1

自分のわきがに気づいてますか?5つの項目でセルフチェック

●エクリン腺とアポクリン腺

私たちの体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2種類の汗腺があります。わきが体質の人は生まれつき、この汗腺の数が多く、形も大きいという傾向があります。

エクリン腺は、ほぼ全身に分布していて、暑さや激しい運動などで、上がりすぎた体温を下げる働きをしています。この汗腺から出る汗は、主成分が水分なので、透明でサラっとしていて、臭いがほとんどありません。

一方、アポクリン腺は思春期に分泌し始めます。わきの下や耳、乳輪、陰部などの限られた部分にだけ分布していて、脂質やタンパク質、糖分、鉄、アンモニアなどのさまざまな成分を含んでいるので独特の臭いを放ちます。また、黄色や赤みを帯び、少し粘り気があるのも特徴です。

しかし「わきが」の原因は、アポクリン腺から出る汗のにおいもありますが、多くの場合は、毛穴に存在する皮膚の常在菌が汗を分解した「汗の分解産物」が、においの原因になります。つまり、アポクリン腺だけが原因というわけではなく、エクリン腺から出る汗にもあります。

●わきがかどうかのチェックポイント

以下の条件にあてはまるものが多い方は、わきがの可能性が高いと言えるでしょう。

耳垢が湿っている。
わき毛が太く、量が多い。
両親や兄弟にわきがの人がいるか、または耳垢が湿っている。
わきに汗をかきやすく、衣服が黄色の汗染みになる。

●わきがを完全に治すには?

わきがは、わきの下がただ汗臭くなっているのとは違い、体質によるものです。こまめにわきの汗を拭き取ったり、抗菌・殺菌作用のある制汗剤やデオドラント剤を使って対策をとることが重要です。では、完治させるためには何をすればよいのでしょうか?

食生活の見直しや意識をすることで完全に治るということはありません。わきがの改善には、手術や治療が必要になります。

手術ではアポクリン腺を除去すると思う方がいますが、エクリン腺も除去します。手術以外の治療では、ボツリヌス菌毒素の注射などで汗を抑えることにより改善は期待できます。また、高周波による治療は汗腺を熱で破壊することにより、発汗を減らします。これによりにおいを減らすことができるのです。

どの手術や治療を受けるかは、わきがの状態によって変わってきます。まずは医師に相談して、あなたに必要な治療方法を見つけましょう。

(この記事の監修: 有楽町高野美容クリニック 院長 / 高野邦雄 先生)

関連記事
最新記事