汗タラ…でもファンデ崩れない!夏のドロドロを防ぐメイクの裏技3つ

歩いているだけで汗がにじむ季節になりました。朝ばっちり化粧をして出かけても、お昼にはもう崩れてきて、「今からこんなんじゃ、真夏が怖い……」と不安を抱いている人もいるのでは?

ずっとキレイな肌でいたいけど、極力メイク直しの手間は省きたい。そんな人のために、崩れないベースメイクのテクニックを『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

崩れないベースメイクのためにスキンケアに一手間

化粧をする前のスキンケアに“一手間”加えると、ベースメイクが崩れにくくなります。

過去記事「舞台女優のテクで“夏のドロヨレ顔”回避!崩れないメイクのコツ4つ」によると、ベタつく夏は肌が潤っていると勘違いされがちですが、紫外線や冷房のダメージが重なって乾燥状態にあります。まずはしっかり保湿を。その後、ティッシュを顔に当てて余分な油分をオフしましょう。

ファンデーションの前にルースパウダーを!

下地を塗り終わったら、ファンデーションの前にルースパウダーを少しだけのせましょう。

過去記事「ピタッと密着!湿気MAXでも“1日崩れないベースメイク”朝の秘策」によると、ルースパウダーをTゾーンや目尻、小鼻、ほうれい線など崩れやすい部分にのせるだけで、ファンデーションが崩れにくくなるそうです。これはルースパウダーは余分な皮脂や油分を吸着してくれるためなんだとか。

厚塗りはNG!顔の中心部に薄く塗る

ファンデーションは厚塗りすると崩れやすくなるので、薄く塗ることを心がけて。

過去記事「夏のスポ女子へ!汗をかいても崩れない“ヘルシーメイク”魔法の流儀」によると、生え際やフェイスラインギリギリまで塗る必要はありません。顔の中央部分にだけ薄く塗りましょう。

汗でベースメイクが崩れていたら、まわりから「うわ、汚い……」なんて思われてしまうかも。今回ご紹介したテクニックをぜひ取り入れてみてくださいね。

松田聖子が深刻な”老い”を露呈?健康不安説と海外療養の真相

 歌手の松田聖子(55)の体調に異変が生じた。7月8、9の両日に開かれた東京・日本武道館でのコンサートに登場した聖子は、椅子に座りっぱなしで一度も立つことなく、辛くもステージを乗り切った。聖子は幕間で、「少し前に転んでしまい背中と腰を強打して、はじめは立ち上がることもできなかった」と説明。一時は公演中止も検討されたようだが、変わらぬ歌唱力で不安がるファンを満足させた。

「突然のことだっただけに、実はヘルニアなど重傷なのではないか、もしくはお得意の話題作りを狙った詐病かと種々の情報が流れました。聖子もすでに55歳となり、思わぬところで”老い”を感じさせることになりました」(スポーツ紙記者)

 急なけがに見舞われた聖子のステージ後の姿を撮ったのが『女性セブン』(小学館)。7月9日のステージ明けの深夜の羽田空港で、現在の夫の歯科医の男性に押されて車いすに乗る聖子の写真を掲載している。聖子は一路、シンガポールへ向かい、夫や実母らとバカンスを堪能。高級ホテルに滞在し、残りのコンサートツアーに備えて静養に努めていた。


■ステージ強行の背景に沙也加への祝福の思い
 けがをおしてのステージには、聖子のひとかたならぬ思いがあったようだ。

 7月13日発売の『女性セブン』は、コンサート強行の背景に、地元・福岡での豪雨災害の被災者へのエール、そして娘の神田沙也加(30)の結婚への祝福の思いが込められていることを明かしている。

「先月に発売された聖子の最新アルバム『Daisy』には、『あなた propose tonight☆』という結婚ソングが収録されています。聖子は、沙也加の結婚についてノーコメントを貫き、関係の不和が続いているとも言われましたが、母として楽曲を通して祝っています」(芸能関係者)

 強い決意のもとで武道館のステージに臨んだ聖子。ファンには健康不安への心配や動揺を与えたが、シンガポールまでの国際フライトに耐えられるだけの体力はあり、ちゃっかり者の一面は相変わらず。老け込むにはまだ早すぎる。静養に務めて、ふたたび元気な姿を見せて欲しいものだ。

公衆トイレのウォシュレットは使えない? 「誰が使ったのか…」

温水洗浄便座を設置している、公衆トイレが増えてきている。しかし便座に座るのさえ抵抗がある人が多い中で、使用している人はどれほどいるのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名に「公衆トイレの利用について」調査を実施。

「公衆トイレのウォシュレットは使わない」と答えた人は、48.0%と半数に迫る結果となった。

■便座に座る女性のほうが使わない人が多い
男女別では、圧倒的に女性のほうが多い。

©sirabee.com

女性は洋式トイレ利用時に、必ず便座に座る。ビデもついており、女性にとってウォシュレットは身近な存在とも思えるのだが…。

「不特定多数が使う公衆トイレでは、ちょっと使いたくない」(30代・女性)

「前の人の汚れや菌がついていそうで、衛生面が心配」(20代・女性)

温水洗浄便座の衛生面については、意見が分かれている。ただメーカー各社では、除菌や汚れ防止の機能に力を入れているのは確かだ。

■おなかが出てくるとおしりが拭きにくく
さらに性年代別で見ると、男性でも年代によって差が出てくる。

©sirabee.com

年代が下がるほど、割合が増えるのだ。若い人たちのほうが、衛生面に神経質なのが一因であろう。しかし体型の変化が気になる年代では、こんな意見も。

「おなかが出過ぎて、おしりを拭くのも一苦労するように。だからウォシュレットがあると、とてもありがたい。痩せるのが一番いいんだけど」(40代・男性)

「うちの母は加齢による腰痛で、体をひねる動作がきついって。家でも外でも、ウォシュレットを使っているみたい」(30代・女性)

便利だと思っている人がたくさんいる一方で、やはり公衆トイレでは無理だとの声も。

「たとえどんなに安全だと言われても、やっぱり無理。公衆トイレ自体が、あまり好きじゃないし…」(40代・女性)

神経質な人にとっては、便利とは分かっていても使用するのは難しいようだ。

タバコより危険!? 「ひじきで寿命が縮まる」は本当?

■ひじきは「無機ヒ素」を多く含むから危険で有害?
ひじきは日本人が古来から食べてきた食品のひとつです。ところが、2004年7月英国食品規格庁より、ひじきは健康を害するため食べない方がよいとの勧告が出されました。理由は「無機ヒ素」を多く含むため。

ご存知の方が多いと思いますが、「ヒ素」は農薬や殺鼠剤に使われる毒物です。ヒ素には「有機ヒ素」と「無機ヒ素」があり、毒性は「無機ヒ素」のほうが強いといわれています。WHO(世界保健機関)のファクトシートによると「飲料水や食事からのヒ素の長期にわたる摂取は、がんや皮膚病変の原因となりうる。また、心血管疾患、神経疾患、糖尿病の発症にも関連している。」とありますヒ素中毒は一度に大量に摂取したことによって起こる急性中毒だけでなく、慢性的に蓄積されることで慢性中毒が起こることもあります。

■「ひじきの損失余命」とは?
これを受けて「ひじきの損失余命」はどのくらいなのか、気になる人もいるようです。「損失余命」とは身体に悪影響を及ぼす食事や行動によって、どのくらい寿命が縮まるかを示す考え方です。WHOが取り入れている考え方でもあります。代表的な損失余命としては、タバコを1本吸うと12分縮まる、コーヒーを1杯飲むと20秒、ソーセージを1本食べると25秒縮まるといったものが知られています。この考え方によると、ひじきの損失余命は小鉢1杯で58分と言われており、タバコより損失が大きいことから、「ひじきはタバコよりも有害」という説がセンセーショナルに広まったようです。

