1

故ダイアナ妃の過食症 きっかけはチャールズ皇太子の一言だった

1997年のこと、フランスに滞在していたダイアナ妃は交通事故に遭い死去―わずか36年のその人生は、若くして決意したチャールズ皇太子との結婚により一変したと言われている。そのダイアナ妃が生前過食症を患っていたのは有名な話だが、その原因はチャールズ皇太子の不倫だけではなかったという。

故ダイアナ妃の死去から今年で20年。アンドリュー・モートン氏が著書『Diana: Her True Story - in Her Own Words』に新たな「はしがき」を添えて再版するが、この著書の“情報筋”はダイアナ妃本人でテープに証言を録音しては友人を通しモートン氏に届けさせていたという。その中には過食症に関する証言もあり、ダイアナ妃はこう語っていたそうだ。

「過食症は、婚約の1週間後に始まりました。(そして克服まで10年近くもかかりました。)」
「夫は私のウエストに手をあて、こう言ったのです。『ああ、ちょっとここが太っているな』って。それが(過食症を)誘発したのです。そしてカミラの問題も…。」
「私は躍起になっていました。そう、必死だったんです。初めて(過食後に)嘔吐したときは、胸が躍りました。緊張感を緩和できる―そう思ったからです。」

その後体重はどんどん落ち、サイズを測り準備したウェディングドレスのウエスト部分がブカブカになったという。大変悲しい証言ではあったものの、ダイアナ妃が生前「過食症でした」と証言したことで同じ悩みを持つ女性達が専門家のもとを訪れたとのこと。その点に関しては「ダイアナ妃もお喜びではないだろうか」とモートン氏は推測している。しかしいまだダイアナ妃を敬愛するウィリアム王子、そしてヘンリー王子が、父チャールズ皇太子の一言が亡き母の摂食障害の一因であったと知ってどのような気持ちになるか。その胸中は推して測るべきである。

関連記事
最新記事