1

母親が子どもに就いて欲しい職業上位「専門職」「教員・公務員」 一方「フード」や「保険」は不人気

働き方改革が進められる中、子どもを持つ母親にとっては将来の職業は気になるものだ。学研プラスは6月5日、「ママが子どもに就いてほしい仕事」についてのアンケート調査結果を発表した。

子どもに将来就いて欲しい業種は「特にない」と回答する母親が多い一方で、約4割は専門資格や高い技術が必要な職業に就いて欲しいと思っていることがわかった。

子どもの好きにさせたいが、できれば専門性が高い職に就いてほしい

調査は今年5月24日、子どもを持つ全国の30~40代の女性を対象に実施。211人から回答を得た。

「将来、就いてほしい業種」を聞くと、「特にない」(32.7%)が1位。親として子どもの職業に口出しをしたくない、子どもに任せたい、という気持ちがうかがえる。2位には「医療・福祉」(26.1%)、3位は「公的機関」(25.1%)が続いた。一方で回答率が低い業種には、「フード」(6.2%)、「マスコミ・メディア」(4.7%)、「保険」「農林水産業」(ともに3.8%)などが挙がる。

「将来、就いてほしい職業」の質問に対しては、「専門職(士師業以外の専門資格・高い技術が必要な職業)」(44.1%)が1位。子どもに手に職をつけさせたいと思っている母親が多いようだ。2位以降には「教員・公務員」(29.9%)、「大企業の社員」(28.4%)、「弁護士・医師など士師業」(27.5%)が続いた。

親としては、子どもには好きな仕事に就いて欲しいと思いながらも、できれば「専門性が高い」仕事に就いて欲しいと思っている気持ちがあるようだ。

8割が「ITやプログラミングに関する知識は必要」

「子どもと仕事について話し合ったことがあるか?」を聞くと、「よく話している」(11.4%)、「何度か話したことがある」(39.8%)、「話をしており、実現するために取り組んでいる」(4.3%)と、過半数の母親が「子どもと仕事について話している」と回答している。だがもう半数は「話をしていない」と回答しており、二極化の様相を呈している。

文部科学省では、2020年から小学校でのプログラミング教育の必修科を検討している。アンケートで「ITやプログラミング」について質問すると、約8割の母親が「ITやプログラミングに関する知識は必要」と答えている。子どもが仕事をする頃には、現在よりもITスキルが必要になる、と考えている母親が多いことがわかった。

関連記事
最新記事