【自動車保険ガイド】意外と使える! 損保の“契約者向けサービス

自動車保険に付帯されているサービスでは、車両故障の際のレッカー牽引やバッテリー上がり・キー閉じ込みなどに対応する“ロードサービス”がよく知られているが、実は【自宅玄関のカギ開け】から【医療相談】など、直接的には自動車とは関係のない便利なサービスも存在する。

あまり知られていない、損保の契約者向けサービスとは?

 アクサ損害保険では、自動車保険の2年目以降の契約者に向け“グレードアップサービス”を用意。そのうちのひとつが、契約者が自宅の鍵を紛失してしまった際に、専門業者を手配して開錠を行う『玄関カギ開けサービス』だ。保険期間中の1回に限られているが無料で利用できる。

ただし、シリンダー交換費や鍵作製費が発生した場合や、鍵が故障していて修理用の部品が必要となったときなどの費用は有料となることも覚えておこう。

 また、アメリカンホーム保険では「子どもが夜中に急に高熱を出したが、どう対処したら良い?」、「病院でもらった薬の副作用を教えてほしい」といった育児・介護・健康など日常生活における悩みに関して、24時間365日、電話による相談を受け付けている。

医療保険や生命保険の契約者がこうしたサービスを利用できるケースはめずらしくないが、自動車保険の契約者向けとなると、そう多くはないため活用したいところだ。

 そのほか、国内・海外宿泊、レジャー、スポーツクラブ、ショッピングなどが優待価格で利用できるリラックス・コミュニケーションズ社提供のサービス『Club Off(クラブオフ)』と提携している保険会社も多く、契約者は会員となり割引を受けることができる。

どの保険会社に加入しようか迷っているドライバーは、契約者サービスの充実度を重視して見積もりをとってみるのも手といえるだろう。

関連記事
最新記事