幸せ呼ぶ猫神の呟き セクハラの歴史。全てを失った男たちの事件簿

セクハラの歴史。全てを失った男たちの事件簿

複数の女性記者へのセクハラ疑惑が報じられた財務省の福田事務次官は、辞任することを明らかにした。記者団の質問に答えた福田事務次官は「週刊誌に掲載された私に関する記事については、事実と異なるものと考えており、裁判の中で争ってまいりたい」としたうえで、「私のことで、このような報道が出てしまったこと自体が不徳の致すところ。職責を果たしていくことが困難な状況になっているとわたし自身が考え、先ほど、麻生財務相に辞職を申し入れた」などと述べた。
.
一般に認知されたのは1989年

現在では、働く男女にとって身近な問題として考えられている「セクハラ」。とはいえ、この言葉が一般に認知されるようになったのは、意外と新しく、1989年の流行語大賞の新語部門を受賞したことがきっかけだった。なぜ、この年にセクハラという言葉が知れ渡るようになったのか。そこには、日本の職場環境を大きく変えることになる、ある事件があったのである。ここで、日本における「セクハラ」裁判の歴史を見てみよう。
.
最初のセクハラ裁判

日本における最初のセクハラ裁判は、福岡市内の出版会社に務めていた女性社員(34)が上司の男性編集長(40)と会社を相手に、慰謝料などの損害賠償を求めた事例である。この裁判を契機として「セクハラ」は全国的に問題視されるようになり、新語大賞も受賞することになった。原告の女性は、仕事ができることから職場では目立つ存在だった。女性を敵対視していた編集長は「結構遊んでいる」「お盛んらしい」「生活が乱れているから卵巣腫瘍になったんだ」「夜の仕事が向いている」など、中傷し続けたという。

1992年4月16日に下された裁判の判決では編集長の発言を事実認定。「原告の異性関係を中心とした私生活非難などが退職につながった」と事実上セクハラを認め、編集長と会社に165万円の支払いを命じた。多くの波紋を呼んだセクハラ裁判は、原告女性の全面勝訴で幕を閉じた。それまで多くの女性たちが目をつぶってきたことに初めて本格的にメスを入れたこの事例によって、日本におけるセクハラ問題は動き始めたのである。セクハラという言葉が浸透してから10年たった1999年、順風満帆な人生を送っていたのにも関わらず、セクハラ行為によって転落の一途をたどったのが故・横山ノックである。
関連記事
最新記事
PR
2

Designed by FC2ブログSEOテンプレート最適化. Powered by FC2ブログ

FC2Ad