夜の病院、訳あり空室……業界別「コワ~い話」

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

8月1日のテーマは「業界別『コワ~い話』」でした。夏真っ盛り……この季節になるとやはり聞きたくなるのが「怖い話」。霊や超常現象が起こる舞台になりやすい場所に、病院や学校、タクシー、アパートなどがありますよね。本当にそういう場所では「何か」が起こりやすいのか? 今回はそんな場所で働く人たちにお話を聞いてみました。

業界別「コワ~い話」

【◆台場で出会った32歳の不動産屋勤務の男性】
かれこれ、4年前の話になるんですけど、今、千代田区で不動産を行ってるんですが、お客様で池袋方面で物件を探されてる方がいらっしゃいまして、とにかく安い物件をということで、事故物件でもいいからという条件がありました。探し始めて、30分くらいで「これは安いな」「何かあったな」という物件があったので、管理会社から図面を取り寄せました。

するとやはり、幽霊が出ると。それで入居者さんが全退去したと言われる物件がありました。お客様は「幽霊が出ても構わない。安いからこれにします。」と。その後、僕も心配になり、入居から1週間後にお電話をして「住み心地いかがですか?」と連絡したところ、「夜になると、勝手にシャワーから水が出るんですよね」と。1週間しか経ってないんですけど、3回もそういったことがありまして、管理会社に聞いたところ特に設備故障ではない。それから1週間目の夜に「ドンドン」とノックする音が聞こえたそうなので、玄関のほうに行ってみたところ、玄関の内側に女の子が座って泣いていたそうなんです……。僕は、それを聞いて鳥肌が立ちました。「退去しなくて大丈夫ですか?」と聞いたんですが、「今のところ害がないから大丈夫よ」と。

それから3ヵ月経ちまして、そのお客様から「引っ越ししたいんだけど」とご連絡が入りました。「何かありましたか?」と聞いたところ、「ついに、つかまれた」と。女の子に足をつかまれたと。その翌日ですね。アポイントをいただいたんですけど、足首を見せられまして、実際に痣の跡があったんですよ。それで僕も「すぐに引っ越しましょう」と、新しいお部屋を。今は別の場所にお住まいいただいてます。

【◆東池袋で出会った38歳のタクシー運転手の男性】
先日お乗せしたお客様から聞いた話なんですが……。夕方にタクシーを拾おうとして、手を上げたけれども女性のお客様が乗っているのが見えたから手を下ろしたと。でも空車表示になっている……。そしたらタクシーが停まってくれたんで「大丈夫?」と思って、運転手さんに話をして後部座席をよく見たら誰も乗っていない……。

それで話を聞いてみると、その運転手さんは2 年ぐらい前に彼女と別れたみたいで、運転手さんがフッたその彼女さんは知人の話だと亡くなったと……。だから、後ろに見えたのはその人なんじゃないかって……そういう話で結果を迎えたみたいですよ。私からは何も聞いていないのに、お客様がそんな話をしてきたので私もビックリしました!

【◆明大前で出会った30歳の病院勤務の女性】
以前、介護施設に勤めていたときのことなんですが、夜勤で、2人勤務だったんです。夜間巡視しないといけなくてフロアごとに巡回をしていて、エレベーターを使ってたんですけど、もう1人は仮眠中なのでエレベーターが動くはずはないのに、エレベーターホールに戻ったら、エレベーターがその階に止まっていないってことがありました。みなさん寝てるはずなのでそんなはずはないんですけど、エレベーターが勝手に動いていたので本当に怖くってどうしようかと思いました。暗いし、もうどうしよう!って、半泣きでしたね。

夜勤帯がやっぱり怖くて、誰もいないフロアで音がするなと思って行ってみたら、テレビが勝手についていたりとか。そういうこともありました。ほかの看護師さんからも、霊安室のほうから音がしたっていうのは聞いたりしますね。やっぱり霊がいるんじゃないかなって思うことは多々あります。

【◆半蔵門で出会った41歳のラジオ局勤務の男性】
番組の収録で霊感の強い方がゲストで来ていて、収録の最中に音声がふっと消えたんですね。そしたらそのゲストの方が、「子どもがいて、機械をいじってる」と。音声が消えたあとも「もうそろそろ音が復帰するよ」ってその方が言ったら、本当に復帰したんですよ。コンプレッサーっていう機械をどうもいじってたらしくて、その後また収録していたら、また音がふわっと消えて。

その後、機材トラブルが起きたら一応上に報告しないといけないので、コンプレッサーがおかしかったですっていう話をして、「原因はなんだ?」って言われたので「心霊現象」って言ったら、「お前は馬鹿か!」って言われました。

【◆田町で出会った20歳のレストラン勤務の女性】
私が新宿のレストランで働いていたときの話なんですけど、お店は2つのフロアに分かれていて、先輩と私でパーティ後の片付けをしてたんです。個室のカーテン越しに女性の影が見えたので、「あ、先輩が手伝ってくれてる、後でお礼を言わなきゃな」と思って片付けを進めてたんですけど、片付け終わった後に、「先輩、さっきはありがとうございました! 手伝ってくださいましたよね」とお礼を言ったら、「え? 私、ずっとこっちにいたよ……」と……。後で思い出すと、先輩の髪は肩ぐらいの長さで、私が見た女性は腰ぐらいの長さの方でした……。後日、ほかの先輩方に聞くと、同じような女性を同じところで見た、という方がたくさんいました……。

その後にも不思議な現象がたくさんあったんです。弱火で付けた火がいきなり強火になったり、誰もいない場所でいきなりシャンパングラスが割れたり……。ついには怪我や体調不良まで訴える子が出て来たので、お祓いをしました。その後、その女性の霊を見かけることや不思議な現象は起きなくなったんですけど、お祓いをしてくれた方は、詳しく話してくれなかったんです。あの霊は、一体何だったんでしょうか? お祓いしてもらった後も怖いなと思いながら働いてたんですけど、今でも心配ですね。

【意識すると見えてくる?霊や超常現象】
堀内貴之は「それぞれの業界にはこういった怖い有名な話があるものですけど、夏ということでそういう話を聞くのも良いのではないかと。普段は忘れているけれど、実はずっと背後にあるのかもしれないこうした現象。意識すると見えてくるものも、あるのかもしれない」とコメント。

怖い話を聞くと、緊張状態となることで体が防衛準備に入り、肌の血管が収縮し外気との気温差を感じやすくなり、寒く感じるのだそう。聴いているうちに部屋のエアコンを消してしまう、そんなオンエアとなりました、

関連記事
最新記事