幸せ呼ぶ猫神の呟き 不倫疑惑の上原多香子、無言で深々おじぎ4度 共演者におわび行脚も
                 


不倫疑惑の上原多香子、無言で深々おじぎ4度 共演者におわび行脚も

女性グループ、SPEEDの上原多香子(34)が12日、愛知・中日劇場で、出演舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」(18日まで)の名古屋公演の初日を迎えた。

 10日発売の女性誌「女性セブン」で、俳優、阿部力(35)との不倫が、3年前に夫でET-KINGのTENNさん(享年35)が自殺した一因だったと報じられて以来初の公の場。終演後の午後8時半ごろ、報道陣が集まった劇場の地下駐車場に現れた上原は、神妙な表情で深々と3秒間頭を下げ、騒動を謝罪。その後、「ひと言お願いします」「今の心境は?」の質問に答える代わりに3回続けておじぎをし、無言で迎えの車に乗り込んだ。

 関係者によると、上原は本番前に主演の森昌子(58)やA.B.C-Zの河合郁人(29)ら共演者の全楽屋をおわび行脚。「お騒がせして申し訳ありません。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と謝罪し、一部の共演者からは「何でも言ってね」と温かい言葉をかけてもらったという。

 公演では特に変わった様子もなく、河合扮する芸能マネジャーの婚約者役をコミカルに演じ、女性デュオ、ピンク・レディーの名曲「UFO」をノリノリで披露。昼の部は3回ものカーテンコールが行われ、総立ちの観客からの温かい拍手に「ありがとうございました」と感謝した。
関連記事
最新記事