核兵器保有国への軍縮要請、河野外相が意欲示す

河野外務大臣は国連の軍縮部門のトップ、中満国連事務次長と会談し、核兵器保有国に対して今後、軍縮を求めていくことに意欲を示しました。 「広島でも長崎でも核兵器禁止条約のことが被爆者の方をはじめ、ありましたけども、核兵器国と非核兵器国の間の橋渡しをしっかりやっていきたい」(河野太郎 外相)

 河野大臣は10日、核兵器禁止条約への日本の不参加が広島・長崎などで批判を受けていることを受け、このように述べたうえで、中満事務次長から核の不拡散だけでなく軍縮に向けた「働きかけ」の必要性を指摘されたことを受けて、「核兵器保有国に対しても軍縮を求めていくことも仕事だと思っている」と意欲を見せました。また、河野氏はこの日の参議院の委員会で、政府が核軍縮のために提唱した核保有・非保有国双方の有識者らによる「賢人会議」を被爆地の広島か長崎で開催することに前向きな考えを示しました。

 「我々はSDGs(持続可能な開発目標)達成に非常に関心がある。総理からも取り組みについて話があったと思うが、この課題を推進させたい」(河野太郎 外相) 一方、UNDP(国連開発計画)のシュタイナー総裁の表敬訪問を受けた際、河野氏は通訳なしの流暢な英語で応対。貧困や気候変動などの世界的な課題を含むSDGs「持続可能な開発目標」の達成に向けた日本の姿勢をアピールしました。

関連記事
最新記事