「TOKIOカケル」で井川遥が明かした産後の体型維持法とは? 母親芸能人に学ぶ産後ダイエット

女性ならではの体型の悩みと言えば、出産後の体型維持について。健康と体型、子育てを同時に考えるのはとても大変ですが、出産を経験した芸能人のダイエット法からヒントを探ってみましょう。

井川遥が明かす苦労とダイエット法

Yuganov Konstantin /shutterstock.com
5月31日、フジテレビのトーク番組「TOKIOカケル」には女優の井川遥さんが登場。2009年に第1子、2012年に第2子を出産してもなおスリムな体型を保っている秘訣を語りました。「ママ女優」になるまでの道のりを振り返るトークでは、いつも子どものお弁当をつくっているため、自分が朝ごはんを食べる時間がないことを明かした井川さん。

子どもが苦手なニンジンなどは茹でて輪切りにして、星の型などを使ってかわいく仕上げているそう。
TOKIOメンバーも「1万円出すから食いたい…」と井川さんの心のこもった手料理に興味津々でした。

そして気になる「モデル体型維持の秘訣」にトークが移ると、まずは山口達也さんが「次の役はこうですよ、とか、ぎゅっと絞らなくちゃいけない時、急ぎの時とかどうしてますか?」と質問。井川さんはサウナやホットヨガのように「一気に汗をかくこと」をしていると語りました。女性誌のモデルを長い間務めていた井川さんは、もう10年程こういった習慣を続けていると言い、プールで水圧を利用した二の腕のシェイプアップにも取り組んでいるそうです。

ママタレントたちのダイエット法は?

Yuganov Konstantin /shutterstock.com
18kgにもなる子どもを家の中でもしょっちゅう抱っこしていることや、骨折したまま子どもを抱えてお出かけに行ったことなど、子育ての苦労も存分に語った井川さんですが、同じように子育てに励む他のママタレントも色々な工夫をして体型維持に取り組んでいるよう。

例えば、熊田曜子さんは2015年に第2子を出産。完全母乳で子育てをしていましたが、そんな中で取り組んでいたのが「8時間ダイエット」です。これは1日の食べ始めから「8時間」は何を食べてもOKだけど、それ以降はガマンするという方法。ダイエット中のブログでは、「毎日ケーキを食べてて体重が心配と思って計ってみたら全く変わってないの」と効果を実感する様子も綴られていました。

ダイエットばかりを意識しすぎて産後の体調ケアをおろそかにしてはいけませんが、芸能人のダイエットを参考に、できそうなところから始めてみるといいかもしれませんね。

関連記事
最新記事