幸せ呼ぶ猫神の呟き 日本人に多すぎる「自分に自信がない」…実は幼児期の褒め方が重要なワケ
                 


日本人に多すぎる「自分に自信がない」…実は幼児期の褒め方が重要なワケ

日本の若者に注目すべき現象が起きています。日本青少年研究所が日本・アメリカ・中国・韓国の4ヵ国の中高生を対象に行った調査によると、自分は「ダメな人間と思うか?」の質問に対し「よくあてはまる」と答えた日本高校生は1980年は12.9%だったのに対し、2002年30.4%、2011年36.0%と、ほぼ3倍水準にまで大きく増加している結果がでたとのこと。

“自分を価値ある人間 ”と思う“自尊感”を問う項目については、米中韓の半分以下の水準に。では、どうすれば子どもの自尊心や自己肯定を高めることができるのでしょうか。今日は、『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、自己肯定感を育てるために“幼児期にできる褒め方”をお伝えします。

自己肯定感が低いのは「謙遜が美徳」の文化が原因?

ひとつには日本人の“謙虚”であることをよしとする文化が影響していると筆者は考えています。“能ある鷹は爪隠す”“出る杭は打たれる”“実るほど頭を垂れる稲穂かな”などのことわざがあるように、日本では“謙遜が美徳”とされてきました。「すごいですね」と褒められても「いえいえ、まだまだ、そんなことありません」と謙遜する。子どもは大人たちのそんな会話を聞いて育つわけですから、「自分に価値があると思うか?」と問われると、「いえいえまだまだ」と答えるとしても不思議はありませんね。みんなと同じがいい、目立つことを避けるという日本的な環境の中で「自分は価値ある人間だ」と言うと“傲慢”と思われてしいます。

自己肯定感が育たない「NG褒め方」とは

自尊心や自己肯定感は“自分に価値がある”と言う考えのため、単純にいえば相手に“価値のある人間だ”と思わせるようなことを言えばいいと思いますよね。「あなたはすごい!」「あなたは賢い!」「あなたは頭がいい!」「あなたはかわいい!」など……。ところが、こういう褒め方では、下手をすると自分大好きな“ナルシスト”だけになってしまいます。なぜなら、こんな風に褒められても自分の何がすごいのか“具体的”に感じることができませんし、自分が努力していないことを褒められると自分は努力しなくてもすごいんだ、とそれこそ“傲慢な人間”になってしまうかもしれません。

自己肯定感「ぐーんとが育つ」褒め方とは

では、どのような褒め方がいいのでしょう? それは、その子の“言動”や“努力したこと”を認め褒めてあげることです。

「それはいい考えね。いいこと思いついたね」

「手伝ってくれて助かったわ。ありがとう」

「この絵本を最後まで一人で読めたの? すごいわ!」

「すごくきれいに色が塗れたわね。 この色ママ好きだわ」

「嫌いなお野菜も全部食べられたのね」

このように“具体的に”自分の言動の何が良かったのか小さな子にもわかるようにひとつひとつ褒めてあげましょう。

いかがでしたか?

自分の言動を認められると、自分の言動に“自信”が持てるようになります。また、自分の努力を認め褒められると、また頑張ろうという意欲がわいてきます。それは向上心につながります。幼児期にこそ、しっかり自信をつけさせ自尊心や自己肯定感を高めてあげましょうね。

関連記事
最新記事