【旅の必需品】1つで10役!ハンドクリームが想像以上に便利すぎる

ハンドクリームは手だけにしか使えないと思っていませんか?
実はいろんな「困った!」を助けてくれる万能アイテムなのです。

日常はもちろん、荷物を少なくしたい旅先では必需品といえるハンドクリームの、知られざる使い道をご紹介します。

1 普通にハンドクリームとして

まずはもちろん、ハンドクリームとしていつものように。

2 靴磨きに

本革の靴も人の皮膚と同じ。少量を布にとり、つや出しに使えます。合皮やスエードの靴には使わないようにご注意! いただきもので刺激が強すぎたり、香りが気に入らなかったりしたものも、靴になら気にせず使えますね。

3 鏡を拭く

あまりつけるすぎると拭き取るのが大変なので少量で! ホコリもつきにくくしてくれます。

4 シールはがしに

はがしたいラベルやシールにハンドクリームを塗り、数分放置。軽くこすり落とせばきれいにはがせます。

5 切れなくなったハサミに

ハサミの刃部分にハンドクリームを塗り何度か動かします。「刃がかみ合うときの音が変わったな」と思ったらクリームを拭き取ってみてください。切れ味がよみがえりますよ!

6 髪の保湿に

ヘアクリームの要領で髪に浸透させるように。お風呂上がりの半乾きのときがおすすめです。
静電気で髪が逆立ったときも有効ですよ。

7 クレンジング代わりに

あくまでクレンジングがなかったときの応急処置ですが、ハンドクリームでくるくるとマッサージして化粧を浮かせ、拭き取り&洗い流せばOK。敏感肌の人はパッチテストを忘れずに。

8 乾燥対策に

化粧の上から保湿したいときに。手にハンドクリームをなじませて、両の頬を覆うようにして浸透させます。
オフィスでの乾燥対策にもよいですよ。

9 シェービングクリームとして

すべりがよくなるので処理しやすく、保湿も期待できます。

10 静電気防止に

ハンドクリームをつけると、冬の「バチッ!」とくる静電気を防止できます。手でストッキングやタイツをなでればスカートのまとわりつきも防止できますよ。

化粧水や乳液ほど水分が多くなく、クレンジングやリップクリームほどべたつかない。そして手頃な価格で手に入るハンドクリームならではの活用法でした!どんなときも鞄に1つ、入れておきたい必需品ですね。

関連記事
最新記事