幸せ呼ぶ猫神の呟き せっかくいい大学出たのに! 「高学歴男性の哀れな末路」3選

せっかくいい大学出たのに! 「高学歴男性の哀れな末路」3選

高学歴な男性は、順風満帆な人生を送りそうだ。だが中には、頭の良さから自分の才能を過信して、周りが「もったいない…」と思うような人生を送る人もいるらしい。

しらべぇ取材班は、高学歴男性の哀れな末路を調査してみた。

(1)世界を変える特別な能力があると思い込み、仕事につかない「高学歴の自負からか、自分には特別な能力があると思い、就職もせずに『俺は億を稼ぐ』『世界で活躍する』と口先だけで、野望ばかり抱いている男友達がいます。

でも、どれも成功せず、今は30歳にもなって『YouTuberになって、世界に革命を起こす』と言っていますが、チャンネル登録者も6人ほどしかいず、見ていて痛いです」(男性・30歳)

(2)「二流な企業になんて勤めたくない」と親のスネをかじる「高学歴大学出身の友人ですが、就活の時には一流企業のみ受けるも、すべて落選。結局、『二流な会社なんて勤めたくない』と就職しないまま時が流れ、今も就職せずに時々アルバイトをするだけで、親のスネをかじっています。二流の企業はいやで、アルバイトはOKって…高学歴の基準って、よくわかんないですね…」(男性・26歳)

(3)「自分が1番じゃないと…」と過度のプライド「進学校の中でも、さらに成績優秀な人がいたんですが。彼は『自分が1番じゃないと…』という過度のプライドがあったようで、近い成績のライバルたちに、テスト前日の深夜にしつこくメールをするなど、陰険なことをするように。…

人ってここまで追い詰められるんだな…と、哀れでしたね」(女性・26歳)

▪️自信過剰は禁物…?ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女1,362名に「自分は人よりも優れていると思う」かを聞いたところ、以下のような結果に。

関連記事
最新記事