幸せ呼ぶ猫神の呟き 枕カバー、交換すべき頻度のベストアンサー
                 


枕カバー、交換すべき頻度のベストアンサー

ベッドリネンを変える頻度はもうみなさんご存知の通り、週に1回がベストアンサー。この頻度なら、細菌(バクテリア)を発生させず清潔な眠りをキープできる。では、枕カバーも同じ頻度でOK?意外な回答とその根拠をUS版『エル・デコ』からお届け。

オーストラリアの掃除の専門家、シャノン・ラッシュによると、枕カバー(ピローケース)はもっと頻繁に、1日おきに交換すべきなのだそう。

ラッシュは「枕カバーは2日に1回、必ず変えるべき!」とオーストラリアでNO.1のニュースサイト、news.com.auに語った。またその理由を、「眠っている間、枕は常に私たちの顔や頭に接しているからよ。特に髪の毛は身体のどこよりも汚いはずで、モップみたいに埃や汚れをからめとってしまうのよ」と話した。

「ほとんどの人は枕カバーを適切な頻度で洗っていないみたい。とても残念ね。眠っている間、皮膚から出てくる古い角質が枕カバーにくっ付いて、それが蓄積されると毛穴の黒ずみの大きな要因にもなってしまうの」。

眠っている間、シーツと枕カバーにはバクテリアや古い角質、カビ、ダニなどがどんどん蓄積されていってしまう。とりわけ枕カバーに蓄積しやすく、これは皮膚だけでなく、身体の健康にもよくないことは明らか。私たちがシミのないツルツルのお肌をキープするため、スキンケアに高いお金と多くの時間を費やしていたとしても、8時間もの就寝の間ずっと汚い枕で寝ていては、そのしっとりお肌も台無しになってしまう。

前回行われた調査では、1週間に一度ベッドリネンを洗う人は全体のたった42%。36%の人は2週間に一度、15%の人は1カ月に一度しかシーツを洗わないというアンケート結果を鑑みれば、1日おきに枕カバーを変えている人は多くなさそう。

枕カバー、あなたはどれくらいの頻度で洗ってる?
.
※この記事は、海外のサイト US版『エル・デコ』で掲載されたものの翻訳版です。

関連記事
最新記事