仕事も家族も同時に失った「若年性認知症」の恐怖 30代の発症例も多数

「あの人の名前、なんだっけ?」「昨日の晩ご飯、何を食べたっけ?」「実家の郵便番号っていくつだっけ?」……。30~40代にもなると急激に進む記憶力の低下。「あれ」「それ」といった指示語で会話する頻度が増えるたびに、「もしかしてボケが始まっているかも」と不安になる読者も多いことだろう。

 菅原脳神経外科クリニックの医師、菅原道仁氏は次のように説明する。

「64歳以下で発症する認知症を『若年性認知症』と呼びます。認知症というと高齢者のイメージがありますが、64歳以下でも認知症になるケースが意外と多くあり、近年、若年性痴呆症(若年性認知症)が増加傾向にあります。また、認知症と診断されるには5つの診断基準がありますが、早期に適切な治療を行えるよう、すべてを満たさなくても『軽度認知障害』、いわば“認知症予備軍”と診断するケースも増えています」

 39歳で兆候が表れ、42歳のとき、娘に「お父さん、ボケてるんじゃないの?」と言われたのをきっかけに病院へ行ったところ、アルツハイマー型若年性認知症と診断、その直後に妻に離婚されたという太田剛さん(仮名)。当時、太田さんは大手電機メーカーの研究職で多忙を極めていた。7~8時間の睡眠と、3食の食事は規則正しく取っていたが、睡眠と食事以外の時間はほぼすべて仕事に没頭していた。

「36歳で課長職に就いて部下が60人もでき、仕事の量はもちろん、プレッシャーも急に大きくなりました。それまで新開発で特許を取ったり、研究開発部門の最前線でやってきた自負もありました。しかし、研究がなかなかうまくいかないと、評価も気になるし、研究成果が出るまで残業もしました。平日は深夜帰りはザラで、土曜も出勤して仕事をしていました」

 太田さんは責任感の強い性格で、じっくり考えるタイプだという。食事中でも家族と過ごしているときでも、片時も仕事のことが頭から離れなかったという。

 そして40歳をすぎた頃から、会社ではミーティングの時間を忘れたり、プライベートでは家族と約束した待ち合わせ場所に行けなくなったり、それまでは絶対になかったミスが続くようになった。そこで病院で診てもらうと、アルツハイマー病による認知症との診断を受けたのだ。

「会社の上司に認知症のことを告げると、『もう休んでいいよ』と言われました。まるで『もう辞めていいよ』と言われているようで、すごくショックでしたね」

 企業は、認知症を理由にクビにはできないため、現在休職扱いになっている太田さん。さらに追い打ちをかけるように、妻は介護どころか離婚を切り出したという。

「元妻からは、『娘には一切連絡もせず、会わないでほしい』と言われました。妻子と住んでいた家は追い出され、生活保護をもらってアパートで一人暮らしです。今は本を読んだりネットを見たりして、のんびり過ごしています。つらかった会社員時代のことを思い出さずに過ごせればよく、将来は田舎の実家に帰る予定です」

 つらい過去の記憶は、忘れたくても忘れられないようだ。

 若い人だと自分が認知症だと疑いを持ちにくいため、若年性認知症は早期発見が難しいと言われている。また、認知症と診断されていなくても兆候が出ていると仕事に支障をきたすようになり、経済面で大きな問題が発生しがち。ほかにも、介護保険や障害年金などの公的なセーフティネットもあるが、決して完璧とは言えず、若年性ゆえの問題が山積している。

 6月13日発売の週刊SPA!では、「30代から始まる[若年性 痴呆症になる人]のヤバい兆候」という特集を掲載している。若年性認知症では、早期発見と周囲のサポートによって進行を遅らせることが何より大切だが、現代の“無縁社会化”はその希望すら打ち消しつつある。発症した人たちは、どんな兆候があり、現在どのような暮らしを送っているのか。また、予防法は? 物忘れが気になる人はぜひ参考にしてほしい。

関連記事
最新記事