幸せ呼ぶ猫神の呟き 子どもに罵声「豊田真由子議員」的な母親
                 


子どもに罵声「豊田真由子議員」的な母親

豊田真由子衆院議員の罵声に対し「もしかして、自分も?」とおびえる女性がいる。特に子育て中の母親たちは「なんで言うことを聞かないの!」とキレた結果、子どもを萎縮させることになり、自己嫌悪を抱きがちだ。噴き出す怒りをどうコントロールすればいいのか。ムック『プレジデントFamily 日本一わかりやすい小学校受験大百科 2018完全保存版』で、アンガーマネジメントについて取材した担当編集者が解説する――。

■子どもに罵声「私は『このハゲーー!!』の豊田議員と同じ?」

男性秘書への暴言暴行で、自民党を離党した豊田真由子衆院議員。

「ハゲーーー」「違うだろーーーー!」。ドカドカッ(蹴る音)

『週刊新潮』(6月29日号)が記事とともに公開した音声を聞いて、罵声の風圧(?)の強さに驚いた人は多いだろう。特に男性は、「あれはひどい」「怖すぎる」とおびえているかもしれない。

私は男性とは違う意味でおびえた。

自分だって、子どもに怒っている時……もっと正直にいえば、キレてしまっている時、程度の差はあるにしろ(と願いたい)、似たようなものかもしれない、と。

バイオリニストの高嶋ちさ子さんは、母親から「次はあなたよ」と指摘されたと自身のブログに書いている。ふだんから「キレキャラ」で鳴らしている高嶋さんだから、「巻き込み事故」としながらも、「人のふり見て、我がふり直そう」と自戒した。高嶋さんだけでなく、子どもを怒りすぎてしまったと悔いたことのある母親なら、豊田議員の言動はさすがに行き過ぎと思ったとしても、わが身を振り返って、一抹の気まずさ、申し訳なさを感じた人もいるのではないだろうか。

怒りをコンとロールできない人は人間関係を破壊する怒りのコントロール(アンガーマネジメント)は、社会生活を営むうえで大切なスキルだ。これがうまくできないと、職場や家庭の人間関係を決定的に破壊し、積み上げてきたものも水の泡となる。豊田議員もプロフィールを見れば、勉強や仕事に励んできた姿が浮かぶ。やったことを見れば同情の余地はないが、同性として残念な気持ちがぬぐえない。

だからこそ、人は怒りをコントロールしたいとアンガーマネジメントに注目するのだろう。書店にはノウハウを紹介する本や雑誌がたくさん並んでいる。

■「大切なのは、怒りを否定してはいけないこと」

取り扱いに苦労する怒りという感情。どうすれば上手にコントロールできるのだろうか。

「怒らない魔法のような方法はない。大切なのは、怒りを否定しないこと」

精神科医の片田珠美先生はそう語る。

プレジデントFamily編集部では、別冊ムック『日本一わかりやすい小学校受験大百科 2018完全保存版』のなかで、「わかっているけど怒ってしまう人のために お受験中の母が絶対叱らないための10の方法」というアンガーマネジメントの特集を組み、片田先生を取材した。

小学校受験は「わが子によりよい教育を与えたい」という親の思いから始めることがほとんどだ。だが、幼児を相手にさまざまな課題を教えるのは難しいため、ついキレてしまう。萎縮するわが子を見て、なんで怒ってしまうのだろうと悔やむお母さんがたくさんいるのだ。

この取材で最初に片田先生に言われたのが、上記の「大切なのは、怒りを否定しないこと」という言葉だった。

子どもにキレる人は「母子一体感が強すぎる」「怒りとは、『自分にはうまくいっていないことがある』『問題がある』という大切なサインです。それを無理に抑え込んだり、気づかぬふりをしたりすると、いつしか爆発してしまう。この爆発を防ぐには、自分の中にある怒りを認めて、その理由と真摯に向き合うことが大切です。逆説的ですが、『怒り』を大切にすることで、表出方法をコントロールできるようになるのです」(片田先生)

