あなたは「目玉焼き」何をかける? 西日本では驚きの結果に…

毎朝の食卓に欠かせない「目玉焼き」だが、何をかけるべきかという問題では個人差が出るようだ。しらべぇ編集部は全国20~60代の男女1,357名を対象に、「目玉焼きに何をかけるか」調査。その結果をランキング形式で発表しよう。

■第3位:ウスターソース(6.7%)
3位は「ウスターソース」にランクイン。目玉焼きにかけるものとしてたびたびあがるソースだが、じつは少数派ということが明らかに。40~60代男性からの支持が多かった。濃いめの味付けでガッツリ食べたいということだろうか?

■第2位:塩・こしょう(21.3%)
塩こしょうが2位にランクイン。シンプルな味付けで食べたいというあらわれだろう。おもに20~40代女性からの支持が多く、3割という結果に。とはいえ、全年代からまんべんなく評価されているようだ。

■第1位:しょうゆ(47.0%)
栄えある1位は「しょうゆ」でほぼ半数という結果に。5、60代の男性は6割を超えるなど、かなり愛されているよう。目玉焼きの黄身が半熟か固めかなどの好みはあるだろうが、いずれにしてもしょうゆは日本人の心といえるだろう。
©sirabee.com

■関西は「塩・こしょう派」が多い?
©sirabee.com

また「しょうゆ派」を地域別に比較したところ、食文化の違いが明らかとなった。東北、北関東、首都圏などは圧倒的にしょうゆが多いのだが、東海、近畿、四国と関西に行くにつれ、しょうゆ派が少数に。これらの地域は「塩・こしょう」や「ウスターソース」が多いようだ。

一方、四国の場合は、上記の調味料に加え「ケチャップ」「めんつゆ」「マヨネーズ」でもない「その他」と回答した人が1割にもおよんだ。たかが目玉焼き、されど目玉焼きというべきか、世代や地域などでさまざまな違いが明らかとなった今回の調査。

もしかすると、あなたのそばにいる人も独自の変わったものをかけているかも?

関連記事
最新記事