■厚生労働省の見解に見るひじきのヒ素の安全性・危険性
それでは実際に、私たちが日常的に食べているひじきは、安全なのでしょうか? 危険なのでしょうか? 厚生労働省が、実際に日本人が食べているひじきの量から危険性の有無を、東京都福祉保健局が「ひじきに含まれるヒ素」でまとめています。これによると……

・日本人の平均的な海藻摂取量は1日あたり14.6g。そのうち、ひじきは約0.6gです。
・WHOが定めた無機ヒ素の耐用週間摂取量は15マイクロg/kg体重/週なので、体重50kgの人の場合、1日に107マイクロg(1週間に750マイクロg)までは大丈夫。
・ひじきに含まれる無機ヒ素は最大22.7mg/kg(22.7マイクロg/g)ですので、1日あたり4.7g以上を食べ続けない限り、健康に悪影響を与えることはありません。

平均的な日本人の食生活では、ひじきの摂取量は1日0.6g程度。ですので、今まで通りの食事であれば、ひじきで問題は起こらないと考えて差し支えありません。もちろん量の問題ですので、もし毎日必ず、丼に1杯ずつひじきを食べているという場合は無機ヒ素が問題になる可能性もあります(しかしその場合、ひじきの無機ヒ素の問題以前に食事のバランスがよくないので、食事内容を考え直すべきでしょう)。実際、厚生労働省の発表にも「海藻中に含まれるヒ素によるヒ素中毒の健康被害が起きたとの報告はありません」と明記されています。

■妊娠中は? 妊婦・赤ちゃん・子供もひじきは安全?
上記の量を見てわかっていただけたと思いますが、もちろん、妊娠中であっても安全性は同じです。妊婦や離乳食を開始した赤ちゃん、子どもがひじきを食べるのも問題ありません。むしろ、ひじきは食物繊維やカルシウムや鉄などが豊富であるため、常識的な範囲で食べるのがよいと思います。

■ヒ素を除去する方法は? ヒ素除去に効果的なひじき調理法
英国食品規格庁の勧告を受け、農林水産省が調理による無機ヒ素含量の変化を調べました。平成18~20年度にスーパーなどから取り寄せた乾燥ひじきを水洗い、水戻し、茹でる、茹でこぼす等の工程でどのくらいヒ素の含量が変化するのかを調べたのです。というのも、無機ヒ素は水溶性。これらの工程でさらに取り除くことができるのではないか?と予想したのです。

その予想は大当たり! 水戻しで50%、茹で戻すと80%、茹でこぼすと90%程度減らすことができることが分かりました。この結果から「茹でこぼし」するのがもっとも無機ヒ素を減らすために有効だといえます。それぞれの調理法は以下の通りです。

・水戻し……30分間水に浸し、戻し水を捨てて水洗い
・茹で戻し……水に入れて茹で、沸騰後5分茹でる。茹でた湯を捨てて、水洗い
・茹でこぼし……30分水に浸し、戻し水を捨てる。お湯に入れ茹で、沸騰後5分間茹でる。さらに茹でた湯を捨てて水洗い

調理の際、最も重要なことは、戻し汁は使わないこと。しいたけの戻し汁のように出汁が溶けているのであれば調理に使わない手はありませんが、ひじきの戻し汁には無機ヒ素が溶け出しているため、「ひじきの戻し汁=無機ヒ素水」になっています。ご注意を!くわしくは農林水産省のリーフレットや農林水産省HPの「乾燥ヒジキのヒ素を減らす調理法の調査結果」で確認して下さい。


■ひじきの栄養素の鉄分・カルシウム・食物繊維は残せる
水で戻したり茹でたりしている間に無機ヒ素が戻し汁に抜けてしまうのであれば、他の栄養素も一緒に抜けてしまうのではないかと心配する人もいると思います。しかし、心配ご無用。

先述の農林水産省の「乾燥ヒジキのヒ素を減らす調理法の調査結果」によれば、鉄分は茹でこぼしをしても7割以上が残り、カルシウムはほとんど変わらず(水戻しのみ若干、増えたようですが、水道水中のカルシウムの影響ではないかと記載されています)、食物繊維は8割以上が残っていたとの結果でした。これらの結果を見る限りでは、ひじきの無機ヒ素を怖がるよりも、食材のひとつとして今後も活用するほうがよさそうです。

身体に悪影響があると言われているものを食べるのは避けたいですが、ひじきに限らず、すべての食材には多かれ少なかれ、メリットとデメリットの双方があります。メリットとデメリットの両方をきちんと精査し、センセーショナルな情報だけに惑わされずに、自分にとってより有意義な方法をしっかり選択したいものです。

夏風邪と冬風邪の違いは?原因を知って備えるあなたの風邪対策

7月に入り、気温と湿度もぐんとも高くなり、夏風邪が本格的に流行しだす気候になりました。

風邪は一年中ひく可能性はありますが、夏場と冬場の風邪ではどのような違いがあるのでしょうか?

医師に夏風邪と冬風邪の特徴を、分かりやすく解説をしていただきました。
夏風邪と冬風邪の症状の違い
風邪とは本来、咳・くしゃみ・鼻水・喉の痛みといった上気道(鼻・喉など空気の通り道のうち外に近い部位)の炎症と発熱を主にした、様々なウイルス感染症の総称です。

夏風邪と冬風邪では、感染するウイルスに違いがあります。

夏風邪

■ 原因ウイルス
・アデノウイルス
・コクサッキーウイルス
・エンテロウイルス
など

■ 特徴
夏のウイルスは高温多湿の環境を好みます。

夏バテで体力が落ちていたり、食欲がなくなり抵抗力が落ちているとかかりやすくなります。

夏風邪は上気道炎症状に加え、皮膚の発疹や下痢・腹痛、結膜炎などの症状が見られることがあります。


■ 感染経路
冬風邪と同様の感染経路(飛沫、接触、糞口)の他、プールでのアデノウイルスの感染が見られます。

冬風邪

■ 原因ウイルス
・インフルエンザウイルス
・RSウイルス
・ライノウイルス
・コロナウイルス
・ノロウイルス
・ロタウイルス

■ 特徴
冬のウイルスは低温で乾燥した環境を好みます。
また、ノロウイルスやロタウイルス胃腸風邪も冬に多い傾向があります。

体温調節がうまくできず、体が冷えてしまったり、風邪をひいている人と接する機会が多いとかかりやすくなります。

保育園や学校など集団生活の場で食事前の手洗い・うがいを励行することが予防に有効です。

■ 感染経路
・飛沫感染:咳やくしゃみのしぶきを吸い込むことによる感染
・接触感染:ドアノブなどに付着したウイルスを体内に入れて起こる
・糞口感染:便や嘔吐物の飛沫が口に入る感染で、胃腸風邪については糞口感染が多い
・空気感染:一部では乾燥した飛沫が広範囲に飛び散ることによる空気感染に近い感染例もある


子どもに多い特徴的な夏風邪
「三大夏風邪」と言われているのが、手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱になります。

手足口病

・原因:エンテロウイルス、コクサッキーウイルス
・症状:手・足・口を中心に白い水疱性の発疹が現れる
・潜伏期間:3~5日
・感染経路:飛沫感染、接触感染、糞口感染
・好発年齢:5歳以下の乳幼児
・注意点:主に乳幼児の間で流行することが多く、保育園などでの集団感染も見られる

ヘルパンギーナ

・原因:主にコクサッキーウイルス
・症状:39度以上の高熱、口の中や喉に水泡ができ、喉の粘膜が真っ赤になって強い痛みを伴う
・潜伏期間:2~3日
・感染経路:飛沫感染、接触感染、糞口感染
・好発年齢:乳幼児(1歳)が多く感染するのが特徴
・注意点:口の中の水疱が破れると痛みが出るため、食事がとれなくなることもある

プール熱(咽頭結膜熱)

・原因:主にアデノウイルス
・症状:38~40度以上の高熱、結膜炎、喉の炎症(重く、強い痛みがあることが多い)
・潜伏期間:4日~5日
・感染経路:プール、飛沫感染、接触感染
・好発年齢:幼児、学童
・注意点:喉の痛みが酷いと水分補給が困難になる為、脱水症状に気を付けることが重要
夏風邪と勘違いされやすい疾患

