幸せ呼ぶ猫神の呟き 週に一度はNG!タオルを洗濯すべき頻度のベストアンサー
                 


週に一度はNG!タオルを洗濯すべき頻度のベストアンサー

何日も使ったタオル、「汚れが付いていないから明日洗おう!」となりがちだけれど、目に見える汚れがないからからといって、何も問題ないかというと……それは残念ながら、大きな間違い!このアドバイスを参考にすれば、きれいに洗った身体にまたバイ菌がついてしまう心配はない。US版ハウスビューティフルからお届け。.

「湿ったタオルのなかで細菌はとても早く成長してしまう」とニューヨーク大学大学院医学部の微生物学者、フィリップ・ティエルノはBusiness Insiderに語った。また、バスルームは細菌が生きていくのに必要な水分、温かい温度、酸素のすべてが揃っており、細菌の繁殖スポットになっているのだそう。ということは、もしタオルを頻繁に洗わなければ、細菌がたくさん繁殖しているタオルで身体を拭き、身体にもタオルからの細菌が移ってしまうということになる。

では、どのくらいの頻度で洗えばいいのか?ティエルノと、グッドハウスキーピング研究所クリーニングラボのディレクターである、キャロライン・フォルテは3回使ったあとに洗うのがベストと回答。毎回タオルを使ったあと、完璧に乾燥させていれば、細菌を寄せ付けることもなく、また、洗濯のしすぎでタオルがすぐヨレヨレになってしまうという心配もない、ちょうどいい頻度のよう。

「でももし、タオルから何か変なニオイがするなら、どんなニオイでもそれは細菌が成長している証拠。そんなときはすぐに洗って」とティエルノ。もうひとつ避けておきたいこと、それはほかの人と同じタオルを共有すること。ほかの人の細菌が自分の身体に移ってしまうと、それが原因で皮膚の炎症を引き起こしたり、にきびや感染症の原因にもなりうる。

洗濯したあともまだ嫌なニオイが残るようなら、生地を傷めない程度の熱いお湯に、1~2カップのホワイトビネガーを入れて一度洗い、さらに洗濯洗剤でもう一度洗ってみて。それでもダメなら、それはタオルの替えどきかも。※この記事は、海外のサイト US版『ハウスビューティフル』で掲載されたものの翻訳版です。

関連記事
最新記事