口コミサイトで最悪評価の居酒屋の衝撃的ヒドさ!ドリンク届くまで10分、驚愕の料理…

アベノミクス効果で景気上昇といわれる近年だが、飲食業界の激安競争は水面下で継続中のようだ。

 さて、激安プランの代名詞といえば「飲み放題」だろう。全国各地の居酒屋をインターネットで検索しただけでも1000~1500円を相場とした飲み放題が数多く見受けられる。

 しかし、「破格」「出血価格」などの謳い文句に惹かれ入店したばかりに、手痛い目に遭ったという声がSNSや大手グルメサイトを中心にインターネット上で多く上がっているのも事実だ。

 例えば「飲み放題でも『グラス交換制』だから、まとめて注文できず、おかわりに10分以上も待たされた」「ホームページのコース料理は見栄えもボリュームもあって期待したが、いざ出てくると質や量に大きな差がある」など、激安居酒屋のひどいありさまを確認することができる。

 そこで昨今の激安居酒屋にまつわる風説を突き止めるべく、グルメサイトで辛口評価が多い東京の某繁華街にある居酒屋チェーン店に潜入取材を敢行。同店に対するコメントは、「『少々お待ち下さい』と言われてから、ずっと放置された」「生ビールがぬるい」などで、総合得点は5点満点中2.0とかなり低い。

●やはりドリンク提供には遅延が発生

 土曜日の夜7時に3名で入店。実は予約した店舗は別の店だったのだが、満席だったのか同じビル内で別のフロアにある別名の店舗に通された。どうやら姉妹店のようだ。

 その案内された店舗のホームページを見ると、「風情ある個室」と謳っているのだが、後付けのふすまで強引に仕切られた約3畳の部屋や、当たり前のように私服で接客する女性店員、うっすらと漂う下水臭など、出だしから飲食店としてマイナスポイントだらけ。

 しかし、「見た目で判断してはいけない。もしかすると料理や飲み物のクオリティーは高いのかもしれない」と気持ちを切り替えた。頼んだプランは「2.5時間飲み放題付・コース料理7品」で一人3480円だが、ネット予約クーポンを提示し、一人当たり2480円と格安料金となった。

 さっそく一杯目に生ビールを注文しようとしたところ、生ビールは飲み放題メニューに入っておらず、生ビールを飲み放題に加えるには、さらに315円必要だった。

 ホームページには記載されておらず、予約時にもアナウンスが一切なかったため店員に訴えたが、「これが当店のシステムです」の一点張りで、にべもない。

生ビールも注文できると思い込んでいたので、事前告知のなかった出費を必要としたのは当然イメージダウン。…

とりあえず、全員315円加算し、ファーストドリンクには生ビールを注文。それから生ビールがテーブルに到着するまでは約3分。

 最初は問題ないかと感じたが、2杯目は注文してから提供されるまでに7分30秒を要した。嫌な予感は的中し、さらに3杯目は10分以上たっても出てこない。

店員に提供遅延の理由を尋ねても、「上の階(当初入店を希望していた店舗)に団体客が入っており、スタッフがそちらの対応に回り人手が足りていない」という腑に落ちない説明をするのみ。ドリンク待ちの状態で刻一刻と時間が過ぎていく。

●粗末なコース料理、忘れられたシメのチャーハン

 当日のコース料理は、長さ4cm、直径3cmほどの小さめな生春巻きからスタートしたが、ライスペーパーを十分に戻しておらず硬い。シーザーサラダは大皿にどっさり盛られ、一見するとボリューミーだが、よく見ると90%近くがレタス。

また主観ではあるがドレッシングの酸味がきつく、お世辞にもおいしいとは言えない。

 3品目の枝豆には塩味がなく、3つしか出てこなかった唐揚げはコンビニエンスストアのホットスナックを思わせる小ささだ。次に登場したのは、甘い醤油だれがかかったイカの丸焼き。このあたりは特に問題もなかったのだが、最後にトラブルが発生した。

コース料理は7品の予定だが、なぜか6品目にデザートが届いたのだ。

 幅2cm、直径4cmの小さいロールケーキを食べながら、本来の6品目に来るはずのチャーハンが抜けていることを店員に告げると、水気を多く含んだ卵かけ御飯のような代物が慌てて届けられた。

 最終的に2.5時間で届いたドリンクは計12杯(1人4杯)。普段のペースならば2.5時間で最大10杯は飲める筆者からすれば、その半分以下しか飲めなかったことになる。

 料理と4杯のドリンク、サービス内容に照らしてみれば、とても激安とはいえず満足度も当然低い。

「お得」とはほど遠く感じられた。これならお酒も料理も、味・量ともに優良な居酒屋で飲み放題を付けずに注文していたほうがよっぽどよかったというのが個人的感想である。

 余談だが、途中、本当に上階の系列店に団体客が入っているのか確かめにいくと、約3組6~7人しか客は確認できなかった。見に行く前に帰った可能性も考えられるが、やはりどこか解せない。

 国内でもトップクラスの居酒屋激戦区にもかかわらず、このような惨状。口コミサイトに掲載されていた評価は事実だった。

関連記事
最新記事