幸せ呼ぶ猫神の呟き ヒアリ見つけたら…絶対触らず通報

ヒアリ見つけたら…絶対触らず通報

Q ヒアリの特徴は?

 A 体長2・5ミリ~6ミリ程度で、体の色は赤茶色。ヒアリと似ている在来種もいるため、専門家が見なければ断定するのは難しい。農耕地や公園などの開けた環境を好み、高さ15~50センチ程度のドーム状の土の巣(アリ塚)を作る。

 Q 見つけたときは?

 A ヒアリは攻撃性が強く、毒針で積極的に刺してくる。絶対に触らず、環境省の地方環境事務所など専門機関に通報する。

 Q 刺されたときは?

 A やけどをしたような、激しい痛みが走る。ヒアリの毒への反応は人によって異なるので、パニックにならず、20~30分程度安静にして様子をみる。

 Q どのような症状が出るのか?

 A 軽度の場合は刺された部位が痛くなったりかゆくなったりする。中度では刺されてから数分~数十分後に刺された部分を中心に腫れが広がり、全身にかゆみを伴うじんましんが現れることがある。重度の場合は急激にアレルギー症状が出る重篤なアナフィラキシーショックを起こし、呼吸が苦しくなったり意識を失ったりすることも。症状は急速に進み、処置が遅れると死亡することもあるので早急に病院で受診する。

関連記事
最新記事