「報告・連絡・相談=ほうれんそう」はもう古い? 今の時代は「かく・れん・ぼう」

 「ほうれんそう」という言葉は、ビジネスパーソンの常識になっているのではないかと思います。「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭の文字をとって「報連相(ほうれんそう)」というわけです。1982年頃、当時の山種証券(現・SMBCフレンド証券)の山崎富治社長が発案し、社内で「ほうれんそう運動」を始めたのがキッカケだということです。

 なぜ、ほうれんそうを思いついたのか。山崎さんご本人は「お風呂に入っていたときに思いついた」、あるいは「雨の日曜日に自宅でぼんやりしていたときに思いついた」と言われているようです。 それで、正確なところはどちらなんだ、いや、他のときなのではないかという具合に論じたりしている人もいるようです。実際に言ったのは、山崎富治さんではなく、父親の種二さんだという説まであります。

ほうれんそうはムダ?

 まあ、そのようなことはどうでもいいこと。こういうたぐいの話は、本人の記憶も定かではない場合が多いので突き詰めても仕方がありません。とにかく「報告と連絡と相談」が大事だということを、的確に表現したということでしょう。 「ほうれんそうは不要」という考え方もあります。どこそこの会社を回りました、パンフレットを置いてきました、という日報のようなことを連絡したり、されたりするのは時間的にも無駄である、「結果」を報告することは必要だがいちいち「プロセス」についてまで「ほうれんそう」をする必要はないということのようです。

 確かに「ほうれんそうをする時間があればもう1件、お客さんのところを回ったほうがいい」「営業報告を行うためだけに会社に戻るのはナンセンス」という考え方は、一見、理にかなっています。しかし、部下を育てる、あるいは大きな間違いをしないように指導するという観点からすれば、やはりきめ細かい「ほうれんそう」は捨てがたい意味を持っているように思います。 「ほうれんそう」が有名になったのは、山崎富治さんが『ほうれんそうが会社を強くする』という本を書いて、ベストセラーになったことが一因です。

 「報告」とは、社長や上司から出される指示に対して、社員や部下がそれに取り組みながら、その途中経過などを報告すること、「連絡」とは、そのことに関係する人たちに自分の意見や憶測を含まず、ファクトの状況を知らせること、「相談」とは、その遂行途中で自分だけで判断することが難しいときに、社長や上司に相談してその考えや意見を聞くこと、です。

組織の上下をつなぐ重要な意味

 この「ほうれんそう」は、組織の上下をつなぐ重要な意味を持っています。社員や部下は「社長は私のことをわかってくれない」「上司はオレの働きをちっとも理解していない」と不満を持ちがちです。しかし、社長も上司もすべてを見ているわけではありません。たくさんの課題を抱えて取り組んでいるため、すべてに時間を取れるはずがないのです。現場で働いている社員がどういう仕事ぶりなのか、どれほどの実力があるのかがわからなくなってくるのです。

 そのようなことを前提にすれば、実は「ほうれんそう」は、社員や部下が自分の能力や実力を社長や上司にアピールする「絶好の機会」なのです。「指示された課題にいまここまで取り組みこれだけの結果を出しています」「こういう考えで取り組んでいます」ということをきちんと伝えれば、自分の能力・実力を社長や上司にアピールできるのです。

 もちろん良いことだけを報告するわけではない。プロジェクトがうまく進まないときには早めに相談すればいい。相談すれば、社長も上司もこうすればいいのではないか、こういうやり方に変えたらどうかと助言してくれるはずです。こういう場合には、社長も上司も「よく相談にきてくれた!」と思うものです。 もし、結果至上主義でプロセスの報告も連絡も相談も不要となってしまえばどうなるでしょうか。

 人材が育たなくなるのです。

 教える必要などない、欧米ではそういうやり方をしているという声が聞こえてきそうですが、ここは日本です。業種にもよりますが欧米の多くの大企業では職場で人材を育成するという発想がほとんどない。言い換えれば、最初から「出来上がった人材」「完成品」を採用する経営なのです。日本とは違います。

 とはいえ、確かに困ったときに「相談」ばかりということになれば、いわゆる「指示待ち人間ばかり」になる可能性がなきにしもあらずです。自分で究極まで考えずにちょっと困ると上司に「相談」ということでは、逆に「人材育成」にはなりません。やはり「自分で考えて実行する人間」に育てなければなりません。

「かくれんぼう」のほうが良いかもしれない

 そういう観点から考えてみると、「ほうれんそう」の「相談」というところは、再考する必要があるかもしれません。「ここまではやりましたが、次がわかりません。どうしたらいいのでしょうか」などと「相談」するようでは「指示待ち人間」になりかねない。「相談」より「確認」するということのほうが「自主的人間」を育てることにつながるのではないかと思います。「ここで行き詰まりましたが、これを打開するためにこういう方法を考えました。この方向で取り組んでいいですか」、あるいは「こういうやり方にすると結果はもっとよくなると思います。このやり方を採り入れていいですか」などと「確認」し、それに対して上司がオーケーサインを出す。

 そうすることによって、人材は育っていくのではないでしょうか。つまり、「ほうれんそう」よりも「かくれんぼう(確認、連絡、報告)」という考え方のほうが好ましいといえるかもしれません。 むろん、「ほうれんそうもかくれんぼうも必要ない」ということであれば、それもよし。「ほうれんそう」のほうが、ウチの会社には合うのだというのならそれもよし。「確認ということに重点をおいて、かくれんぼうでいこう」と考えるもよし。自分の会社の人材育成は、どのやり方が適しているのか。それぞれに考えてみることが大事だということです。

江口 克彦(えぐちかつひこ)◎故・松下幸之助側近 1940(昭和15)年2月1日、名古屋生まれ。参議院議員。愛知県立瑞陵高等学校を経て、 慶應義塾大学法学部政治学科卒。松下電器産業株式会社入社後、1967年・PHP総合研究所へ異動。秘書室長、取締役、常務取締役を経て、1972年・同研究所専務取締役。1994年・同研究所副社長、2004年・同研究所社長に就任。2009年・退任。その後、執筆・講演を中心に活動していたが、「みんなの党」の渡辺喜美代表からの要請に応え、「地域主権型道州制」の政策を掲げ、2010年7月の参議院議員選挙に出馬、当選。松下幸之助のもとで23年間、側近として過ごす。松下幸之助に関する多数の著作がある。松下幸之助哲学の継承者、伝承者と評されている。それゆえ、松下幸之助経営に関する講演依頼も多い。また、松下幸之助の主張した「廃県置州論」を発展させ、「地域主権型道州制」を提唱、国会では、超党派の『道州制懇話会』の共同代表を務める。各地で「地域主権型道州制」の講演、啓蒙を行なっている。【公式サイト】

関連記事
最新記事