叱らずどんな親でも出来る!わが子を「自分からやる子」にするためのテクニック

親が子どもに対して持つ願望と言えば「約束したことは守って欲しい」「自ら気付いて行動して欲しい」「良い行動を身に付けて欲しい」ですが、それら全てを叱らずとも自らしてくれるようになれば、そんな嬉しいことはありませんよね。子どもの自主性を育てるためには、子ども自身の力だけでは足りず、親の力、つまり親子関係が重要だと言われています。

では、どんな子どもとの関わりが子どもの自主性を育てるのか。今回は、奥田健次著『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本』を参考に、子どもの自主性を育てるためのちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。このテクニックはどんな親でも叱らず出来るものです。子どもに自主性を身に付けるために、どうすればよいか悩むママ達の参考になればと思います。

約束事は積極的に作らない!守って当たり前!

毎日学校から持ち帰る宿題や、習い事の宿題など、親としてはおやつや遊びの前に済ませて欲しいと思うことがたくさんあるものです。そんな親の願望を押し付けるかのように「宿題は遊びの前に済ませる」といった約束事を子どもとの間に作っている家庭は多いですよね。子どもが約束をちゃんと守った時は大袈裟に褒めたくもなりますが、約束事とは本来、守って当たり前のものです。

約束を守ったからといって褒めていると、褒めることが次第に少なくなり、守らなかった時だけ叱るようになってしまいます。それはまさに警察の取り調べと同じようなものですから、そうならないためには、守った守らなかったのコミュニケーションを繰り返すのではなく、ちゃんと出来たことを見逃さず、気づいて認めてあげることです。

そして、同書の中で奥田さんは、わが子の成長や自立を促すためには「ルールが必要」「ちゃんとやらせる経験が大事」だとする親の考えこそが、わが子を「横ばい人間」にするとも指摘しています。約束事に対する子どもの行動について厳しく叱っていると「約束したことさえちゃんとやっていれば叱られない」という考えが根付き、それが習慣化されてしまうと、言われたことしかやらなくなり、合格ラインギリギリのことだけやって叱られることを回避するような「横ばい人間」に。

叱られることを避けるために行動しているのか、それともその行動自体が楽しくて行動をしているのかの違いが、現在を含め将来の子どもの行動を大きく変えます。ですから、約束事は守って当たり前。約束事は積極的には作らず、横ばい人間にならないよう、子ども自らの行動を信じ、出来たことに対して認めてあげる姿勢が大切ですね。「なんで出来ないの?」ではなく「じゃあ、どうしたらいい?」

子どもが何度言っても出来ない時、どうしても口にしたくなるのが「何で出来ないの?」ですが、子どもは「何で?」と言われ続けても何でなのか分かりませんし、言われ続けることによって変わりもしません。子どもの行動を変えたければ、具体的な行動を示すことが大切です。「じゃあ、どうしたらいい?」と問いかければ、子ども自身も「こうだったら出来るのではないか」と考えますし、親からも「じゃあこうしてみようか!」と具体的な提案を打ち出してみたら子どもも「出来るかもしれない」と納得するかもしれません。子どもが出来そうな行動を具体的に示すことが、子どもの自主性を育むポイントです。

良い行いは教えるものではない!自分で身に付けるもの

子どもに良い行いを身に付けさせるために「教えよう」と考える親は多いですが、本来、良い行いは教えるものではなく、自ら身に付けるものです。教えて指示をしてやらせてしまうこと自体が子どもの自主性を奪ってしまうことになります。自ら考え行動したことに対して親から本気で褒めてもらえば、喜びを感じ、満足感や充実感を得て育っていくため、そうして育った子どもは、大人になってからも自主的に行動し、ぐんぐん伸びていくものです。ですから、子どもの自主性を育むためにも、良い行いは「教える」のではないことを意識しましょう。

アメとムチではなく、アメとアメなしが良い!

子育てには「アメとムチ」が必要だと考えがちですが、アメだけでは勿論ダメですし、ムチだけでも子どもはモチベーションが上がりませんから、子どもの自主性を育むことには繋がりません。「アメとムチではなく、アメとアメなし」とは、つまり叱ってはいけないということ。そのかわりに、アメを失うという経験をさせるということです。出来なかった時は「ダメじゃないの!」と頭ごなしに厳しく叱るのではなく、「残念だったね」とひと声掛ければ、子どもは喪失感を抱えます。つまり「楽しみをもらいそびれた、残念、悔しい!」という経験をさせることが、次の行動を変え、自主性を育むことに繋がるのです。

まとめ

このように、子どもの自主性を育むことと、親子関係とは密接な関係があることが分かります。出来ない子どもにイライラし、叱ってばかりいても子どもには何も響きませんし、子どもの成長にとって何もプラスにはなりません。また叱る行為は、叱る側も叱られる側も良い気はしませんから、叱るだけ損だということです。叱りなしで、子どもの自主性を育む環境づくりを意識してみませんか?

関連記事
最新記事