結婚式披露宴のご当地あるある

日本全国、いろんな土地で、結婚式に出席したことのある人も多いだろう。その中で招待されるエリアによって、さまざま違いがあることに気づいた人も多いのではないだろうか。その地域では当たり前に行っていることでも、実は他の地域では考えられないこともある。

株式会社A.T.bridesは、同社が運営する「すぐ婚navi」にて、エリアによる結婚式の違いについて調査したレポートを公開した。調査の結果、他の地域では考えられないことも多々行なわれていることがわかった。


 まず「ゲスト一人当たりの費用はいくらかかりましたか?」という質問の結果、日本三大都市が含まれるこの3つのエリアは東海の費用が少し低いものの、ほとんど差が出ないという結果に。全国平均の費用は3万4474円だった。

会費制が多い東北が3万1687円、ゲスト数が多い九州エリアは3万1250円という結果から、この3つのエリアの結婚式はゲスト一人当たりの金額が多いようだ。

 次に、費用の中身について「結婚式でお金をかけた項目は?」と聞くと、どこのエリアも料理に一番お金をかけたという結果に。今まですぐ婚naviで実施してきたアンケートでも「ゲストにおもてなしをしたい」「ゲストに喜んでほしい」と料理を重視する人がよく見られる結果に。面白いのが料理以外の項目だ。

「派手婚」とよく言われている東海は「衣装」「引き出物」にお金をかける人が関東・関西よりも多い結果に。東海はお色直しの回数・引き出物の品数が全国とくらべて多いといわれているので納得の結果だ。

ちなみに、披露宴の衣装で「色打ち掛け」を着た人の割合が多いのも東海。関東・関西が「色打ち掛け」を選択された人が17%程度に対して、東海は29.2%と多い結果になった。

また、関東で特徴的なのは「写真・映像」「演出」。思い出として残せるものや、ゲストと楽しい思い出を作りたいなど、思い出を大切にされているのかもしれない。

「親族の人数を教えてください」という質問では、他のエリアに比べると、東海は親族を20名以上人数招く割合が一番多く約半数という結果に。東海にお住まいの新郎新婦は、結婚式に対して「親族へのお披露目」という気持ちが強く、地元を離れず親族が近くに住んでいるということが関係しているのかもしれない。

次に各エリアで嗜好に変化はあるのかを調べてみると、「どんな演出を行いましたか?」という質問では、どのエリアもキャンドルサービス、テーブルフォト、ブーケトスが人気の結果に。その中で、関東は「ブーケトス」東海は「テーブルフォト」関西は「キャンドルサービス」が1番人気という結果になった。

 関東では、「生演奏」や「ルミファンタジア」と呼ばれる光の演出が他のエリアより人気が高く、他エリアよりも新しいものがすきなのかもしれません。東海エリアは一般的な演出とは別に「菓子まき」と、愛知特有の演出を答えた人が多かった。エリア特有の演出は面白い。他のエリアの演出はどうなのか?

茨城県
「白無垢で、手漕ぎ船に乗り川を渡り、旦那さんの待つ場所に行く潮来花嫁」

長野県
「披露宴のお開き前に万歳三唱」

香川県
「披露宴でうどんが出る」

山口県
「花嫁が早くその土地に腰を据えられるように、と地域のお地蔵さまを担いで持ち寄る風習があります。先月行われた結婚式では出し物としてお地蔵さまを1体だけお借りしてお化粧をし、『生き地蔵』がそれを持って神輿に担がれるなどしました」

福岡県
「祝いめでた という博多山笠の歌を最後に歌う」

長崎県
「和洋中どの料理を選んでも、長崎のしっぽく料理の名残で『尾ひれ』と言うお吸い物を、必ずコース料理の前に食べる習慣がある」

沖縄県
「大きな舞台で余興を盛大にやり、最後はカチャーシーで締め!笑」
「余興がすごい かぎやで風という琉球舞踊は必須」

注目すべきは、広島県。

「ケーキのファーストバイトはお好み焼きのヘラを使った!」「新郎へのファーストバイトが宮島のでっかいしゃもじ」と、ファーストバイトのスプーンをご当地のものに変えるのが人気なようです!演出はエリアそれぞれ特色があるということがわかった。

次に気になるのが引き出物。数もエリアによって様々で、結婚式が派手といわれている愛知県のように「3品にしないといけなかった」「引き出物は3種類」と3品以上がよいとされる文化と間逆で「会費制なので、引き菓子のみが主流です」という会費制の東北地方や沖縄の方の意見もあった。

引き出物の中身もエリアによって違いがあったので紹介すると、

富山県
「鯛の形のかまぼこ。式後の年末は妻の実家から夫に鰤1本丸ごとのお歳暮を贈る。それを夫は半身を妻の実家に、半身を親族等に分けるという文化があります」

新潟県
「松の葉と言って、新郎新婦の名義で出される引き出物がありました。松の葉というのは名刺代わりだそうです」

石川県「加賀五色生菓子」

香川県
「丸い甘い粒の菓子、おいりさん」
鹿児島県
「薩摩切子」 

 また、具体的な店名では、滋賀の「クラブハリエのバームクーヘン」、長野の「八幡屋礒五郎の七味唐辛子」などがあがっていた。
 やはり各エリアによって結婚式の違いはあるようだ。各エリアで昔から大事にされている文化の背景を知ることで、結婚式に呼ばれるのがもっと楽しくなるかもしれない。

関連記事
最新記事