“殺人アリ”が日本上陸…しかし、凶暴「ヒアリ」に残酷な天敵がいた!

強毒の「ヒアリ」が神戸港のコンテナヤードから見つかったことを受け、国交省は全国の自治体に、主要港湾内に「ヒアリ」がいないか調査するよう求めました

中国から上陸「殺人アリ」とは
絶対上陸させてはいけない殺人アリ!

「ヒアリ」は南米原産の赤茶色の小型のアリで、体長は2.5mm~6mm。スズメバチと同じくらい強力な毒を持ちます。 腹部にある針で刺されると火傷のような激しい痛みが生じ、アレルギー反応によって死に至ることもあります。ハチのように刺した後に針が取れることはないため、続けて7~8回相手を刺すことが出来ます。

「ヒアリ」は相手を問わず攻撃し、しかも集団で襲ってきます。ネズミや爬虫類などの小さな生き物なら、集団で食い殺してしまいます。人体や自然環境に大きな影響を及ぼすことから、世界各地で大きな問題となっています。
.
多くの生命を奪い、経済にも大打撃が

「ヒアリ」の毒への反応は人によって大きく異なり、軽度から重度まであります。重度の場合、アナフィラキシーショックを起こし、生命の危険を伴います。「ヒアリ」の毒には、ハチの毒との共通成分があるため、ハチに刺されてアレルギー反応をおこした経験のある等、ハチ毒アレルギーを持つ人は特に注意が必要です。アメリカでは「ヒアリ」の被害が年間8万人以上に上ると報告されており、うち100人以上がアレルギー反応によって亡くなっています。

農業への影響も深刻で、多種多様な作物を食い荒らします。また電気に引き寄せられる性質を持ち、電気設備に侵入し破壊することもあります。「ヒアリ」がアメリカ経済にもたらす損失は、年間で数千億円に昇るのです。
.
天敵のいない国で大増殖!

南米中部が原産ですが、現在では北米はじめ、フィリピン、中国、台湾、タイ、オーストラリアなどの環太平洋諸国に定着しています。北米には、原産地の南米の5~10倍のヒアリが繁殖しているとされます。

なぜ、そんなに広範囲に定着してしまったんでしょうか?

「ヒアリ」の原産地;ブラジル・アマゾンには、天敵や他の攻撃的なアリ等が生息し、「ヒアリ」だけが生態系を変えるほど増えることはありません。しかし、人間がライバルのいない別の土地に「ヒアリ」を運んでしまったことから、「新天地」で大増殖を始めたのです。

無敵の「殺人アリ」に残酷な天敵がいた!

近年、アメリカ農務省農業研究局が、「ヒアリ」の天敵を利用する新たな対策に乗り出しています。その天敵とは、アマゾンなどに生息するノミバエというハエ。ノミバエは「ヒアリ」が出すフェロモンを検知して、「ヒアリ」の巣を発見します。そして、腹部のトゲを「ヒアリ」の体に突き刺して、一瞬で200個の卵を産み付けて寄生させます。

孵化した幼虫;ウジムシは、「ヒアリ」の体液を吸って成長。そして「ヒアリ」の頭部に向かってゾロゾロ移動します。

幼虫が「ヒアリ」頭部に入ると、今度は「ヒアリ」の脳を食べながら、酵素を分泌します。その結果、頭部内はドロドロに溶かされ、ついには「ヒアリ」の頭部がはポロリと転げ落ち、落ちた頭部の口から、たくさんのノミバエの成虫が現れる…。まるでSFホラーの様相ですが、アメリカの一部の州では、既に導入されているそうです。

■高山哲朗先生 監修
平成14年 慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院、北里研究所病院、埼玉社会保険病院等を経て、平成29年 かなまち慈優クリニック院長。 医学博士。日本内科学会認定医。日本消化器病学会専門医。日本消化器内視鏡学会専門医。日本医師会認定産業医。東海大学医学部客員准教授。予測医学研究所所長

関連記事
最新記事