夏型過敏性肺炎
■ 原因
夏型過敏性肺炎はカビや細菌を吸い込むことで、肺の壁に炎症が起こる病気です。

古い木造住宅やエアコンの内部に多いトリコスポロンというカビが原因となりますが、トリコスポロンは高温多湿の環境を好むため、梅雨から夏にかけて多くなります。

■ 症状
家に長時間いると咳や息切れが生じますが、家を離れて入院したり旅行したりすると症状が軽くなり、秋から冬にも症状が出にくいという特徴があります。

家に長時間いる主婦に多い傾向があります。同じような症状は加湿器内で繁殖するレジオネラ菌によっても起こります。

■ 治療
掃除や転居で原因菌に接する機会を減らし、免疫の過剰反応を抑えるステロイド薬を使用することもあります。

溶連菌感染症
■ 原因
連鎖球菌という細菌の感染症で、飛沫感染や口や食べ物に触れた手を介する経口感染が原因です。

■ 症状
強い喉の痛みと発熱が見られます。子どもで体中に赤い発疹が現れ、舌が赤くぶつぶつしたイチゴ状になると猩紅熱とも呼ばれます。

■ 治療
検査は迅速診断キットや血液検査などを行い、治療には抗生物質を使用します。
効果的な夏風邪対策

食事前にはうがい・手洗いをし、共有部分(ドアノブ、手すりなど)を触った手で顔周辺を触る癖をなくすようにします。

睡眠・食事に気を付け、抵抗力を保つようにしましょう。


最後に医師から一言

風邪ウイルスは多種多様であり、すべてを予防することはできませんが、普段から免疫力を高め、体調が悪い時には他人にうつさないようにマスクや咳エチケットに注意しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

タバコより危険!? 「ひじきで寿命が縮まる」は本当?

◆ひじきは「無機ヒ素」を多く含むから危険で有害?

ひじきは日本人が古来から食べてきた食品のひとつです。ところが、2004年7月英国食品規格庁より、ひじきは健康を害するため食べない方がよいとの勧告が出されました。理由は「無機ヒ素」を多く含むため。ご存知の方が多いと思いますが、「ヒ素」は農薬や殺鼠剤に使われる毒物です。ヒ素には「有機ヒ素」と「無機ヒ素」があり、毒性は「無機ヒ素」のほうが強いといわれています。

WHO(世界保健機関)のファクトシートによると「飲料水や食事からのヒ素の長期にわたる摂取は、がんや皮膚病変の原因となりうる。また、心血管疾患、神経疾患、糖尿病の発症にも関連している。」とあります。ヒ素中毒は一度に大量に摂取したことによって起こる急性中毒だけでなく、慢性的に蓄積されることで慢性中毒が起こることもあります。
.
◆「ひじきの損失余命」とは?

これを受けて「ひじきの損失余命」はどのくらいなのか、気になる人もいるようです。「損失余命」とは身体に悪影響を及ぼす食事や行動によって、どのくらい寿命が縮まるかを示す考え方です。WHOが取り入れている考え方でもあります。代表的な損失余命としては、タバコを1本吸うと12分縮まる、コーヒーを1杯飲むと20秒、ソーセージを1本食べると25秒縮まるといったものが知られています。この考え方によると、ひじきの損失余命は小鉢1杯で58分と言われており、タバコより損失が大きいことから、「ひじきはタバコよりも有害」という説がセンセーショナルに広まったようです。
.
◆厚生労働省の見解に見るひじきのヒ素の安全性・危険性

それでは実際に、私たちが日常的に食べているひじきは、安全なのでしょうか? 危険なのでしょうか? 厚生労働省が、実際に日本人が食べているひじきの量から危険性の有無を、東京都福祉保健局が「ひじきに含まれるヒ素」でまとめています。これによると……日本人の平均的な海藻摂取量は1日あたり14.6g。そのうち、ひじきは約0.6gです。 ・WHOが定めた無機ヒ素の耐用週間摂取量は15マイクロg/kg体重/週なので、体重50kgの人の場合、1日に107マイクロg(1週間に750マイクロg)までは大丈夫。

・ひじきに含まれる無機ヒ素は最大22.7mg/kg(22.7マイクロg/g)ですので、1日あたり4.7g以上を食べ続けない限り、健康に悪影響を与えることはありません。 平均的な日本人の食生活では、ひじきの摂取量は1日0.6g程度。ですので、今まで通りの食事であれば、ひじきで問題は起こらないと考えて差し支えありません。

もちろん量の問題ですので、もし毎日必ず、丼に1杯ずつひじきを食べているという場合は無機ヒ素が問題になる可能性もあります(しかしその場合、ひじきの無機ヒ素の問題以前に食事のバランスがよくないので、食事内容を考え直すべきでしょう)。実際、厚生労働省の発表にも「海藻中に含まれるヒ素によるヒ素中毒の健康被害が起きたとの報告はありません」と明記されています。

躁的防衛? ハイテンションな人に潜む心の危機


◆わざと明るく、元気にふるまってしまう躁(そう)的防衛とは

いつも明るく元気でテンションの高い人はいるものです。忙しくてストレスの多いときでも「120%元気な自分」でいたがる人。落ち込んだりへこんだりすることが嫌いで「いつでも笑顔」を保とうと頑張る人……。
こうしたハイテンションな状態の人は、周りからは「ネアカ」で「エネルギッシュでポジティブな人」に見え、心の健康的に何の問題もない人だと思われがちです。しかしカウンセラーとしての立場からは、彼らの心に「危うさ」が潜んでいるのではないか?と考えずにいられません。

臨床心理学には「躁(そう)的防衛」という言葉があります。躁的防衛とは、わざと明るい自分や元気な自分を演じることによって、沈んだ気持ちに打ち克とうとする無意識的な防衛行動です。元々は精神分析の理論において、母親との関係をベースにした葛藤から生じる体験とされていますが、一般的には、集団生活やストレスフルな状況に適応しようとする際によく見られます。

たとえば、ストレスが増えるとやたらとテンションが高くなり、リフレッシュと称して仲間と騒いだり、飲み会を開いて暴飲暴食に走ったりする人。忙しくしていないと不安になり、やたらと仕事や用事を抱え込む人――。こうした人々は、躁的防衛によってハイテンションな状態をつくりだし、ストレスに対処している可能性があります。
.
◆躁的防衛のリスク……頼りすぎるとあらゆる面で支障が生じる

躁的防衛は、ストレスを短期的に乗り越えていくには、有効に働きます。たとえば、新学期や新年度などの一時的なストレスの対処に役立つことも多いでしょう。しかし、いつもその方法を用いていると、精神的に消耗してしまいます。たとえば、スケジュールが空くのが怖くていつも忙しくしてしまったり、嫌なことを考えたくないからとアルコールに頼って気分を盛り上げてしまったり、一人で夜を過ごしたくないと無理やり仲間たちと騒ぐ習慣ができてしまっていたり……。

こうした行動を繰り返していると、精神だけでなく、身体や人生設計、生活管理の面などにも支障が生じてしまいます。では、躁的防衛にはまりすぎてしまう自分をコントロールするためには、何が必要なのでしょうか?

