知ってると楽しい『通】学! 【サラリーマンサバイバル術】契約社員が無期雇用になれる? 契約期間が通算5年を超えた場合は労働契約を転換できる
fc2ブログ

 

【サラリーマンサバイバル術】契約社員が無期雇用になれる? 契約期間が通算5年を超えた場合は労働契約を転換できる

 【Q】 私は契約社員です。友人から「契約社員で働いた期間が長いと、無期雇用に変わる法律があるらしい」と聞きましたが、どういうことでしょうか。私も対象になるのでしょうか。(30代、製造業・男性)

 【A】 2013年4月の労働契約法の改正によって、反復更新された有期労働契約の期間が通算5年を超えた場合は、労働者が使用者に申し込むことで「期間の定めのない労働契約」に転換できるようになりました。同一の使用者との間で1回以上契約が更新されていること-が権利発生の条件です。

 対象となるのは、13年4月1日以後に締結された有期労働契約です。例えば、13年4月から同じ使用者と1年契約を毎年更新している人の場合、18年4月から申し込みの権利が発生します。3年契約を結び、再び3年契約で更新した人の場合は、すでに通算の契約期間が5年を超えているので、権利が発生していることになります。

 ただ、同一の使用者との間で契約を締結していない期間が一定以上あると、それが「クーリング期間」として扱われ、通算がリセットされる点に注意が必要です。

 無期契約への転換は、申し込んだときの契約が終了した翌日から行われます。その際の労働条件(職務、勤務地、賃金、労働時間など)は、特に取り決めがない限り、直前の有期労働契約の内容と同一となります。

 労働者から無期転換の申し込みがあった場合、使用者は法律上それを承諾したものとみなされ、断ることはできません。また、無期転換を申し込まないことを契約更新の条件とするなど、あらかじめ労働者に無期転換申し込み権を破棄させることはできず、そのような意思表示自体が法律上無効となります。

 労働者の雇用と生活の安定はもちろん、人手不足時代への対応という視点からも、経営者の方々には、国の支援策も利用しながら積極的に無期転換ルールを生かしていただきたいものです。

 法改正から5年が経過し、これから無期雇用への転換が増える一方で、権利発生を回避するための不当な雇い止めによるトラブルが増えることも想定されます。

 連合は9日から11日まで、パート・アルバイト・契約・派遣で働くみなさんのための労働相談ホットラインを実施しています。労働契約や賃金、労働条件など、ご相談に応じています。 (0120・154・052) (連合企画局・山根正幸)

 ■サラリーマンの相談に日本労働組合総連合会の専門スタッフがお答えします。はがきに質問、職業、年齢を明記し、〒100-8160 夕刊フジ報道部「サバイバル術」係まで。匿名でも受け付けます。
関連記事
おススメサイト
最新記事
QRコード
QR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリ
ランキング
リンク