男も計算するよ!落としたいコにする駆け引き4つ

恋の駆け引きは女子だけのものではありません。私たちがいろいろ考えているように、男性も水面下ではいろいろ作戦を練っていることも。彼らが落としたい女子にする駆け引きは、どんなものなのでしょうか?

先手必勝で好意を出す

「タイプだなと思ったコには、最初の段階で好意をチラ見せします。褒めたり、女として意識しているようなことを言ってみたりする程度ですが。相手の中で僕がナシな対象じゃなければ向こうからも意識してもらえるし、最初に揺さぶっておくことで友達コースに入ることを防げます」

この人って私のこと好きかも?そんな風に意識すると、急にドキドキしてきてしまうのは女子もあるあるですよね。イヤそうな顔をされたら脈なしとして切ってしまえばいいし、イケそうな女子とは早い段階で恋愛モードに入れる。しかも、出会ってすぐなら本気になってから好意をアピールするより失敗してもダメージが少ない!女子もマネしたい駆け引きです。

LINEの文体を似せる

「好きな子に送るLINEは、かなり内容を考えて打ちます。自分は「すごく」と言う派だけど、彼女が「めっちゃ」と言うコなら自分も「めっちゃ」とマネして口グセを寄せてみたり、相手の名前を入れたり。必死にみえないように、吹き出しの数と大きさが相手と同じか、こっちがやや少なくするようにもしてます。絵文字やスタンプのチョイスも似せますね」

相手の仕草をマネして親近感を持たせる「ミラーリング」は有名なテクニックですが、これはそのLINE版のよう。LINEはただの連絡手段と考える男性も多いなか、女子に対する気配りが行き届いたLINEができる男性はきっとモテるはず。会ってない間にも距離を縮める工夫と言えそう。

既読つけるのにも気を遣う

「好きな子からのLINEには、既読をつけるタイミングにも気を遣います。『すぐに付けたらヒマそうかな』というのもありますが、深く考えているように見せたくないのもあるかな。あと、女のコはすぐ『既読スルー=脈なし』と受け取るから、だったら未読のほうがマシだろうと。いろいろ考えてます」

既読が分かる機能のせいで、LINE本文以外からもいろんなメッセージが伝わってしまうのがLINEの怖いところ。LINEに一喜一憂するのは女子も多いですが、男性も何も考えていないワケではありません。

このほかにも「返信スピードや既読・未読で余計な勘ぐりをされたり好意を測られるのがイヤだからすべてのLINEは気づき次第即返信。手のうちは見せない」という男性も。世間で言われているほど、既読や返信の早さでは好意は測れないものなのかも。

分かるようにチラ見

「見たいけど照れくさい時は相手にバレないようにチラ見するけど、好意を知ってほしくてわざと分かるようにチラ見してみせる時があります。ちゃんと目が合うまで待ってからそらして、またチラ見します。向こうがそわそわしてきたら脈アリかと」

言葉に頼らない分、失敗してもダメージが少ないのが視線でのアプローチ。さっと目をそらされたり、頑なに目を合わせないようにされると「脈なしだな」と思ってしまうそうなので、もし気になる相手なら、女子サイドも照れずに見つめ返したほうがよいでしょう。

「男性は恋愛脳じゃない」とはよく言われますが、恋愛脳じゃない=作戦を練らない、ではありません。好きな子には少々露骨でも、いろんな恋愛テクニックを仕掛けてくるもののよう。「これってもしかして?」と思った時は、照れずに乗ってみると楽しい展開になるかもしれませんよ。

関連記事
最新記事