生徒のSNSに文科省が指針策定 多発するトラブルを弁護士が解説

レイ法律事務所、弁護士の高橋知典です。

現在、SNSトラブルは、大人の間でも非常に多い問題であり、学校内でも遅ればせながら運用指針が設けられることになりました。

学校問題を扱う中で、近年非常に増えているのがSNS、ネットトラブルです。 SNS、ネットトラブルは、子供たちが簡単に加害者にも被害者にもなります。

その原因と考えられるのが、周囲の大人の絶対的なネットに対する知識不足による指導力の欠如です。

■多発する「なりすまし」犯罪

子供がやりがちな行為で、最近多いのが「なりすまし」です。 友人のIDやパスワードを使って、本人になりすましてアクセスしてしまうことがあります。

例えばツイッターやLINEで、本人のアカウントを使って発言をしたり、本人にしか見えないはずのログを見て、いたずらに使うことがあります。

しかし、こうした行為は、不正アクセス禁止法に該当する行為であり、「三年以下の懲役又は百万円以下の罰金」になることもあります。

■SNSでの脅迫も多い

また、よく報道されるのが、SNS上での脅迫です。

子供たちは日常の会話で、簡単に人の生き死ににかかわるような発言をします。 しかし、そうした言葉遣いがかろうじて許されているのは彼らが子供だからであり、一般の社会人としてその言葉を使うと、到底許されないことがあります。

そうした事実がわからないままに、一般の社会人と同じ評価を受ける場所で執拗に激しい言葉を書き込み、結果として処罰を受けてしまうこともあるのです。

■誤った知識からの性的行為も

(高橋弁護士)

さらには、ネットで得た偏った知識を使って、性的な行為を子供同士でしてしまっていることさえあります。

ネットで得られる性の情報は非常に偏った情報であることがありますが、大人であれば偏っていると分かることも、子供にはわかりません。

結果として買春の被害に遭ったり、リベンジポルノや、大人も思わずひくような行為をしていることがあります。

■「絶対禁止」の弊害も

学校も親も、指導の仕方がわからず、子供に対してSNSやネットの「絶対禁止」か、「完全な放置」をすることが多いと考えられます。「完全な放置」が危険なのは明らかですが、一方で「絶対禁止」も弊害が大きいといえます。

近年の世界の成功者のほとんどがIT関連の業種であり、今後、子供たちが大人になっていく世界では、SNS/ネットを使えることは、英語が話せる以上に必要な知識になる可能性があります。

それにも関わらず、「絶対禁止」では、親世代の不勉強で、子供たちの生きる力を削いでしまうといわざるを得ません。

現在のSNS・インターネットの普及状況などを考えると、親が話しづらい性の知識についても隠しておくことはできません。

だからこそ、ネットの使い方も、性の知識も、家庭や学校でしっかりと話し合いをしていく必要があるといえます。

関連記事
最新記事