幸せ呼ぶ猫神の呟き “重曹”ひとつで3役も!?梅雨の簡単「足の臭いケア」3つ

“重曹”ひとつで3役も!?梅雨の簡単「足の臭いケア」3つ

ただでさえ憂鬱な梅雨の時期。雨が降ると足元が濡れてパンプスもずぶ濡れ。1日にコップ1杯分と言われている足の裏の汗も一緒になって、パンプスの中は細菌が繁殖しやすくなります。

そんな時に気になるのは足の臭い。そこで消臭効果はもちろんのこと、美容効果も期待でき、安価な上にスーパーなどでも購入することができる優れものの「重曹」を使った、足の臭いの対策についてご紹介いたします。

■「重曹足湯」で足の臭いケア

洗面器に、ひと肌程度のぬる目のお湯をはり、小さじ1〜2の重曹を入れて混ぜます。10分くらい足をつけたら石鹸で足の指1本1本を丁寧に洗いましょう。
重曹の効果で消臭だけではなく、足全体の角質ケアにも効果的です。

■簡単!「重曹シューキーパー」レシピ

消臭効果と湿気対策も兼ねた、重曹シューキーパーは簡単に作ることができます。捨てる前の靴下やストッキングを利用するのも◎

シューズキーパーの作り方

1.二重にしたお茶のパックに重曹を半分くらい入れる。
2.いらなくなった靴下に、重曹入りのお茶パックを入れ、リボンなどで結べば出来上がり。
お好きなエッセンシャルオイルがあれば、重曹に数滴入れてもいいですね。

■ストッキングを「重曹」で洗濯して臭いすっきり!

重曹足湯で使った重曹入りのお湯に、洗濯前のストッキングを5〜10分漬け込みます。その後は、軽くしぼり洗濯します。

帰宅後、まずはパンプスに重曹入りシューキーパーを入れ、バスタイムの前に重曹足湯、重曹足湯が終わったら、洗濯前のストッキングを重曹足湯の中につけ置きし、お風呂で足指を丁寧に洗う。この時期の足の臭い対策の参考にしてみてください。
パンプスは2〜3足をローテーションで履く、パンプスのローテーションが難しい場合は、中敷を2〜3枚準備し、毎日変えてみるといいですね。

職場では、可能であればスリッパなどに履き替え、蒸れを感じたらストッキングを履き替えるなどすると効果的です。ぜひ試してみてください!

関連記事
最新記事