◆なぜ躁的防衛を用いてしまうのか……まずは自分を知ろう

躁的防衛にはまりすぎてしまう自分をコントロールするために必要なこと。その一つが、「自己理解」です。「なぜ自分は無理に忙しくしてしまうのだろう?」「なぜ自分はいつもにぎやかでないといられないのだろう?」このように、自分の認知と行動の傾向を振り返ることです。誰でも新しい環境に適応する際には不安が生じますし、孤独を感じたり、自尊心が傷つけられたりしたときには、憂うつになるでしょう。そうしたとき、一時的に躁的防衛を用いるのは自然なことですし、それによって良い効果が生じることはたくさんあります。

しかし、常にテンションを上げて元気をふりまかずにはいられない場合、なぜそうなってしまうのだろうと、振り返ってみることが必要です。ある人は、特定の刺激に反応して、躁的防衛を用いてしまうのかもしれません。またある人は、ストレスに耐える力、対処する力が弱いため、躁的防衛に流れてしまうのかもしれません。
.
◆自己理解を活かして、対処方法のレパートリーを広げる

自己理解によってこうした自分の認知と行動の傾向に気づいたら、「どうしたら改善できるか」を考えてみましょう。そして、できるところから改善を試みてみましょう。特定の刺激に反応して躁的防衛に走っている場合、なるべく強い刺激に触れないようにしたり、あるいは刺激と向き合い、折り合いをつけていくことが必要になるでしょう。たとえば、合コンに行くたびにテンションを上げすぎてしまって、結果として異性とまっすぐに語り合えないような場合、まずは「友達づくり」から始めて異性に慣れていくのも一案です。

耐える力が弱いと感じた場合、ストレス発生後すぐに躁的防衛に逃げず、しばらくの間そのストレスと付き合ってみるといいでしょう。つまり、すぐに気晴らしなどで気分を上げようとせず、「ストレスと同居できる力」をつくっていくことです。「対処する力」が弱いと感じた場合、上記のような力を伸ばすとともに、有効だと思われる対処法をあれこれ試してみるといいでしょう。たとえば、不快な気持ちをノートに書き出してみる、交渉術を試みるなどして、対処法のレパートリーを広げてみるといいでしょう。

長い人生の中では、さまざまなストレスに何度も遭遇します。そうしたときには、「躁的防衛」という一つの方略のみに頼るのではなく、その時々の自分に必要な方法を多角的に検討して、適切な対応ができるようにしていきましょう。

危険ドラッグ 民泊利用の「新入手ルート」が蔓延している

池袋西口の路上で2014年に起きたRV車暴走死亡事故は、危険ドラッグを吸引して意識を失ったドライバーが引き起こしたものだった。この事故をきっかけに危険ドラッグは社会問題として大きな関心を集め、法律が改正され取り締まりも厳しくなった。その後、ニュースの見出しから姿を消していた危険ドラッグだが、2017年のいま、再び報じられる機会が増えている。ライターの森鷹久氏が、いま再び危険ドラッグに手を染める人が増えている理由についてリポートする。

* * *
「言った通りになったでしょう。今後はリキッド、パウダーが主流になるでしょう。ハーブは印象が悪すぎますからね。やはりエロって根強いですよね……」

 こう話すのは、かつて東京都西部に拠点を置き、危険ドラッグの製造や販売を行っていた男性・X氏だ。危険ドラッグをテーマにした拙著『脱法ドラッグの罠』(2014/イーストプレス)の取材に大いに協力してくれた彼は、当時からすでに冒頭のような”見通し”を筆者に語っていたが、それが現実になったと最近になって連絡をよこしてきてくれた。

 2017年6月には京都新聞記者が危険ドラッグの所持容疑で逮捕、また同じ所持容疑がかけられたTBS社員の場合は同局本社も家宅捜査されたとテレビや新聞が比較的大きく報道した。かつては危険ドラッグというとお茶やタバコのように乾燥させた葉を使用するタイプが多かったが、このマスコミ関係者二人は「液体」の危険ドラッグを使用していた。

「今年に入ってから“危険ドラッグ”絡みの摘発は確かに増えている」というのは取締りを担当する当局関係者。教員や一流企業社員、大学職員が危険ドラッグの使用や製造、密輸で逮捕される事例が相次いでいる。前述のX氏が解説する。

「二人のマスコミ関係者は、いずれも危険ドラッグ“ラッシュ”を製造・使用していたようです。これはラブドラッグとして有名で、2000年台前半に日本でも流行しました。2006年に規制され、日本国内では見かけなくなりましたが、最近になってまた持ち込まれるようになっています」

 かつて“危険ドラッグを使用する理由”について複数の関係者に取材した際、異口同音に聞こえてきたのは「性交のため」という事実だった。ラッシュは特に、同性間での性行為時に使用される例が少なくないといい、ゲイコミュニティでは規制後も流通していたという。もちろん、男女間の性行為時に気分を高めたりリラックスする目的で、また自慰行為のためにラッシュを使用するといった例もある。

 ハーブを吸ったあと意識を失ったドライバーによる暴走事故が相次いだ直後は、取締りが厳しくなったため、危険ドラッグ販売業者はなりを潜めていた。しかし、一連の事故から3年経った今、業者はすでにネット上での販売を開始しており、検索すると複数のサイトが確認できる。危険ドラッグの紹介文には「性交」を連想させるキーワードが並んでいて、どのような客層に狙いを定めているのかが見て取れる。

31才女性 再就職の際、がんのことを伝えようか葛藤した

年を重ねるにつれて、家族や親戚、友達ががんになったという話を聞く機会は増えていく。2人に1人が罹患する時代といわれて久しい。今回、取材したステージIIIの患者さんは本誌・女性セブン記者にこんなことを話してくれた。

「私はがんと闘っているのではありません。がんと共に生きているんです」。

 1985年生まれの野口のぞみさん(仮名、31才)。独身。精神保健福祉士として病院に勤務していたが、2013年、悪性リンパ腫と診断される。復職するも2016年に再発。現在は、再発防止を目的とした治療を受けつつ新しい職場で働いている。

 * * *
 4年前、悪性リンパ腫と診断され、4か月間休職して治療を受けました。復帰すると、仕事量を配慮してくれたり、病気への理解がある職場でしたが、治療の副作用でウイッグになったこと、長く仕事を休んだこと――がんに派生するさまざまな出来事が原因で、人との距離を感じるようになりました。

 私だけ取り残されてしまったような感じですね。治療の間、前のように仕事をして友達と遊ぶことができないので、私だけ取り残されてしまっていると思い、周囲とのかかわりが難しい苦しさを感じました。孤独や、職場の人との距離をすごく感じる状況でした。

 できるだけ病気のことを隠したいにもかかわらず、自己開示をすれば距離が縮まるんじゃないかと思って、同僚にウイッグだと打ち明けてしまったことがあるんです。けれどびっくりされただけでした。気を使わせることになってしまったのではないかと思うと、なんでそんなことを言ってしまったのかと後悔しました。

 そんな状況に悩みつつも、少しずつ元の生活を取り戻しつつありましたが、治療終了から2年半後に再発したことをきっかけに、再び休職して、そのまま退職を決めました。

 職場に対して申し訳ないという気持ちがありました。2回目の治療だったので、気持ちがもう…。働くという気持ちがなくなってしまったんです。1回目の治療の時は、“働きたい!”という気持ちが強くあったけれど、“もう休みたい”と思いました。

 周囲から何気なくかけられた「仕事のストレスで病気になったんじゃない?」という言葉もつらかったです。

酒は適量でも脳機能が低下する!? 英研究報告がもたらす波紋

イギリスでアルコール摂取と脳の認知機能についての研究結果が報告された。「酒は百薬の長」はもう昔話になってしまうのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 国内における禁煙志向や「たばこ=悪」というイメージが定着した近年、「たばこの次(にやり玉に挙げられるの)は酒ではないか」という声が聞かれるようになった。そうした環境下では嗜好品に対するネガティブなニュースは大きく取り上げられやすくなる。

 先日、イギリスで「アルコール摂取が多いほど脳の認知機能が下がる。”適量”だとしても脳機能は低下する」という研究結果が報告された。「週に30杯以上、飲酒する人は飲まない人に比べて5.8倍も海馬が萎縮しやすい」という調査結果に左党(という言葉も、死語になるのだろうか)が衝撃を受けたのはつい最近のことだ。

 もともと飲酒習慣と脳の萎縮や認知機能の低下に因果関係があるとい説自体は知られていたが、近年までは「適量であれば(さほど)問題ない」という説が一般的だった。

 僕自身も去年脳ドックを受診で酒量の問診を受けたとき、医師から「飲みすぎると脳が萎縮するよ」と脅されたが、「肝臓の値は大丈夫だから、適量なら毎日飲んでいい」とも言われた。少なくとも昨年末までは国内にそうした意見の専門医も存在したのだ。

