小さな子どもがいる家でも飼いやすい犬種5選

飼う前にしっかり検討しよう

本当に犬のお世話まで出来るのか、子どもとの相性はどうなのか等、小さな子どもがいる場合は特に飼う前に検討しなければならない事項が多くあります。

また、どんなに攻撃性のない犬でも、小さな子どもに手荒な扱いをされた場合は噛んだり襲い掛かる可能性がありますので、より注意が必要になります。

そんな中でも犬を飼いたいと決心される方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方へ向けて

「人間が大好き」「忍耐力がある」「温厚」

などといった要素を持つ、小さな子どもがいる家でも飼いやすい犬種をご紹介します。

1.ラブラドールレトリーバー

愛嬌たっぷり、家庭犬に向いている犬種代表「ラブラドールレトリーバー」

何よりも人間が大好き。子どもや他の犬にもフレンドリーに接することができます。強い好奇心を持ち、賢く、社交性の高い犬種です。愛情深く、家族の役に立つことが大好きです。

しつけ

賢くやんちゃな面があるため、仔犬の頃からしっかりとしつけを行う必要があります。仔犬から飼育する場合、やんちゃでパワフルな仔犬の飼育は想像以上に時間を要すため、ある程度、子どもの聞き分けが利く年齢になってから飼育するのが望ましいかもしれません。

また、家族が大好きでコミュニケーションを欲するため、たっぷりと愛情と時間を注げるファミリーに向いています。大型犬としての運動量を満たすためにも、運動や遊びの時間は十分に確保しましょう。

2.シーズー

その愛らしい見た目と感情表現豊かな「シーズー」は家庭犬として人気があります。活発な面と落ち着いた面を持ち合わせています。家族に対しても愛情深く、他に犬やペットにもフレンドリーに接することができます。

しつけ

賢いためしつけはしやすいといわれていますが、頑固でプライドが高い面もあるため、しつけには配慮が必要です。叱りつけるのではなく、褒めるしつけで飼育してあげましょう。また、夏の暑さが特に苦手なため、飼育環境にも配慮が必要です。

小型犬ながらも活発なシーズには運動も必要です。30分ほどの散歩を1日1~2回は行きましょう。散歩以外にもおもちゃを使ってたっぷりと遊ぶ時間を確保しましょう。

3.ニューファンドランド

辛抱強く落ち着いた性格の「ニューファンドランド」
元は海で人間の漁を手伝う作業犬として活躍してきました。おおらかで愛情深く、特に子どもが好きだといわれています。アニメ『ピーターパン』にも子どもたちの乳母として登場していましたね。 家族と一緒に過ごすことに喜びを感じるため、たっぷりの愛情と時間を使って暮らすことができる家庭に向いています。

注意点

超大型犬らしく運動は相当量必要ですので、その点でも時間の確保が可能な家庭で飼育が可能です。また、超大型犬のため、犬に悪気はなくともちょっとした動作で子どもにけがをさせる可能性はあるため、十分に注意しましょう。

4.ゴールデンレトリーバー

フレンドリーな犬種代表の「ゴールデンレトリーバー」
人間に対する忠誠心が強く、温和で愛情深いため、子どもの相手もできます。

何よりも家族が大好きなので、寂しい思いをさせず、しっかりと犬とコミュニケーションが取れる家庭に向いています。

人や犬との触れ合いを強く求めるため、家族以外にも他の犬とのコミュニケーションの時間を確保してあげましょう。運動欲求を満たすためにも散歩の時間も相当量必要です。

しつけ

大型犬で力が強い上、幼くはしゃぐ面もあるため、仔犬の頃からしっかりとしつけを行いましょう。
無意識に怪我をさせることもあるため、小さな子どもがいる場合は目を離さないように注意しましょう。

5.トイプードル

そのかわいらしい見た目が人気の「トイプードル」は人間が大好きです。

小型犬の中でも賢い犬種といわれ、フレンドリーで温厚な性格で子どもとも仲良くできます。抜け毛や体臭が少ないといった点でも、小さな子どもがいる家庭で飼いやすいのではないでしょうか。

しつけ

賢い分、しっかりとしつけが必要です。また、活発で体力があるため、毎日十分な散歩と遊びが必要です。強い好奇心を満たすような遊びも取り入れてあげましょう。抜け毛は少ないですが、絡まりやすい被毛のため、できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。

まとめ

小さな子どもがいる家でも飼いやすい犬種として、「人間が大好き」「忍耐力がある」「温厚」といった要素を持っている犬種を紹介しました。なお、犬種としてはこれらの要素を持っているとしても、個体ごとに性格は違います。また、特に小さな子どもがいる家庭では、子どもにも犬にも配慮と注意が必要です。

犬を飼う際は犬の特徴や習性を理解して、自身の生活環境で飼育できるのかどうか考えて、家族に迎え入れてあげてくださいね。
関連記事
最新記事