「怒りを大切にする」といっても、もちろん、豊田議員のように感情を野放図にぶちまけることではない。自分は怒っている。マグマのような感情が湧き出ている。まず、自分が怒っていることに気づいて、認める。そして、湧き上がってくる怒りの原因は何なのかを考えて、本質的な問題解決に取り組むことをいう。

「たとえば、母親が子どもに必要以上にキレてしまうのは、自分の思い通りにならないことに対するいら立ちです。子どもを思い通りにしたいと考える深層心理には強すぎる母子一体感があります」

母子一体感とは、文字通り子どもと自分が一心同体のように感じる心理だ。子どもがまだ小さく、親の世話を必要としている時期に、母子がこのような心理状態になるのは、ある意味、自然なことである。しかし、その度が過ぎると、子どもにも意思があるということを忘れてしまう。

「特に、高学歴でバリバリのキャリアウーマンのようなお母さんは、子どもができない理由がわかりません。子どもの失敗が自分の経歴に傷をつけるように感じ、怒ってしまう。逆に劣等感があって、子どもで挽回したいと思っている親は、子どもへの要求が過度になりがちです。もし、心当たりがあったら、怒りの原因は強すぎる母子一体感にある可能性が高い。まずは、『子どもは自分とは別人格』と認めることが第一歩。こう思えるようになるだけで、かなり冷静になれるはずです」

■原因を理解するだけで、怒りはかなり鎮火できる

怒りの本質に向き合うと、見えてくるのは自分の未熟さや身勝手さだ。

ヒステリックに声を荒立てるのは、自分の思い通りにしようと子どもを脅しているにすぎないとわかる。わかれば、申し訳ないという気持ちになる。片田先生は言う。

「自分が何に怒っているのか、きちんと理解できるだけで暴発はかなりの部分で防げるのです。逆に言うと、表面的には穏やかに見えるけど内心は怒っているというタイプの人も、無意識に自分の怒りから目をそらしているので、同様に問題を抱えやすい。怒りが頭痛や吐き気などの身体症状として出ます。あるいは、意図しているのか、いないのかはわかりませんが、やるべきことをしないとか、相手が困るようなミスをするという形で怒りを出すこともあります。こうした方法も人間関係を壊し、結局自分に返ってきます」

「ごめん、ママ、かなり怒ってる。

ぶち切れて鬼になると思う」豊田議員がキレたのは、元秘書の男性が必要な資料を用意しなかったり、バースデーカードの宛先を誤って送ったりしたことが原因だったと伝えられている。もしかしたら、こうしたミスも本当は元秘書の抑え込まれた怒りによって、起こったことかもしれない。いずれにしても、豊田議員が自分の「怒り」に真摯に向き合って我が身を振り返り、罵倒された相手の「怒り」に気づいたりすることができれば、このようなことにはならなかったのではないかと思う。

私は片田先生への取材直後、深く反省した。ところが、少し時間がたち、子どもが言うことを聞いてくれない状況が訪れると、相変わらず怒ってしまう。カッとなってしまう。自己嫌悪してしまうが、それでも以前よりは、怒りを意識できるようになったと思う。次のように予告できるようになったからだ。

「ごめん、ママ、いま、かなり怒ってきている。あと3回言っても聞いてくれなかったら、ぶち切れて鬼になると思う」

すると、「鬼は勘弁」とそそくさと動いてくれる子どもたちだ。

今回取材した特集ページ「わかっているけど怒ってしまう人のために お受験中の母が絶対叱らないための10の方法」では、片田先生のほかに幼児教室のメリーランド教育研究所の大野啓子所長に話を伺った。「怒りを上手にコントロールできた親は、小学校受験で合格を引き寄せられる」と大野所長。理想論でない、使えるテクニック満載だ。

ぜひ、お手にとってご覧いただきたい。
----------
片田珠美さん
精神科医。大阪大学医学部卒業後、京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス・パリ第8大学でラカン派の精神分析を学び、DEA(専門研究課程修了証書)取得。『他人を攻撃せずにはいられない人』『なぜ、「怒る」のをやめられないのか 「怒り恐怖症」と受動的攻撃』など著書多数。
----------
(プレジデントFamily編集部 森下 和海)

関連記事
最新記事