 ところが、今回の論文で発表されたように「適量でも脳機能は低下する」「よくアルコールを摂取する人ほど、長期的には認知機能が低下しやすくなる」となると、どこで線を引くかは非常に難しくなる。結論としては「飲まないに越したことはない」が圧倒的に正しくなってしまうからだ。

 もっともそれは「脳の萎縮」という機能面だけを切り取った話で、「脳萎縮=認知症」と単純にとらえられるものでもない。大量に飲酒する習慣のある人に脳萎縮が高い割合でみられるのはほぼ間違いのない事実として捉えられているが、飲酒量と認知症のリスクの関係については違う研究結果も存在する。その研究では、認知症のリスクがもっとも少ないのは350mlの缶ビール1本相当のアルコールを週に1~6本程度摂取した層だというのだ。

歯周病・虫歯に効果ナシ “歯磨き剤”使用の逆効果(2)

実は、歯磨き剤には2種類ある。歯石の沈着や口臭などを防ぐための基本成分のみが入っている“化粧品”と、歯と歯茎の健康を保つための薬効成分が含まれている医薬部外品(薬用歯磨き剤)だ。歯科医師業界の事情に詳しい、健康ジャーナリストの田口豊氏は言う。 「薬用歯磨き剤には、漢方や消炎剤、ビタミンやプラークを溶解する薬剤が入っているものがありますが、有効成分が吸収できるかどうかの疑問があったり、効果があってもその場限りとしか考えられないものがほとんどなのです」

 そんな中、あえて効果を認めるとすれば、“フッ素入り”と“知覚過敏用”だという。 「フッ素入りは子供や歯ぐきが下がって象牙質が剥き出しになった箇所が虫歯になっている中高年には有効で、プラークの中での細菌の活動を抑制し、歯の質を強化して、再石灰化を促す働きがあります。一方、冷たい水などが歯にしみる知覚過敏用歯磨き剤は、刺激が通る象牙質の細管の入り口を塞ぎ、痛みを止める効果が得られる。ただし、いずれも根本的な治療にはなりません。あくまでも歯科医に行く前の処置として有効だということです」(同)

 ところで、日本人の40歳以上の80%以上が歯周病を患っているとされる。歯の磨き方や歯磨き剤の選び方も大事だが、歯周病は歯肉の炎症や歯を支える歯槽骨を破壊するだけでなく、全身疾患の誘因にもなる。その怖さも知っておきたいところだ。 歯周病は、細菌感染によって起こる炎症性疾患の一つ。その慢性炎症は歯肉だけにとどまらず、菌や炎症物質が血液中に入り込み、たどり着いた先で炎症を引き起こす。「この病の原因菌は、歯周病を発症しなくても、歯磨きや、糸ようじ、つまようじの使用、また、咀嚼などの日常的な行為で常に歯肉粘膜下に侵入しています。ただ、それによって炎症が起こるか起こらないかは、免疫力の差で異なる。そのため、歯肉が腫れてき場合は、免疫力に変化があったことを示しているといいます」(同)

 ともあれ、自分の細胞によって作られた炎症物質も血液に乗って全身に伝わる。女性の場合、子宮に行けば早産や低体重出産が起こることが証明されているという。 「炎症物質は、血中のインスリンの働きも悪くします。その結果、膵臓が疲弊して糖尿病を悪化させるのです。歯周病を治すと、糖尿病がある程度改善することも分かっていますが、全身の動脈硬化も同じようにして起こります」(歯科医師)

 また、歯周病は大動脈瘤で炎症を起こしている部分があると、サイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)の影響によってさらに炎症が進み、動脈瘤が急激に膨れて突然死を招くケースもあると言われる怖い病気だ。 「虫歯や歯周病といった口腔内のトラブルは、心臓疾患の大きなリスク要因といえます。実際、手術を受けるくらいまで心臓が悪くなってしまった患者さんは、口腔内の健康状態が悪いケースが少なくない。そうした患者さんは、そもそも栄養状態が悪く、口腔内の衛生にまで気が回らない人が多いこともあります」(内科医)

 重大病にもつながる歯のトラブルを避けるためにも、いま一度、歯磨きを見直そう。

歯周病・虫歯に効果ナシ “歯磨き剤”使用の逆効果(1)

 歯磨きをする際、当たり前のように使っている歯磨き剤。不思議なのは、歯磨きの仕方や歯ブラシの選び方をアドバイスされることはあっても、歯磨き剤について話す歯科医はほとんどいないことだ。 ある歯科医師は、意外にもこんな言い方をする。 「歯磨きで一番大切なことは、歯ブラシの使い方です。歯磨き剤は必要ではなく、人によってはデメリットの方が多いかもしれません。少なくとも私は使いませんし、歯科衛生士も使わない人が多いのではないでしょうか」

 そもそも、歯磨きをなぜするのか。歯のトラブルの主な原因は、食べカスなどが歯と歯の間などに残り、放置するとそこに細菌が付着して歯垢(プラーク)を形成するからだ。それを取り除くには、歯ブラシによる除去をしっかり行うことが不可欠。しかし、その際に歯磨き剤を使うと、磨けていないのに磨けたつもりになり、結果的に虫歯や歯周病のリスクを高めることになるというのだ。

 都内のサラリーマンで歯周病の治療を3年にわたり続けている木下修さん(仮名=56)も、自らの体験をこう語る。 「医師に歯磨きの仕方を改めて指導されて以来、歯磨き剤にも凝るようになったんです。でも、自分ではしっかりと磨き込んだつもりだったのですが、実際には磨けてないと指摘されました。あるいは、『磨き過ぎ』と言われたこともあります。そこで初めて、歯磨き剤の使用が決して歯周病に効果的ではないことを知ったんです」 それでも、この間、歯科医師から歯磨き剤についての良し悪しの具体的な説明はなかったという。

 昭和大学歯科病院歯周科担当医は、「歯科医師が歯磨き剤を敬遠する理由の一つに、研磨剤が含まれる点がある」と、次のように説明する。 「ホワイトニング専用、ヤニ取りなどを謳っている歯磨き剤には、研磨剤が含まれています。最近、目立って増えているのが、歯ぎしりや食いしばりでくさび状に削れた歯の付け根を、硬い毛の歯ブラシや電動歯ブラシで力任せに横磨きをし、歯をダメにする患者さん。そんな人が研磨剤入りの歯磨き剤を使うと、磨き過ぎに拍車がかかってしまうのです」

 歯磨きは、洗剤で皿洗いをするように、歯の表面の汚れを根こそぎ落とす、というイメージを描きがちだが、細菌は歯ブラシでしっかり磨けば十分除去できる。そこでわざわざ歯磨き剤を使う必要はなく、加えて歯磨き剤は口臭予防の効果についても期待できないという。「口臭については、その原因は、口、鼻、内臓由来の呼気に大別できます。このうち、口が原因の口臭は、虫歯や歯周病、舌苔、唾液量の減少によるドライマウスなどで起こる。歯磨き剤を使っても口臭自体が消えるわけではなく、歯磨きで消えたとしても一時的で、それは香水をかけているようなものなのです」(歯科医師)

皮膚常在菌の「美肌菌」を減らす原因は××!菌を育て美肌になる方法

「美肌菌」とは?皮膚常在菌の中の「表皮ブドウ球菌」!

