結局、男性目線で「イイ女」ってどんな女性?

TVで人気の女優さん、ハリウッドセレブ、はたまた職場で尊敬している女性の上司…みんな、とっても素敵な「イイ女」ですよね。でも、よく男性目線と女性目線で「イイ女」は違うとも言います。

結局「イイ女」ってなんなんでしょうか?男性目線でモテることを意識しているのも何だか違うし、キリッとし過ぎているのもモテなさそうだし…男性からも女性からも慕われる「イイ女」はどんな女か、ご紹介します!

身だしなみ清潔感

よく「どのファッションがモテるのか?」という論議がありますよね。可愛い系なのか、キレイ系なのか、これはキレイ系とは言えない、実は可愛い系はモテない…意見は尽きませんが、男性にとって大切なのはそこじゃありません。「身だしなみが整っていること」「清潔感があること」ただそれだけ!花柄の服でも無地の服でも、大差はないです。しわくちゃだったら「モノの扱いが雑なんだな」という印象になるだけ。

服だけじゃありません。化粧が厚くて派手だと汚らしく見えますし、髪がパサついてて色もムラがあるなんてありえないですよね。
常識の範囲内なら好きな服を着て心配はありません。清潔に保てることこそ「イイ女」の必須条件!

品格

身だしなみの整った清潔な女性でも、行動が伴わなければ意味はありません。座る時に手足がだらしない人、肘をつくのがクセな人、言葉遣いが雑な人…こういう品のない人ってやたら目に付きますよね。そこが気になると、どんなに身なりが良くてももうマイナスな印象にしかなりません。

「イイ女」の第一歩として、最低限、多くの人に笑われたり蔑まれてしまいそうな言動・振る舞いをしないよう日々心がけましょう。
また、オフィスや人の家など知っている人の目があると、人は無難に振舞いますが、街中や電車など、誰も自分の事を知らない場所ではだらしなくなってしまいがちです。
品のない人を見かけた時、「あれはないわ~」って思った人こそ要注意。今一度自分のことを思い返してみてください。

気配り

清潔な見た目、品のある行動は人としても大切な要素なので守れるかもしれません。しかし、「イイ女」として差をつけるなら、「気配り」を身に付けましょう!といっても、むやみに皆にお菓子を配ったり「何でも相談のるからね!」と言いまくることはNG。

気配りを身に付けるなら、まずは周りにアンテナを張る、周囲の状況を読み取る力を付けましょう。例えばオフィスで、自分の仕事がひと段落した時、同僚が困っていたら「手伝おうか?」とスッと言えるとか。例えば後輩が書類とにらめっこしたままで手が動いていなかったら「何かわからないことある?」とスッと言えるとか。

ちょっとしたところで頼りになる人こそ、気配りのできる女性ではないでしょうか。自分も仕事ができるし、状況を読んで出来ることは手伝える人…自分の近くに居たら最高ですよね。

理屈では分かるけど…

いかがでしたか?こんなの当たり前じゃんって思いますよね。でも「嘘をつかない」「人の嫌がることをしない」などの、当たり前だけど実践は難しい事ってありますよね。それらと同じだと思うんです。わかっちゃいるけど出来ない事を出来る、だからこそ「イイ女」なのではないでしょうか。

関連記事
最新記事