駐車禁止区域に駐車しても違反が除外された事例

警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるのが「警察大学校の研修資料」。トラブルを回避して駐車禁止の取り締まりを円滑に行うのが目的です。研修資料はQ&A形式で駐車禁止の例外などを掲載。駐車禁止区域に駐車しても違反が除外された事例を見てみましょう。

駐車禁止はトイレでは除外されない

「駐車禁止区域へ駐車できるのは?」という質問に「交通事故発生後・人命救護・地震発生直後・その他警察より許可を得て駐車許可証(駐車禁止等除外指定車標章)があるもの」とあります。

これは、教習所でも習う通りです。地震の場合は、エンジンを切ってキーを挿したまま、ドアロックせずに放置して避難します。ただし「めまいや吐き気、腹痛によりトイレに行ってた場合は?」「原則、除外されない」のでした。

ただし、2012年の事例として「自家用車にて走行中、強い腹痛を催した運転者が、このままでは運転に支障を来すと判断。一般道路脇の店舗前に駐車禁止区域と知りつつ駐車しエンジンを切り降車した」というものです。

駐車禁止でも違反が取り消された

さらに「車両後方へ『トイレ中』『すぐに戻ります』などと書いた貼り紙をし、同店舗へ入り店員に事情を伝え、かつトイレ内から最寄の警察へ連絡をして状況を説明。数分後運転者が車両に戻ると駐車標章が貼られていた」という事例です。

この事例の場合は「後日送付された弁明書にて詳細を記載、裏付けの捜査後公判に至ることなく違反が取り消された」とあります。そうまでしているうちに漏れるのではないかと思われますが…。

警察署の裁量にもよりますが、基本的には命に関わるものであり、きちんと証明できれば、駐車禁止区域へ駐車でも違反から除外されるようです。とはいえ、駐車禁止のルールはしっかり守りましょう。(文/ジャンクハンター吉田)

関連記事
最新記事