人間の皮膚全体には「皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)」という菌が約1兆個はいるとされています。「菌」といっても、人間の腸内に棲んでいる「善玉菌」のように、私たちの体を外的から守ってくれているありがたい存在の皮膚常在菌と言われています。

◆潤いを守る表皮ブドウ球菌
皮膚常在菌の中でも「表皮ブドウ球菌」が私たちを美肌へ導いてくれる「美肌菌」と言われています。表皮ブドウ球菌は、保湿成分となる「グリセリン」に似た成分を生み出し、自然と肌の潤いを保ってくれると期待されています。

◆悪い外的を撃退!肌フローラを守る
皮膚常在菌の中には、腸内にいる「悪玉菌」のように、肌に悪い作用をする「肌の悪玉菌」がいるとか。表皮ブドウ球菌は別名「肌の善玉菌」と呼ばれており、肌の悪玉菌が増えるのを抑え、「肌フローラ」のバランスを整えてくれていると言われています。

皮膚常在菌の「美肌菌」を減らす原因と育て方1 <洗顔>

◆美肌を生む肌フローラとは?
善玉菌の活動が弱まり悪玉菌が増えすぎると、肌荒れや肌の乾燥、ニキビ悪化など肌トラブルの引き金になるとされています。

ただし、悪玉菌すべてをなくせば良いかというと、そうではありません。それら「肌フローラ」のバランスが保たれることで、外から来る多種多様な病原菌などの攻撃や侵入を防いでいるとされているからです。美肌を作る「肌フローラ」とは、肌の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が優位な状態を作り、それを維持することと言われています。

そんな大切な美肌菌を減らしてしまう一番の原因とされているのは「洗顔料による洗顔」です。洗顔料による洗顔は、汚れやアカだけでなく、皮脂や美肌菌自体も洗い流してしまうことがあるそうです。

肌の善玉菌は「弱酸性」の肌を好みます。皮脂は、善玉菌が酸を生み出し、肌を弱酸性に保つための原材料となっているので、洗顔で皮脂が減りすぎてしまうと、肌を弱酸性に保てなくなり、悪玉菌が好む「アルカリ性」の肌へと傾いてしまうことがあると言われています。

◆美肌菌を育てるには?
洗顔料による洗顔は、1日1回を基本とするのが良いとされています。それは、洗顔料で流された善玉菌が、元に戻るまで12時間はかかると考えられています。38度前後のぬるま湯でフェイスラインも忘れずにしっかり洗い、すすぐことができれば、朝はぬるま湯だけでも、汚れはきちんと落ちるとのことです(※)。

夜は通常の洗顔料などによる洗顔でOK。ただし、あまり強すぎる化粧落とし(クレンジング剤)は、洗いすぎの原因になるおそれがあるので、ポイントメイク落としなどをうまく活用して基本的にはマイルドな洗顔を心がけましょう。

※ニキビがある方や油っぽい方は、その部分だけをマイルドな洗顔料で洗ってもOK。その際は他の部分に洗顔料がかからないよう素早く洗い流すのがコツです。またすでに肌の良い状態を保てている方は、その方法がベストな場合もあるので、様子を見ながら調整しましょう。

皮膚常在菌の美肌菌を減らす原因と育て方2 <化粧品>

洗顔後に通常の化粧水などによるケアはOKです。ただし、その中に入っていることが多い「防腐剤」は、皮膚常在菌を死滅させる原因にもなりやすいので、なるべくなら避けた方がいいでしょう。

◆美肌菌を育てるには?
1. 防腐剤無添加の化粧品を選び、美肌菌を守りましょう。
2. 今現在、肌荒れなどの肌トラブルに悩んでいる人は、肌フローラの乱れによるものかもしれません。その場合、3日間の「肌断食」で改善するケースもあると言われています。
3. 菌を育てる化粧品や菌を整えるボディソープなども市販され始めました。自分に合うものを選びましょう。
4. 美肌菌ドック・美肌菌バンクなるものも登場。自分の肌フローラがどういった状態かを調べ、その際に採取した自分の善玉菌を培養し、それを自分だけの化粧品として配合してくれるそうです。

この他にも、運動不足が続くと、自分の「汗」が悪玉菌の好む「アルカリ性のねばねばした汗」になってしまうことがあるそうです。運動を継続することで「サラサラ汗」に変わっていくそうなので、適度な運動と合わせながら、自分にあった美肌菌の育て方で潤ツヤ肌になりましょう!

長時間スマホを触ってる人は要注意!首のシワをつくらない方法とは?

首は皮膚が薄く、シワができやすい部分

驚くことに首の皮膚は、顔の皮膚と比べると3分の2ほどの薄さでできているそう。薄い皮膚なのに、重量感のある頭を支えたり、首を左右上下に動かしたりなど、運動量が多いため、たるみやシワになりやすいと言われています。また、年齢を重ねるにつれてコラーゲンが減っていき、肌の弾力がなくなり乾燥しやすくなることや、長時間スマートフォンを触って下を向く機会が多い方や、姿勢が悪い方も首のシワの原因としてあげられます。深いシワにならないためにも、今のうちからしっかりと首のシワ対策をしておきましょう。

首のシワをつくらない方法はとても簡単!

まず、首元は無防備なことが多く紫外線が当たりやすいので、首も日焼け止めクリームをしっかり塗っておきます。紫外線の影響は、シミができるだけでなく、コラーゲンやエラスチンを破壊して乾燥したり、弾力が低下したりしまうそうです。日焼け止めやストールなどを利用して、紫外線対策をしてくださいね。

そして、フェイスケアと同様に首の皮膚にも化粧水->美容液->クリームを馴染ませていきます。首は乾燥しやすい部分なので、念入りに保湿ケアをすることが大切。首のシワは横方向にできやすいので、美容液やクリームを塗るときにシワに沿った横方向に塗っていくといいでしょう。

時間があるときには、お風呂に浸かりながらホットタオルを首に巻いて血流を良くしてあげてから、オイルを塗りこんで優しくマッサージをするとシワに効果的です。日常生活で気をつけたいといえば姿勢。ずっと下を向いてスマートフォンなどを触っていると、首のシワや顔のたるみを引き起こすことも。こまめに背伸びをしたり、常にお腹に力を入れて姿勢の改善にも努めましょう。

首のシワとは無縁の美しいデコルテに!

首のシワをつくらないためには、日常生活の姿勢を見直したり、フェイスケアと同様に化粧水や美容液、クリームなどで保湿をしてあげたり、紫外線対策をしたりすることがポイントです。特別なケアはいらないので、早速明日からできるはず!首のシワとは無縁の美しいデコルテを手に入れてみてくださいね

意外と知らない、身体のための“正しい入浴方法”

 世界的にみても、日本人ほどお風呂が好きな国民はいないそうだ。生まれてすぐには「産湯」へ入り、毎日のように入浴を欠かさない。80歳まで生きるとすれば、入浴回数はじつに3万回、時間にすると1万時間にも及ぶという。

 しかし、お風呂の入り方は誰かに学ぶものではない。学校で教えてくれるわけではないし、誰かに「お風呂はこう入るんだよ」と教えられた記憶もないだろう。そんなことを考えていたところ『入浴検定 公式テキスト~正しいお風呂の入り方』(早坂信哉、古谷暢基/日本入浴協会)という、一冊の本が目に留まった。

 入浴検定という言葉も初めて知ったのだが、本書では、今日からでも実行できるさまざまな入浴方法を知ることができる。

 例えば、お風呂の主な目的はやはり疲労回復だ。汗水垂らして働いてから、ビールを飲む前に「ひとっ風呂浴びる」なんていうのは、その言葉だけ聞いても幸せを感じずにいられないほどである。

 では、私たちの身体にとって効果的な入浴方法とは何か。シャワーだけで済ませてしまう人たちもいるだろうが、本書はやはり「湯船に浸かる」ことが第一だと挙げる。ここで決め手となるのは「お湯の温度」「お湯の水位」「お湯に浸かる時間」の3点だという。

 お湯の温度はゆっくりと浸かっていられるよう、40度前後が望ましい。年齢が高かったり、体力がなかったりする人にとっても身体へ負担をかける危険性のない温度だそうだ。また、水位は肩までお湯に浸かる程度が目安。いわゆる“全身浴”であるが、これによりお湯の圧力で血流を整えるなどのマッサージに似た効果が得られるという。

 そして、ちょうどいい温度や水位のお風呂を準備できたら、10~15分間を目安に入浴する。これは、お風呂の持つもう一つの効果「温熱作用」をもたらすための時間である。

 人間には皮膚の表面から分かる体温のほか、内臓などの体内における「深部体温」と呼ばれるものがある。この正常値の37度を保つことで、基礎代謝がはかどり健康も維持できるそうだ。一日中、動き回る人たちにとってこれを調整する役割を持つのがお風呂であり、そのためにはやはり湯船へ浸かるのがベスト。深部体温が約1度上昇するのをめざし、目安として、顔や額が汗ばんでくるまでじっくりと入浴しよう。

 これらに加えて、入浴剤などを使えばさらなるリラックス効果も期待できる。また入浴後は、タオルで全身の水分をすばやく拭き取り、せっかく上がった体温が冷めないうちに布団や毛布にくるまって安静を保つのもポイントだ。

【人生の質と運気がアップ】お疲れ不調が一瞬で吹き飛ぶ極上の旅!

