幸せ呼ぶ猫神の呟き 全身がんから5年 樹木希林が辿り着いた“人生の達人”の境地
FC2ブログ

全身がんから5年 樹木希林が辿り着いた“人生の達人”の境地

「体調、悪いんですよ。だからこういうところに連れて来ないで」

 樹木希林(75)はこのほど、映画「モリのいる場所」の都内での完成披露試写会でそう語った。元気そうに見えるのは「瞬間芸で、皆が帰った後にガクーッとくる」のだと明かした。

 今月17日の夕方には、自宅の椅子に座りながら気絶、そのまま前方に転倒したそうで、額をぶつけた際のたんこぶをマスコミに披露。「首の筋も違えて、首が回らないの。お辞儀がしづらい」とあっけらかんと言って、記者たちを驚かせた。

 樹木が「全身がん」を告白したのが2013年。翌14年にがん治療を終えて以降も体調不良が続いているらしいが、毎年5月にフランスで開催されるカンヌ国際映画祭には今年も行く予定だそうだし、今も売れっ子で出演オファーが引きも切らない。

「約束は約束ですから。まぁ、生きている限りは来るかな」と、今後も呼ばれたら公の場にも顔を出すという樹木。さすがは大女優、プロ魂ともっぱらだ。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「樹木希林さんは怖いもののない方だと思います。何年も前のことですが、夜中に取材でご自宅へ伺ったことがあるんです。といっても、アポを取ってのものではありませんでしたから、ご自宅前にバンを止めて、ご帰宅を待たせていただいていたところ、知らず知らず、スタッフともどもウトウトしてしまった。トントンと車の窓を叩く音に目覚めて、寝ぼけ眼を向けると、希林さんが『もしかしたら私?』って。驚いてうなずくと『ごめんねえ。待っているの、知らないから』とおっしゃる。それでご自宅に僕らを入れてくださり、取材に応じてくださいました。申し訳ないやらありがたいやらで、感服いたしました」

■贈り物も不要なら「使わない」と断る

 お笑いコンビ元オセロの中島知子が豪華な賃貸マンションの家賃滞納を取り沙汰されたときは、そのマンションのオーナーが本木雅弘で、義母である樹木からの勧めで購入していたと報じられた。樹木が不動産投資や財テクにも目があり、たけていることが話題になったものだ。「お金のあるうちに買って、年金代わりに家賃収入を頂きなさい」とアドバイスしたらしい。

「大の倹約家でも知られ、03年に網膜剥離で左目を失明し、04年に乳がんで右乳房を全摘出して以降はほとんど服は買わず、古くなった靴下をはさみで切って雑巾にしたり、とことんまで使い切る。贈り物も、不要なものは『使いませんから』と断るそうです。なぜかといえば、死後に何も残したくないから。聞くと、樹木さん流の終活なんです」(週刊誌記者)

 城下氏がこう続ける。

「(夫の)内田裕也さんは希林さんに頭が上がらないと思いますよ。別居で自由に生きているようでいて、ハワイにコンドミニアムを買ってもらっていたり、大事なところでちゃんと支えてもらっている。また『全身がん』に対して、希林さんは共存し受け入れてしまっているように見えます。実に堂々としたものですね」

 神社に行っても、お参りはしない。「願い事がかなったら神様にお礼に行かなきゃ悪いじゃない。行けないかもしれないし」と話していたという樹木。どこまでも潔いというか、公私ともに人生の達人なのかもしれない。

 映画は伝説の画家、熊谷守一の94歳の夏の一日を描き、樹木は山崎努(81)と息の合った夫婦を演じている。5月19日公開というから、こちらも楽しみだ。
関連記事
最新記事
PR
       

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad