幸せ呼ぶ猫神の呟き お金持ちがハマる!「500円貯金」の魅力とは?

お金持ちがハマる!「500円貯金」の魅力とは?

■ズボラな人でもお金が貯まる!500円玉貯金とは
「お金持ちやマネーの専門家には、“500円玉貯金”をしている人が多いんです」そう断言するのは、『ズボラな人でも500円玉貯金が貯まるすごい方法』の著者で、マネーコンサルタントの市居愛さん。

“たかが小銭貯金でしょ”などと侮るなかれ――。500円玉貯金は、「実に奥深い貯金法」だと市居さんは語気を強めます。かくいう彼女自身もその魅力にハマったひとり。たった3年で100万円を達成しています。お金の初心者はもちろん、マネーのプロたちをも虜にするそのワケはいったいどこにあるのか。そこには大きく4つの理由が挙げられます。

■その1)貯まる速度がはやい!毎日貯めれば1年で18万円
500円玉は世界でも1、2を争う高額なコイン。毎日貯め続ければ、1か月で1万5000円、年間で18万円にも! 貯まったお金で欲しかったものを手に入れるもよし、それを元手に新たな構想を練るもよし。夢が広がります。

■その2)貯まる様子が実感できるからモチベーションが続く
多くの場合、貯金=銀行預金。しかし、それだと貯まっていく様子は、通帳上の数字でしか分かりません。一方、自分の手元で管理する500円玉貯金は違います。実際にお金に触れ、目で確認し、貯金箱にガチャリと落とす。貯まっていく様子がリアルタイムで実感できるのが大きな特徴です。「増える様子が目で見えて実感できるからモチベーションが持続しやすいんです」

■その3)手軽にスタートでき、いつでも調整が可能=「自由度」が高い
銀行で貯金を始めるには、資料を集めて比較したり、口座を開りといった手間がかかるもの。しかし、500円玉貯金なら、思い立ったその日にスタートできる。自分で貯めるスピードをコントロールすることだって可能です。「お金がない時は少なめに、頑張れる時にはハイペースと、家計の状況に合わせて自分の手で調整できるのが魅力です。始める手間も貯めるスピードも自由自在。もっとも気軽な貯金法といえます」

■その4)ゲーム性にハマる! 脳トレ感覚で取り組め、認知症防止にも
500円玉でお釣りが出るように頭を働かせながら買い物をすることで、ゲーム感覚で楽しみつつ、お金が貯められます。

「どうすれば500円玉をより多くゲットできるのかをミッションにする。レジでの支払いを工夫したり、買い物の際に意識するなど、ゲーム感覚で取り組むことで、楽しみながらいつの間にか貯金が増えていくという良い循環が生まれます。また、認知症の初期は計算が出来なくなることから、予防を兼ねた脳トレとしても効果があると思います」

さらに、500円玉貯金を習慣にすることで、「貯まる体質」を作ることも可能だと市居さん。

「500円玉という小銭と日々向き合うことで、お金に対する意識が高まるはず。それにより、自然とやりくりを工夫するようになり、結果的に無駄遣いが減っていきます」

教えてくれたのは……市居 愛さん

1976年生まれ。株式会社マザーミー代表取締役。会社員時代に体調を崩して退社したことをきっかけにお金について考えるように。それにより、稼ぐことより、お金の通り道を整えることが一番大事だと実感し、2016年に『お金を整える』を出版。現在、主婦をメインにお金の悩みを解消するコンサルティングや起業支援アドバイスなどを実施。最新著に『ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法』(サンマーク出版)。

関連記事
最新記事