上質な旅で女を磨く。一気にリフレッシュして運気がアップ!

30歳半ばを過ぎても「大人になったなぁ」なんて実感することがない私ですが、身体や肌の老いだけはひしひしと感じています。ちょっとでも無理をすれば疲れが抜けなく、うまく解消できないでいると気分も落ちこみ、どんよりした日々を過ごしがち。ここまでくるとネガティブオーラーをまとって、運すら逃しているような…。どうにかしたいのに、どうにもできない(泣)!こんな負のループにはまってしまったら、心身共に一気に復活するとっておきの奥の手を出すしかない。それは…「上質な旅に出発」です!

そんなどんよりオーラをまとった、お疲れちゃんな私が来ちゃいました~。星のや竹富島に! !星のやに泊まれるようになったら、さすがに「大人になったなぁ」と実感。目の前に広がる素敵な景色で、気分がすっかり晴れやかに。心の中にまで心地よい風が通り抜けていきます。思考がクリアになり、テンションもあがって、さっきまでのどんよりが嘘のよう。

通り抜ける風を感じる上質時間。大人の余裕旅で不調が一気に吹き飛んだ!

集落を囲むグックと呼ばれる石垣を抜けると、ヒンプンいう石積みの壁とシーサーがお出迎え。災いや悪霊を追い払うと言い伝えられており、魔物が家に入ってくるのを防ぐ目的もあります。(私は魔物ではありません、シーサーさん入ってもよろしいでしょうか)
星のや竹富島に泊まるのが目的となった今回の旅。宿が目的の旅であるゆえ、期待度も上がりますが、想像を超える素敵なお部屋が待っていました。

玄関がない竹富島の家屋には広い縁側があります。すべての窓を開けて、縁側でボーっと景色を眺めてひとやすみ。これだけでも癒される~。沖縄民謡をCDで流しながら、部屋に通り抜ける風と縁側の景色をただ楽しむ。なんて大人の贅沢な時間なのでしょう。驚きなのが、部屋の真ん中にお風呂があったこと!お風呂の前と後ろにある、部屋の窓を開けたら風が通り抜けていきます。吹き抜ける風を楽しみながら、お風呂に入れるなんて! ずっと入ってられる&入っていたい。

お部屋でゆっくりとくつろいだ後は、ホテルの中にある スパ で極楽 リラックス 。
すべての神経が緩んで、緊張の糸が切れまくり。至福の時とはこのことか。

美味しいごはんは全ての源。気分も運気もアップ!

ディナーは沖縄の食材を使ったフレンチ料理。運ばれてくるごとに歓声を上げてしまうほど見た目もパーフェクト!沖縄の食材とフレンチ料理のテイストがとってもマッチしていて今まで食べたこがない、前例のないおいしさ。柑橘系の爽やかさとフレンチソースの濃厚さに舌鼓。見た目も味も完璧な料理を前に、普段の食事の時間も心潤う豊かな時間にしようと決意。

部屋に戻り、全開の窓から吹き抜ける心地よい風と沖縄民謡が流れる中、再びお風呂でのんびり。おいしい食事と素敵なバスタイムで、パワーチャージ満タンです。美容も健康も日々の積み重ね。毎日おいしいものを食べて、ゆっくりお風呂に入っていれば、こんなにも疲れはたまらなかったはず。“その日の疲れはその日に解消”が大切だと実感!こに住みたい、暮らしたい、と心底思いながら、ベッドに入った途端にストンと眠りにつきました。

上質旅で人生を楽しむ。内側からの輝きが生まれた!

~翌朝~スッキリと爽やかに起床。こんなにも深い眠りは人生初と言っても過言ではないでしょう。素敵な部屋で目覚めるとこんなにも人生が豊かに感じるなんて、最…高…。朝からプールで泳いだり、ラウンジでお茶を飲みながら、ちんすこうを食べてのんびり。本日もゆっくりとした時間が流れます。普段の生活では家にいても、何かに追われているように過ごしがち。息が苦しくなるような生活を改め、深呼吸をしてゆったりと流れるように暮らしたい。

時間の流れ、風の流れ、音楽の流れを感じられるくらいに、ゆとりのある生活を楽しむ。これができれば私も余裕のある、素敵な大人の女性になれるでしょうか。どんなに美容を頑張っていても、身体と心が疲れていては、どんよりと曇った印象に。運すら逃しちゃうような負のオーラから、ハッピーオーラになるためには、自分で自分を幸せにしてあげなくっちゃ。今まで無理させてごめんねと、自分をねぎらうためのご褒美旅に出かけるのも、自分を幸せにする方法の一つ。

疲れが吹っ飛び、どんより女子を素敵女子に切り替えてくれるスイッチが、星のや竹富島にありました。上質な旅は内面からの輝きを取り戻してくれる、最高の美容法でもありました!

おデブな“心”になってない? 700人を10kg以上やせさせたダイエットコーチの「ヤセ習慣」

 ダイエットの“考え方から変えていく”メソッド&メッセージを紹介する『ダイエットコーチEICOの我慢しないヤセ習慣200』。

 著者は、マンツーマンレッスンで700人以上の女性を平均10kg以上ヤセさせた実績を持つ、日本初のダイエットコーチEICO。同書には、そのマンツーマンレッスンで生徒たちに指導していた秘伝の“ヤセコツ”と、生徒の心が折れそうなときに語り掛けていたメッセージを掲載している。楽しく、無理なく、日常生活にダイエットを取り込む工夫が満載だ。

 EICOも72kgの元おデブで、1年間で20kgもヤセた経験があるという。同書では、そんな経験から「ヤセない理由の9割は、心の問題なのです」とダイエットが成功しない原因を分析。また、「我慢するダイエットはつらくて、心が折れてしまいます。私自身、完璧にできない自分を嫌いになり、メンタルを壊してしまいました。そこで、我慢しないでできるダイエットを考え、実践したら、ダイエットが続けられるようになりました」と自身がダイエットに成功した時のことも振り返っている。

 読むだけで、“ヤセる考え方&ヤセる行動=ヤセ習慣”が身につく究極の1冊。ダイエットがうまくいかず、自分を責めている人はまずは「考え方」を変えてみよう。

<CONTENTS>
おデブの危険度レベルをチェック!
CHAPTER1 ダイエットのモチベーションを上げたいあなたへ
CHAPTER2 EICO秘伝のヤセるコツ【基本編】
CHAPTER3 心が折れそうなあなたへ
CHAPTER4 EICO秘伝のヤセるコツ【応用編】
CHAPTER5 ドカ食いがやめられないあなたへ
EICO’S Story 72kgのおデブがダイエットコーチになるまで

ダイエットコーチEICO
日本初のダイエットコーチとして、 マンツーマンで700人以上のダイエットを指導。自身も21歳のとき、1年でトータル20kgの減量を達成し、翌年、準ミス日本に輝く。主宰するオンラインレッスン「EICO式プライベートレッスン」では、リバウンド率ゼロをキャッチコピーに、徹底的なカウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット法をコーチングしている。特に下半身ヤセに定評がある。著書に『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセました』『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセましたPREMIUM』『Diet Note』『EICO式下半身やせメソッド』『ダイエットの教科書』『ダイエットが「ツライ」と思ったら読む本』『本当の美人は、あえてこれを選んでいる』などがある。

