1

冷え性、くすみ肌、生理痛まで!? ぜ〜んぶ元気になるお風呂の美容新常識

30代後半から女性に多く見られる婦人科系のお悩みが。無理せず体を大切に過ごしていきたい年代ですが、いったいどんなケアをすればいいのでしょう? 一般的に美容や健康に役立つとされているお風呂が、じつは女性特有の悩みにも有効だそう。東京都市大学人間科学部教授で温泉療法専門医・医学博士の早坂信哉先生に、婦人科系の悩みに有効な「お風呂の美容法」を教えてもらいました。

女性特有の悩み・症状別の入浴法

●冷え性
冷え性は手足の末梢の血流が悪いということが多いようです。冷え性の方は手足が冷たくなり苦痛や不快につながります。日本人は、冷え性が多いのですが、「冷え」は東洋医学的な考え方で西洋医学的な概念にはありません。これは日本人特有の症状で欧米人には少ない症状です。

冷え性を改善するには、温熱効果のあるお風呂(40度のお湯で約15分)で血流を良くしてあげるといいです。湯船に浸かる時間がないときは足浴や手浴などの部分浴(42度の少し熱めのお湯)がおすすめです。

[効果的な入り方]
寝る1〜2時間ほど前に40度のお湯に約15分ほど浸かり、体をじっくり温めましょう。物足りない方は最後に42度の少し熱めで追い炊きをすると温まった感が得られます。

●生理痛
生理の痛みには個人差がありますが、子宮内の膜が剥がれ落ちる時に生じる変化やホルモンの急な変化です。これらの変化を原因として、頭痛や吐き気、イライラなどの症状が発生します。生理痛の痛みに関しては、基本的に温めて血流を促すことで軽減していきます。ただし、出血が多い日は入浴を控え、シャワーや足湯を併用して無理のないリラックスできる方法を選んでくださいね。

●更年期障害
更年期障害は、主に女性が閉経前後に女性ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経の働きが悪くなることから生じる障害です。個人差はありますがその影響は心身全般に現れます。もともとバランスが崩れている方は障害も大きく出るといわれています。

お風呂の活用法としては、40度のお湯に5分→5分→10分と繰り返し、定期的に決まった時間に入ることで、症状が緩和したという研究もあり、普段お風呂に入らない人なら1週間くらい継続すればその効果をより実感できると期待されます。

また、普段シャワーの方は意識してお風呂に入ってみるとか、普段入浴剤を使わない人は使ってみるなど、いつもと違うことをして転地効果を狙うのもいいでしょう。環境が変わることで様々なバランスが整います。

●疲れ目(眼精疲労)やドライアイ
物を見るだけで目の疲れや痛みを感じる眼精疲労の原因の一つに、目の周辺の血流が悪くなることが考えられます。これは血流を促し、疲労物質を取り除くことで改善していきます。お風呂の全身浴も大事ですが、目元集中ケアとしては蒸しタオルや目の周りにシャワーを当てることで適度な刺激が目元のマッサージになり、疲労回復が促せます。

また、ドライアイは涙腺に脂分が詰まり、涙が出ないことも原因の一つなので、これも入浴することで詰まった脂分を溶かすことで緩和していきます。

●くすみ肌
くすみやクマなどの悩みは、皮膚の毛細血管による影響が大きいです。血液の流れが悪くなれば、肌の色が赤黒く、茶色っぽく見えてきます。このくすみやクマを根本的に解消するには、外から高価な化粧品を染み込ませる前に、まずは血流を改善して血色を良くし、皮膚の細胞の再生を促すことがとても大事です。毎日の入浴で体を温め、血流を促すことは美容美肌にとても効果的なのです。

●便秘
便秘には様々な原因がありますが、腸内環境の変化や、自律神経の乱れによって引き起こされます。腸が活発な時は副交感神経が働いている時。つまりリラックスしている時です。逆に交感神経が強く、絶えず緊張している時は腸の活動が鈍く便秘になりがちです。このような精神的なストレスによる便秘にも、お風呂に入ることで副交感神経に働きかけ、腸を活発にし便秘解消に導いてくれます。

[効果的な入り方]
38〜40度のぬるめのお湯に15〜20分間、毎日ゆっくり入ることで胃腸を活発にしてくれます。

●効果を高めてくれる入浴剤アイテムの選び方と注意

入浴剤はお風呂の効果を高めてくれますので、積極的に使って頂きたいのですが選び方には注意してください。入浴剤を選ぶ際、用途に応じて「医薬部外品」か「浴用化粧品」の2つを選べば、安心です。内容が何も書かれていない「雑貨」としての商品は要注意です。

また、温泉のような温め効果を得たいときは粉末タイプが多い硫酸ナトリウムなどのミネラル系や泡の出る炭酸系を併用すると血管が拡張し血液の流れがよくなります。

最近人気のバスソルトやクレイは風呂釜の問題が懸念されます。クレイは追い炊きはできませんし、清掃に対する配慮が必要になるので、選ぶ場合は風呂釜への影響の研究が進んでいる大手入浴剤メーカーの商品を選びましょう。バスソルトも塩化ナトリウムが入っているものは風呂釜を錆びさせる可能性もあります。

お風呂は女性にとって美しくリフレッシュできる空間です。習慣づけて、ライフスタイルの質も高めていきたいですね!

早坂 信哉
東京都市大学人間科学部教授・温泉療法専門医・博士(医学)。 自治医科大学医学部卒業、同大学大学院修了。浜松医科大学准教授、大東文化大学教授 などを経て現職。一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長。生活習慣としての入浴を医学的に研究する第一人者。ユニークな研究が注目を集め、数多くの雑誌やテレビなどで特集が組まれ、メディア出演や活動も多数出演。著書に『たった1℃が体を変えるほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)、『入浴検定公式テキスト お風呂の正しい入り方』(素材図書)など。

関連記事
最新記事