新しい和食をたのしめる おいしくてかわいい和食のお店3選♡

日本の伝統食であり、世界遺産にも登録された“和食”。洋食やイタリアンなどの食べ物やレストランが増えて、朝食にはお米ではなくパンを食べる人も多くなっているなど、和食離れも心配されています。でも、和食って値段も高いし、自分で作るのも大変そう……。今回は気軽に和の料理やスイーツを楽しむことができる、フードショップ3選をご紹介します。

キーワードは「和」! 豆乳・きび砂糖を使用したヘルシーなジェラートショップ
ニューオープンする『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』は、 「もし、千利休が今の時代に暮らし、お客様をもてなすためのジェラートの茶室を作るとしたら…」というちょっと変わった発想から生まれたジェラートショップ。ショップ名にちなんで、2016年9月10日(土)の大安に渋谷ヒカリエに誕生します。

女性に優しい豆乳やきび砂糖をベースに使ったジェラートはカロリー控えめで、大豆の風味が広がる優しい甘さのジェラート。定番フレーバー12種類に加えて、日本の四季を感じさせる季節限定フレーバーもショーケースに並びます。

また、ジェラートの他にも、お口休めにもなる煎餅や、小麦粉を使わないヘルシークレープ、野菜たっぷりで話題のクレンズスープなど、洋を取り入れたフードも楽しめます。オリジナルブレンドのお茶や和雑貨も販売されているので、ジェラートを楽しみながら存分に和の世界に浸れますよ。

『Gelateria TIE-AN(ジェラテリア たいあん)』

オープン日:2016年9月10日(土)大安
時間:10:00~21:00
場所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F
Gelateria TIE-AN

四季折々の食材が楽しめる『自遊庵』で、きのこ尽くしの和食やスイーツを楽しむ
三越日本橋本店の食品フロアにある『自遊庵』では、季節に合わせた素材を使ったフードやスイーツ、ドリンクが用意されており、日本の食文化を五感で体感しながら楽しむことができます。2016年8月24日(水)~9月13日(火)の期間のテーマは「きのこ」。10種類のきのこを使って、それぞれの旨みや食感を最大限に生かしたメニューが登場します。

様々なきのことなめ茸のあんを絡めた贅沢なきのこづくしの「香りきのこの紙包み焼き御膳」、牛しゃぶ肉・サーモン・鯛などと一緒にきのこあんが楽しめる「手まり寿司~3種きのこの香味あん添え~」などの食事メニューは、メイン料理にスイーツまでついたフルセットメニューで旬の味を堪能できます。

また、こんにゃく寒天ゼリーとなめこシロップを合わせた「ぷるぷるきのこシロップで食べるこんにゃく寒天ゼリー」や、アールグレーの生地とローストホワイトマッシュルームを使ったタルト菓子のような「きのこクラフTea」などのスイーツもあるので、きのこの新たな一面を知ることができますよ。

『自遊庵』「きのこ」メニュー

期間:2016年8月24日(水)~9月13日(火)
時間:10:30~19:30
場所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 三越日本橋本店 本館地下1F
三越日本橋本店

東京都初登場! 名物“手かき氷”がカフェスタンド『櫻ノ茶屋』の夏季限定メニューに
“茶屋”をモチーフにしたカフェスタンド『櫻ノ茶屋』では、和の食材を使ったディップを組み合わせた「ジャパニーズフライドポテト」や、京都宇治のほうじ茶を使った和風フレーバーのソフトクリームが堪能できます。2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。

2016年8月1日(金)~2016年9月中旬までは夏季限定メニューとして、福井の老舗和菓子店「羽二重餅總本舗 松岡軒」がプロデュースした“手かき氷”を販売。東京都初登場となる名物かき氷です。
関連記事
最新記事