※掲載内容は変更になる場合があります。

むくみが足の臭いと夏太りを引き起こす!? TVで紹介された「夏のむくみ」解消法に「試してみたい!」と大反響


立ち仕事、座り仕事にかかわらず悩んでいる人が多いのが"むくみ"。ネット上には「仕事が終わると足がパンパン」「朝と夜で足首の太さが違う!」といった声も少なくありません。そんなむくみは、意外なことに汗をかきやすい夏に起こりやすいようです。

足の臭いに夏太り… 夏のむくみでトラブル続出

7月1日に放送された「サタデープラス」でも“夏のむくみ”を特集。夏のむくみの原因やむくみによって引き起こされる問題を紹介しました。

番組に登場した専門家が言うには、「夏はむくみを引き起こしやすい条件が揃っている」とのこと。夏は暑さによって血管が膨張し、血流の勢いが鈍くなります。その結果、血管から水分が染み出して足などが水分でパンパンになるのだとか。さらに、大量に汗をかくことによって、汗と共に水分代謝を調整する物質が流れ出てしまい、むくみやすさに繋がると紹介されました。汗をかくことで逆にむくみやすくなるという意外な事実に、出演者の田中美佐子さんも「えー! 逆だと思ってた」と驚愕し、視聴者からも「汗をかきさえすればむくまないと信じてたのに」「これは衝撃的な事実だわ」といった声がちらほら。

さらに番組では、むくみによって生じる厄介な問題を紹介。その1つがむくみで「悪臭」が引き起こされるというものでした。専門家が言うには、むくみによって足から“疲労臭”が出るそうなのですが、疲労臭にはアンモニアが混ざっており、洗ったところで臭いは消えないのだとか。疲労臭は雑菌などの臭いではなく、体内の老廃物によって引き起こされるため、体内から改善することが大事なのだと言います。

また、むくみを放置しておくと代謝が下がり、「夏太り」の原因にも。これにはネット上で「臭くなって太るって… 嫌なことばっかり」「アンモニア臭出ちゃうの!? むくみなんとかしたい」といった悲痛な叫びが上がりました。

むくみ解消に効く“あずき茶”ってなに?

ただ逆に言えば、むくみさえ改善できれば「臭い」と「夏太り」の両方を解消できるということ。専門家は「人体の60%は水分なので、むくみを解消すれば2~3キロ体重が減る人もいる」と説明。そこで番組が紹介したのが「あずき茶」です。むくみはカリウムの不足によって起こるのですが、あずき茶には大量のカリウムが含まれているとのこと。

作り方は簡単で、まず水洗いしたあずきの水気をとり、アルミホイルの上に並べて1,000ワットのトースターで5分加熱します。その後、あずきと水を器に入れてラップをかけ、500ワットの電子レンジで10分加熱するだけ。実際に出演者たちが試飲したのですが「香ばしくて美味しい」「甘みがあって飲みやすい」といった声が上がり、視聴者からも「あずき茶美味しそう! 試してみようかな」「レンジで作れちゃうなんて簡単でいいね!」という声が相次ぎました。

放置しておけば足が臭ったり、スタイルが崩れたりと良いことが1つもない“夏のむくみ”。美味しいあずき茶を飲んで解消できるなら、試さない手はないですね。


バナナはOK、プチ断食は!? 話題のダイエットを科学的に10段階で格付け!

 梅雨があけたら、いよいよ夏本番。肌を見せる機会も増え、二の腕やお腹の脂肪が気になる季節だ。“ダイエット”といえば、今も昔も女子にとって大きな関心事のひとつ。でも、星の数ほどあるダイエット法を色々試して結局挫折した、という人も多いのではないだろうか。

 そんなダイエット難民に光を与えてくれるダイエット本が発売された。『話題のダイエットを格付けしたら…』(岡田正彦/三五館)では、医学博士である著者が世界中の学術情報に基づいて、巷で話題のダイエット法を10段階で格付けしている。

 最高に優れているものは10点で、ダメなものは1点。評価のポイントは、「健康に悪影響がないか」「長続きできるか」、そして「痩せられるか」。ダイエッターは何より痩せることを最優先にしがちだが、体重が落ちても健康を害しては意味がないという著者の考えから、「健康への悪影響」を最も重視したという。

 早く高評価のダイエット法を知りたい!という人のために、「試みる価値がある」と判断されたダイエット法をいくつか紹介しよう。

■バナナダイエット……7点

 バナナに含まれる栄養素はバラエティに富んでいて、中でも「カリウム」は血圧を下げ、「食物繊維」の一部の成分は大腸がんや乳がんなどの予防にも効果が認められているという。ただ、健康維持に欠かせない「たんぱく質」と「脂肪」がほとんど含まれておらず、バナナだけを1日食べ続けては栄養が偏りがち。1日1食をバナナに置き換え、あとの2食はバランスよくとる、などの工夫をすれば許容できるダイエット法のようだ。

■レコーディングダイエット……7点

 食べたものとその量、体重と摂取カロリーを毎日記録するという行動を通じて、自分が食べているものの多さを自覚し、徐々にカロリー制限を意識していくというダイエット法。食べたものを記録することによって必要な栄養素がきちんととれているのか確認できるし、書くだけなら健康に害を及ぼすこともない。これからダイエットを始める人に、まず試してほしいダイエット法だという。

 ちなみに、多くの人が一度は試したことがあるであろうあのダイエット法は、まさかの低評価。

■低炭水化物ダイエット……3点

 ご飯やパン、麺類などの主食を減らし、不足分のカロリーをたんぱく質と脂肪で補うダイエット法。短期間で効果が出るため支持している人も多いが、健康面を考えた時に気軽に行ってはいけない方法だという。本書によると、低炭水化物ダイエットを長期間続けると「総死亡(原因を問わず調査期間中に死亡した人の総数や割合)」が1.3倍も高くなるというから驚きだ。短期集中で緊急度の高いダイエットに限ってのみ許容される、難しいダイエット法のようだ。

 さらに本書では、よく耳にする「プチ断食ダイエット」や「酵素ダイエット」の評価が1点という意外な結果も明かされる。その知名度が必ずしも良い評価には直結しないということだろう。

「簡単かつ健康的にやせられる方法はこの世に存在しない」というのが本書の結論。三大栄養素をバランスよくとりつつ食事の量を減らし、運動をする……というのが著者の推奨する正しいダイエットということなので、長い目で見た時、地道に努力するのが一番らしい。モデルのような体型に憧れて自己流のダイエットをしている人、一度本書を手に取ってみては?

流行りの「汗かきダイエット」のデトックス効果は?

 トレーニングをしてボディメンテナンスをするのは、現代美女の鉄則。そして「汗をたっぷりかく」ことも、美しい人たち皆が行っていることなのです。

 女優の黒木メイサさんは、オフタイムにはジムに行くことが多く、高温多湿の場所で筋トレや有酸素運動をして、汗をたっぷりかくのだそうです。

 また、女優の篠原涼子さんは、トーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系列)で、溶岩ホットヨガを行っていることを過去に披露していたことがあります。ホットヨガはまさに汗をたっぷりかきながら行うヨガです。

 とはいえ、汗をかくのがいいといっても、「汗をかいただけで安心してしまうのはちょっと違う」というのは、「35歳からのダイエット革命」(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)の著者で美容研究家の朝倉匠子さん。

 汗をかく=デトックスのイメージがありますが、実は、サウナやホットヨガなどによる汗がデトックス機能に占める割合はどんなにがんばっても3%程度なんだとか。ちなみに、デトックスの残りは、便が75%、尿が20%だそうです。

 汗をかくことがデトックスであることには変わりありませんが、その効果がたったの3%ということを意識して、トレーニングの内容にもこだわりたいものですね。

 ちなみに、汗をかいたらしっかりと水分補給も欠かさずに。水分補給は、ダイエットを成功させるためにも重要だそうです。

最新記事