりも後ろに傾いてくるそう。これは歩き方に影響してきます。

・デスクワークやスマホゲームをしている時、頭が体よりも前に出ている
いわゆる「猫背」です。本人は楽な姿勢をしているつもりですが、「楽な姿勢=いい姿勢」ではありません。猫背が悪化すると、首や肩のこりや頭痛、腰痛など様々な不調につながります。

・横向きに寝る時、いつも同じ側を下にする
いつも右側が下になる人は、右肩が前に出て「巻き込み肩」になりがち。体の大きな人は逆に上になった左肩の重みで、左が巻き込み肩になることもあります。これもまた肩などの不調の原因になります。

■子どもの頃の習慣が「悪い姿勢」の原因になる

また、竹井氏によると、姿勢を悪化させるのは日頃のクセだけではなく、子どもの頃の環境や習慣も影響するそう。

・赤ちゃんのときのベビーベッドが壁際にあった
ベッドが壁際にあると、親は決まった方向からしか子どもに接することができず、赤ちゃんは壁を背にして寝るクセがつきます。ひどい場合は、頭の下になる側だけが絶壁になることも。

・小さいときから髪を同じ側に分けている
机の蛍光灯の位置や食卓とテレビの位置で、子どもの頃の髪の分け方は決まってきます。左分けなら右側は髪が邪魔になるため、必然的に顔が左側を向きやすくなり、右側にいる人と話す時は身体ごと右を向くクセがつきやすくなります。これも姿勢の悪化につながってしまいます。

・座る時は「あぐら」か「割り座」か
小さい頃からあぐらをかく習慣がある人は股関節が外側に開くためO脚にやりやすく、割り座をする習慣がある人は、股関節が内側に閉じてX脚になりやすくなります。

日常生活の様々な習慣やクセによって、私たちは知らない間に姿勢を崩してしまいます。本書ではそれを正すために、竹井氏が提唱する「筋膜リリース」という手法を紹介。長い時間をかけて少しずつ崩れていった姿勢の改善と、疲れにくい体を目指していきます。「疲れがとれにくい」「体のあちこちが痛い」など慢性的な体の不調を感じている人は、まずは自分の姿勢から見直してみると、現状を変えるきっかけになるかもしれません。

がんと診断された人でも、働き続けられる社会は来るのか?

日本人の2人に1人が罹患すると言われている“がん”ですが、いまだに「がんサバイバー」の社会復帰への道のりは険しいようです。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で健康社会学者の河合薫さんは、がんサバイバーたちの「働きたい」という思いを紹介するとともに、東京都が新たに創設した「東京都難病・がん患者就業支援奨励金制度」のことも紹介しています。

がんサバイバーからの助言

2月4日は「世界がんデー」でした。

これは世界100カ国以上の350を超える対ガン組織からなる国際対がん連合(UICC)が定めた記念日。がんに関する意識と教育を高めることで、予防可能な死亡者を削減し、がんと上手くつきあっていくことを目的としています。

日本では2人にひとりががんになるとされ、男女とも50歳を過ぎるとがん患者は増加し、男性は55歳以降急増します。

私の周りの同年代の中にもがんと診断され、手術をしたり、今もがんと戦っている人たちがいるので、他人事ではないと痛感しています。

ところが、50代といえば働き盛りにもかかわらず、がんと診断された人の3人にひとりが依願退職したり、解雇されているのです。

政府は2000年から支援策を打ち出しているのですが、2003年が34.7%で、10年後の2013年でも34.6%と、離職する人の割合は10年間変化なし。

「がん罹患者への配慮内容等の教育」を行っている企業はわずか1%で、「がん等私傷病に罹患した従業員に対する柔軟な雇用体制」を提示しているのは16%、「がんに罹患した場合の相談窓口がある」も18%と、想像以上に企業の取り組みは遅れています(独立行政法人労働者健康福祉安全機構調べ)。

問題は企業だけではありません。

「医療者から働き方への助言をもらいましたか?」とがん患者に質問したところ、半数を超える54%が「誰からも説明されていない」としました(「がん罹患と就労調査2016」より)。

がんは種類によっても、ステージによっても、治療方法や体調が大きく違います。

その一方で、医学の進歩により治療法は日進月歩で生存率も高まってきました。

だというのに……、仕事との両立が難しい、これが現実なのです。

「人は人とかかわりたい.誰かの為、何かの為に役に立ちたいと思う生き物ではないか。死を目の前に突きつけられた時、人はそれでもそれだからこそ人と関わりたいと思うのではないでしょうか」

そう話してくれたのは、4年前にがんと診断され「余命1年」と告げられたARISUさん(仮名)です。

彼女は医師が驚くほど抗がん剤が効き、4年以上“がんサバイバー”としてがんばっています。

しかしながら、彼女の闘病生活は周囲の“無理解”との戦いでした。

がんと診断された直後、上司から「仕事を辞めて治療に専念しろ」と迫られ依願退職。

余命を大幅に超え、治療費も生活費も底を付き、病院に常勤するがん患者の就労支援をするキャリア・カウンセラーに相談したところ、

「あなたの状況で就職するのは無理」

と言われてしまったのです。

「『病院に来るな』って言われてる気がした」そうです。

その後、やむなく生活保護を申請し、一年以上にわたる就職活動をし、数ヶ月前に雇ってくれる企業に出会いました。

体力も低下し、治療などもあるので、週3回、一日3時間ですが、「それでもいい」と言ってくれたのです。

「仕事っていいですね!生きてていいんだと思える」(by ARISU)

仕事が日常に組み込まれていると、ついつい、仕事とお金は対をなしていると考えてしまいがちです。

しかし、仕事がある日常から外に出た人にとって、仕事は仕事、お金はお金。

生きていくためにはお金が欠かせないように、人が人でいるためには仕事が欠かせないのです。

実際、たとえ経済的状況が改善されなくとも、賃金の低い不定期な仕事であっても、働いている人は働いていない人より、活動的で自立心が高く、精神的にも肉体的にも安定していて、健康であることがいくつかの調査で明らかにされています。

「死を目の前に突きつけられた時、人はそれでもそれだからこそ人と関わりたいと思う」

とARISU さんは語っていましたが、私自身、人から感謝されたり、誰かの役に立ったことを実感できたりした時には、やっぱりうれしいし、自分には無理だと思っていたことができたり、自分の力を十分に発揮できた時もうれしい。

仕事があることで、アホな妄想をしなくて済んでホッとすることもありました。

東京都では、今年度2億円を計上し、治療と仕事の両立に配慮してがん患者を新たに雇い入れ、継続就業に必要な支援を行う事業主に奨励金を支給する制度を全国で初めて創設しました。

がんの人も、病気があっても、働き続けられる社会ーー。

それが当たり前になればいいと心から願います。

もし、あなたの周りにがんサバイバーの方がいたら、そっと傘を差し出してください。

私も隣に立つことくらいしかできないけど、心がけます。
最新記事

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad