1

名前以外になにがある? 就活の自己紹介で必ず話すべき項目Top5! 2位学部・学科・専攻

選考を重ねていくと、必ずやってくるのが「面接」という難関。まずははじめにするのが自己紹介ですが、これもすでに自分のアピールタイムのひとつ。どんな内容でもいいので逆に迷ってしまう人も多いと思いますが、自己紹介タイムで必ず伝えるべき項目はいったいどのようなことなのでしょうか? 今回は就活経験のある若手社会人のみなさんに聞いてみました。

■就活で自己紹介を求められた際、名前を名乗る以外に必ず話していた項目について教えてください(複数回答可)

第1位 出身大学名 121人(59.9%)
第2位 学部・学科・専攻     31人(15.5%)
第3位 大学で学んでいる内容   24人(11.9%)
第4位 志望動機         19人(9.4%)
第5位 出身地          13人(6.4%)

第1位には「出身大学名」が挙がりました。続いて「学部・学科・専攻」という自分の専門分野に対してのアピールが登場。では、それぞれの理由についても聞いていますのでご紹介しましょう。

■その項目を話していた理由を教えてください

●第1位 出身大学名

・当然言うことだから(男性/25歳/小売店)
・地方の大学だったので印象に残ると思って(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・学歴は重要(男性/26歳/金融・証券)
・言って恥ずかしい大学ではなかったので(男性/28歳/医療・福祉)

●第2位 学部・学科・専攻

・自分の売り込みだと考えて、ゼミや活動のアピールに注力した(男性/28歳/食品・飲料)
・どんな経験値や特技があるのかアピールするため(女性/26歳/その他)
・専攻でなにを学んだのかを伝えるため(男性/25歳/自動車関連)
・自分の専攻が珍しかったので目立つと思ったから(女性/25歳/アパレル・繊維)

●第3位 大学で学んでいる内容

・最低限自分のことをわかってもらえることだから(女性/28歳/その他)
・自分が研究していた内容に自信があったから(女性/27歳/情報・IT)
・学生時代に一番エネルギーを注いだものだったから(男性/28歳/電機)
・自分がなにをしっかり学んできたかをわかってもらうため(男性/24歳/金融・証券)

●第4位 志望動機

・志望動機は必ず聞かれていたから(女性/22歳/その他)
・もっとも重要なアピールポイントだから(女性/27歳/アパレル・繊維)
・志望動機は売り文句になるから(男性/26歳/金融・証券)
・必須の質問事項だからまずは自分から話しておく(女性/26歳/情報・IT)

●第5位 出身地

・地元アピールをしておいたほうがよいと思ったから(男性/26歳/食品・飲料)
・ふるさとと関係がある会社・面接官がいると話が盛り上がるから(男性/26歳/商社・卸)
・どこの生まれかは知りたいかと思って(女性/23歳/その他)
・話すことが他になかったので(男性/29歳/情報・IT)

●その他

・自分の長所。長所をアピールすることで、会社のためにどれだけ役立てるか伝えたかったから(女性/30歳/商社・卸)
・学生時代に力を入れていたこと。なにか情熱を注いだものを伝えるのもよいと思ったので(女性/25歳/医療・福祉)
・アルバイト経験。アルバイト先で関係のあるところを目指していたから(女性/26歳/情報・IT)
・所属しているサークル・部活。部活動が一番印象に残ると思ったから(男性/28歳/運輸・倉庫)

いろいろアピールポイントが出てきましたが、自分の個性を発揮できるポイントなので、みなさん真剣に考えて用意していたようです。いかがでしたか? やはり自己紹介は自己アピールの一貫だということで、事前に伝える項目をきちんと考えていたようでした。これから佳境に入る面接でのアピールポイントは、しっかりと伝えられるよう前もって準備しておいたほうがよさそうですね。

関連記事
最新記事