覆面パトカーが速度違反の取り締まりで潜む場所

交通機動隊の覆面パトカーはトヨタの200系クランが主力。ルーフ上に赤色灯が出てくるフタがあったり、フロントグリル内に前面警告灯があったりしますが、外観はほとんど一般車と見分けがつきません。このため、覆面パトカーが速度違反の取り締まりで潜んでいる場所を知っておくことが大切です。

覆面パトカーの速度違反取り締まり

覆面パトカーの速度違反の取り締まりは後方から勢いよく飛ばしてくる違反車と、いかにして巡り合うかがポイント。そこで、よく潜んでいる場所が第1通行帯を走る大型トラックの前や、本線を見下ろせるパーキングエリアの出口付近です。とはいえ、速度違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更はしません。第1通行帯を走りながら違反車との距離を詰めていきます。違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感だからです。速度違反車を追尾距離に捕らえたら追い越し車線に入り、真後ろに付いて速度を合わせて測定開始。違反車は130km/hや140km/hを出しているもの。毎秒35m以上進みますから、200mの追尾も6~7秒もあれば測定は終了します。

覆面パトカーの簡単な見分け方

道路は各車がバラバラに走っているように見えて、実は集団を形成しながら走っているもの。覆面パトカーはその集団に潜んでいることもあります。そして、集団を抜け出そうとするクルマや、後方から追い付き抜く違反車を取り締まるのです。スピードが出やすい本線が見渡せる脇道も、覆面パトカーが潜んでいる場所のひとつ。交通の流れを読みつつ、エンジン音などで速度違反を判別します。タイミングを合わせて追走して、あっという間に速度測定するのです。そんな覆面パトカーの簡単な見分け方が、追い抜くクルマの車内の様子。青い制服の隊員が2人乗っていたら交通取り締まり用の覆面パトカーです。交通機動隊員も「知識があるドライバーは横に並んだ瞬間にこちらを見て、速度を落としてゆっくりと第1通行帯へ入っていく」ということも多いといいます。

関連記事
最新記事