疲れ目を感じたらすることランキング  

仕事や趣味でパソコンと向かい合ったり、ゲームやテレビ、スマホの画面を見る時間が続いたり…。

現代人の生活には何かとつきものの疲れ目。今回はみんなが疲れ目を感じたときにすることを聞いてみました。

1 目薬をさす
2 しばらく目を閉じる
3 マッサージをする
4 目を温める
5 遠くを見つめる

1位に選ばれたのは《目薬をさす》でした。手っ取り早く目に爽快感やうるおいを与えてくれる目薬は、疲れ目を感じる人にとってのマストアイテムと言えそうです。

目の回りの凝り固まった筋肉をほぐしてくれるものからコンタクトレンズ対応のものまで様々な種類の目薬が発売されており、清涼感もスカッとするクール系から刺激の少ないものまで多種多様。

ロート製薬のサイト内にある「ぴったり目薬サーチ」では清涼感や効能・効果で一番適した目薬を探すことができるので、どの目薬を選んで良いのか分からないときは参考にしてみては?

 2位には《しばらく目を閉じる》が選ばれました。

目を閉じることで目の表面の乾きがなくなるだけではなく、目のあらゆる組織を休ませることができるのだそうです。

簡単に試すことができるのも魅力のひとつですよね。3位は《マッサージをする》でした。

疲れ目のマッサージ方法はネット上でも多く紹介されているので、参考にしてみるのも良いかもしれません。

目の周りには多くのツボがあり、デリケートな部分でもあるので「力を入れずに優しくマッサージ」がポイントのようです。




関連記事
最新記事