幸せ呼ぶ猫神の呟き ゲ…白髪を抜くのはNG!? 「髪・頭皮の悩み」TOP4の原因&対処法

ゲ…白髪を抜くのはNG!? 「髪・頭皮の悩み」TOP4の原因&対処法

“髪は女の命”という言葉もあるほど、女性の印象を大きく左右します。常に美しく保ちたくても、パサつきやくせ毛など、さまざまなトラブルに悩まされますよね。今回『美レンジャー』では、20~40代の女性266名を対象に“実は真剣に悩んでいる髪や頭皮の悩み”についてアンケート調査を実施。

その結果をご紹介しつつ、ヘアケアに力を入れていている表参道の人気サロン『Cupola omotesando』のスタイリスト・Toshiさんに伺った、“髪の悩み対処法”についてお伝えします。

本当に悩んでます!厄介な「髪問題」ランキング

さっそくランキングを見ていきましょう。

同率9位・・・フケ(3.8%)

9位・・・髪の毛が細く少ない(3.8%)

同率6位・・・頭皮がかゆい(6.4%)

同率6位・・・髪にボリュームがなくなってきた(6.4%)

6位・・・枝毛・切れ毛が多い(6.4%)

5位・・・髪にツヤがない(8.6%)

4位・・・アホ毛(ピンピンはねた短い毛)が多い(9.8%)

3位・・・くせ毛(12.0%)

2位・・・抜け毛が多い(15.0%)

1位・・・白髪(16.9%)

1位にランクインした“白髪”は、年齢とともにいつの間にか出現し、今では頻繁に目にするようになった……というアラサー・アラフォー女性も多いでしょう。また、若白髪に悩む人もいるはず。2位の抜け毛、3・4位のくせ毛やアホ毛も改善しにくく、多くの人の悩みの種となっていることがわかりました。

原因は何?プロが教える「髪の悩み別」対処法

それでは、スタイリストのToshiさんに、上位にランクインした髪の悩みの原因と対処方法について教えて頂きましょう。

ピンピンはねる“アホ毛”

アホ毛には、“新しく生えてきた成長途中の髪の毛”と、“途中で切れてしまった短い髪の毛”の2種類があります。新しい毛が生えても、なかなか伸びなかったり、まっすぐ生えずにチリチリしてしまうのは、“毛穴の詰まり”により、髪の成長が邪魔されてしまうのが原因。途中で短く切れてしまうのは、傷みが原因です。

対処法は、髪の毛の洗い方や、ドライヤーの仕方に気をつけること。

シャンプーは指の腹を使って頭皮をよく洗い、トリートメントは頭皮にはつけないようにし、しっかりとすすぎます。ドライヤーは下からあてると髪が傷むので、上からキューティクルに沿って乾かすようにしましょう。

うまく扱えない“くせ毛”

くせ毛は、“先天的くせ毛”と“後天的くせ毛”があると言われています。先天的くせ毛の原因は、毛根の形や髪の毛内部のタンパク質のバランスが影響します。後天的くせ毛は、ホルモンバランスが乱れたり、頭皮への栄養が充分でなかったり、毛穴が詰まったりすることで起こります。

後天的くせ毛の場合は、充分な睡眠と栄養をとり、アホ毛と同じく毛穴が詰まらないよう髪の洗い方に注意しましょう。先天的くせ毛に関しては、縮毛矯正やストレートパーマが効果的。一度サロンで相談してみるのがいいでしょう。

心配になる“抜け毛”

抜け毛は、バランスの悪い食事はもちろん、ストレスの蓄積や頭皮ケアの怠り、老化によるホルモンバランスの乱れによって起こりやすくなります。対処法は、生活の改善と、定期的な頭皮ケア。栄養をしっかりとり、規則正しい生活を心がけます。また、定期的にヘッドマッサージを行うのもいいでしょう。これらを試みても改善されない場合は、病院に行くのがベストです。

あると老け見えな“白髪”

白髪は、遺伝、老化、栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、病気、ヘアケア製品選びの間違いなど、その原因はさまざま。“白髪は遺伝や老化によって発生する”というイメージが強いかと思いますが、実はまだ解明されていない部分も多いのです。対処法は、食生活の改善、充分な睡眠、ストレス解消、適度な運動、頭皮環境を整える、禁煙、貧血や低体温の改善など……。ただし“絶対コレがいい”という対処法は見つかっていないのが現状。

まずは自分でできることを少しずつ行っていきましょう。白髪を見つけた際は、抜いてしまうと毛根によくないので、できるだけハサミを使って根元から切るようにしてくださいね。トラブルは諦めずに向き合うことが大切。少しずつでも改善を試みて、悩みの無い自慢の髪を手に入れたいですね。

【取材協力】
※ Toshi・・・渋谷の美容院で勤務後、最新の薬剤と技術で“自分史上最高に可愛くなれる”サロンとして注目を浴びている『Cupola omotesando』にスタイリストとして参加。やわらかい外国人風スタイルを得意とし、Instagramにてその数々を公開中。

関連記事
最新記事