幸せ呼ぶ猫神の呟き ワンパターンのエッチが劇的に変わるコツを、達人に聞いた

ワンパターンのエッチが劇的に変わるコツを、達人に聞いた

長く付き合っているカップルや夫婦の悩みといえば、夜のマンネリ化。そこで、ちょっとした工夫で情熱を取り戻す方法を、その道の専門家に聞いてみた。ぜひ彼氏・夫にもさりげなく読ませて、チャレンジしてみてください。

◆初心者でもできるソフトSMで劇的に変わる

「ソフトSMをうまく取り入れるだけで、味気ないSEXを劇的に変えることができるんですよ」

 こう話すのは、SM愛好家である作家の三葉さんだ。

「本格的なSMに抵抗のある初心者でも取り入れやすいのが、言葉責めや羞恥プレイです。言葉責めと聞くと多くの男性は勘違いして、AVで使われるような淫語を使いがちです。ですが、貶す言葉ではなく、『可愛いね、キレイだね』と愛でる単語で責めるべき。

 羞恥プレイはその行為自体ではなく、恥ずかしがっている表情を見る・見られることで、男女の気持ちを昂らせることに意味があるんですよ」

 また、拘束プレイでは、適度な不自由さを与えることがポイントだとか。

「手の自由を奪われると、人は恐怖心を抱きます。まずは足首だけ縛るようにしましょう。手を縛るときも、いきなり後ろ手ではなく、体の前で縛ってください。

 慣れてきたら後ろで縛るのもありですし、足首と太股を縛ってM字開脚にするなどアレンジも面白いでしょう」

 縛る道具も縄ではなく、タオルやネクタイなど身近な物を使うと相手も安心するという。また、SM効果を高めたいなら目隠しプレイをオプションに付け加えるといいそう。

「視覚を遮断すると、触覚や聴覚など別の感覚が鋭くなる効果がある」(三葉さん)ため、感度が高まるという。

◆ソフトに楽しむ2大プレイ

<拘束プレイ>
 タオルやネクタイで女性の両手首を縛る。女性に口だけでオーラルをさせたり、男性が後ろから抱きかかえるように女性の乳首を愛撫するのもあり。「普段亭主関白でS気質な男性は、ときにはM役になり、男女の立場を逆転させてみてください。その違和感も楽しいはず」

<羞恥プレイ>
 姿見(鏡)の前でのSEX。女性が鏡をつかんだ状態でのバックか、座位がオススメ。女性が、自分のあられもない姿を見られるように、全身が映る姿見が望ましい。

【三葉さん】
作家。SM愛好家でもある。初心者向けSMガイドブック『身体も心もボクのもの はじめてのSMガイド』ほか、「30歳の保健体育」シリーズ、『コスプレックスのススメ』など著書多数

関連記事
最新記事