女性貧困の連鎖 夜の世界へ偏見なくすことが重要とNPO代表

 加計学園疑惑を告発した文科省の前事務次官・前川喜平氏の「実地調査」で一躍注目を集める「出会い系バー」。働く女性、通う男性、それぞれの思惑が交差して、今宵も店内には人間の欲望が露骨に渦巻いている。どのような仕組みで、彼女たちはいくら稼ぐのか。「交渉現場」で見えてきた、現代女性と売春の最前線。

 新宿の『A』や『M』など、複数の出会い系カフェで女性に話を聞いた。家庭環境、経済事情などは様々だが、突き詰めると「金がない」が出会い系バーに通う大きな理由になる。女性の貧困問題に詳しいNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」理事長の大西連氏が語る。

「近年は夜の仕事のハードル自体が下がっています。ネットやSNSでいくらでも求人が出てきますから。お店側も女性が集まらないと困るので、表向き働きやすい環境をつくる。飲食無料とかね。若い世代で夜の世界への抵抗感が薄れている」

 あゆみ(仮名)は、店に行くのは週1~2日。これで月15万~20万円稼いでいる。

「テニサーの連中なんか、やりまくりですよ。とっかえひっかえ。それと何が違うんですか? 男はHできて嬉しい。私はお金もらえて嬉しい。被害者がどこにいるの。ノルマもなければシフトもない。効率を考えたら最高でしょ」

 こう語るあゆみは、この風潮の最先端にいる女だといえる。みんなやってる、効率がいい、どこに被害者がいる――という発想だ。

 続いてのアイ(仮名)は、「アタシは絶対、地獄に落ちる」と力なく笑う。出身は横須賀市。高校2年生の時、製薬会社に勤める父親が鬱病になり、自殺した。生命保険は私立大学に通う兄の学費に充てられ、母はスーパーのパートに働きに出た。

関連記事
最新記事