幸せ呼ぶ猫神の呟き 「写真を売る」副業で年収700万円の秘密 アマがプロに勝つ!稼げる写真の条件

「写真を売る」副業で年収700万円の秘密 アマがプロに勝つ!稼げる写真の条件

東証1部上場の金融会社に勤めていた竹内正人さん(40)が、本格的なデジタル一眼レフカメラを初めて買ったのは2006年だ。それから約8年。竹内さんは今、「写真を売って」生計を立てている。直近の月収は約80万円にも上る。年収1000万円プレーヤーとほぼ同等だ。

 驚くのは竹内さんがつい最近まで会社員だったこと。アマチュアカメラマンながら、一流企業サラリーマン並みの収入を副業で得てきたのである。今年10月、竹内さんは19年勤めていた会社を辞めた。1人のプロカメラマンとして生計を立てていく――。いわゆる脱サラだ。

 ところが竹内さんに聞くと「私はもともと写真好きでもなんでもなくて、今もそう」。つまり、写真好きが高じたワケではないという。そんな竹内さんが、どうやって月収80万円を稼ぐようになったのか。

 始まりは2007年5月。写真投稿サイト「PIXTA」(ピクスタ)にクリエイターとして登録したのがきっかけとなる。

 当時のピクスタは2006年に産声を上げたばかりのベンチャー企業。プロ、アマ、本業、副業を問わず一般から広く写真の素材を集め、それを一般に公開して商用目的で利用したい企業などに販売するというネットサービスである。風景や個人、動物など写真の内容はさまざま。

たとえば旅行会社がパンフレットに使う風景写真として買う、求人サイトが募集職種のイメージカットとして利用する、フリーペーパーのワンカットで掲載する、などといったような使われ方をされている。

 写真の素材をピクスタに投稿するのがクリエイター。クリエイターはピクスタが販売した売り上げのうち一定分を報酬として受け取る。竹内さんは2013年に1214万円分の写真をピクスタ経由で売り、報酬は年収換算で約700万円に上った。

現在、ピクスタに登録する約14万人のクリエイターの中で4位。1~3位は本業のプロカメラマンなので、副業でやっているアマチュアカメラマンとしてはトップの実績となった。

 ピクスタにはクリエイターから集まった約900万点の写真が投稿されている。竹内さんはこれまでに3万8000点の写真を投稿。登録当初の報酬は月7000円だったが2年後には月10万円程度まで増え、それから順調に伸ばしてきた。

 当初は京都に住んでいたこともあって、風景写真の撮影から始めた。だが、会社員として土日しか活動できないし、天気が悪ければ撮影そのものができない。

「風景は趣味で写真を撮っているような方が、すごいカメラを持ち込んでやっている」のを見て、風景で勝負することはやめ、モデルを使った人物中心の写真を撮っていく方向に切り替えた。

 竹内さんは「技術うんぬんよりもどんな写真を購入者が欲しがるか。売れるテーマをとことん探る。どの企画がどれだけ売れたかもデータベースをつくって把握する」。自分の趣味のために撮るのではなくて、顧客志向でのマーケティングを徹底的にやる。それが竹内さんの強みといえる。

 「カメラの性能が高くなっているので、大した技術がなくてもそれなりの絵が撮れる」と謙遜するが、そんなことはない。竹内さんが今年、東京都心部に購入したマンションは、部屋の一角をまるで写真スタジオさながらに整え、プロ用の機材が一式ずらりと並ぶ。

「撮影のコストを削れるとしたら場所代」ということで、自宅を拠点に活動している。そこにピクスタの協力で派遣されるモデルを呼び、売れ筋となりそうなテーマのシーン、カットをどんどん撮っていく。奥さんの全面的なアシストもある。

 「勤めていた会社に定年まで働いたとして会社員として稼げるお金はざっと1億3000万円ぐらい。でも、ピクスタで頑張れば今後10年で2億円ぐらい稼げる可能性がある。だから専業でやろうと決めた」。竹内さんは言う。ピクスタの業績動向に依存するリスクはあるものの夢物語でもない。

 ピクスタは創業からの8年間でクリエイターに総額12億円超の報酬を支払っている。クリエイターのうち、竹内さんに次いで売り上げが大きいアマチュアカメラマンの2013年販売実績は826万円。アマチュア5位で489万円だ。

 ネットを生かして個人のスキルを募り、ビジネスとする代わりに報酬をその個人に払うという新たな個人ビジネスは、ピクスタに限らない。クラウドソーシングサービスを手掛けるランサーズやニコニコ動画(ニワンゴ)のクリエイタープログラムなどだ。竹内さんのようにそれらをうまく活用すればアマチュアでもプロをしのぐことが可能な時代になった。

 ただし、あくまでプロと同じ舞台に立てるだけであって、本当にプロに勝てるアマチュアはどの世界でも一握りしかいないだろう。それは竹内さんの徹底ぶりに見て取れた。

筆者の取材に同行した風間仁一郎カメラマンは「腕前や手法はプロカメラマンそのもの」と評した。さまざまなテクノロジーの発達もあり、個人が大きな力を発揮できる時代になったとはいえ、「素人が片手間で大儲けできる」というような甘い話は転がっていない。

関連記事
最新記事