幸せ呼ぶ猫神の呟き 「口臭い!」と思われないためにしておきたい4つの口臭対策
                 


「口臭い!」と思われないためにしておきたい4つの口臭対策

口臭対策できていますか?

あなたは自分の口の臭いに自信がありますか?大抵の人は自信がないでしょう。たとえ口臭のキツイ人と会話していても、面と向かって「口臭いよ」とは言いづらいですし、また言われたくないものですよね。

堂々と会話をするためにも、口臭を防ぐ対策は是非とも実践したいところですが、そうは言っても生活習慣まですぐに見直すのはなかなか大変ですよね。

効果的な口臭対策はコレ!

では具体的な口臭対策をご紹介します。

【歯と歯の隙間を掃除する】
歯や口の中を清潔に保つことは、口臭対策では必須です。口の中の細菌は寝ているときに繁殖するので、夜寝る前と朝起きた時の歯磨きはとても大切。このとき気をつけたいのは、歯と歯の隙間の汚れです。歯磨きをしていても口臭が残る人は、隙間の汚れが残っている可能性があります。フロスや歯間ブラシを使ってしっかり汚れを落としましょう。

【口の中で舌を動かす】
口臭の原因のひとつは口内の乾燥ですが、舌を動かすことによって分泌される唾液で口臭を抑えられる方法があります。上下の歯の外側をぐるぐる円を描くように数回舌を動かすと唾液が出てきますので、これで口内を湿らせるとある程度口臭を抑えることができるそうです。

【ガムを噛む】
応急的な対策としてガムを噛むというのも効果が期待できます。これはガムを噛むことで出される唾液が口臭を抑えてくれるからなのですが、特にミント系のガムは唾液の分泌量が多くなると言われています。ただし、あまり香りの強い甘いガムは、口の中の臭いと混ざってしまって、余計に臭ってしまうこともありますので、口臭対策には向いていません。

【胃の臭いを抑える】
そもそも原因が歯や口の中ではなく、胃の状態にあるという人もいます。普段の食生活の見直しも必要ですが、胃が原因の人には、アロマオイルやハーブエキスなどが配合されたサプリメントが効果的。直接胃に作用するため、臭いのキツイ食べ物のあとに飲むのもおすすめです。

生活習慣の見直しはなかなかすぐにはできませんが、こうした対策を取り入れながら口臭予防するのも一つの手。キレイな息で楽しい会話に水を差さないようにしたいですね。

関連記事
最新記事