1

検証!カレーは本当に「飲み物」になるか

「カレー好きは、カレーは飲み物と言う。だったら本当に『飲み物』になりえるのか、一度挑戦してみたいです(bamuse 40代・男性)」。これはdancyuカレー部が出した「理想のカレーを考えよう」とのお題に、ある部員が寄せた回答だ。そこでdancyuカレー部員を緊急招集、ものすごい量(80人分!!)のカレーを準備して「カレーは飲み物か」を検証してみた。

■検証1:まずは、そのまま飲んでみた

結果……具が詰まった!

▼カレーをコップで飲む日が来るとは!

なにはともあれ、まずは普通のカレーを飲んでみようということになった。コップにカレーをドボドボ注ぐ。そのビジュアルには圧倒的な違和感が漂う。

「ストロー倒れないんだ……」。部員の一人がつぶやく。静まり返るキッチン。

「食べ物で遊んでいるわけではない」。自らにそう言い聞かせながらストローを吸う。そして口に広がった味はあっけないほど「カレー」であった。

なんとなくホッとしたのも束の間、すぐにストローに具が詰まり、それ以上飲むことが不可能に。しかしこれは意味ある一歩に違いない。とにかくわれわれはコップでカレーを飲んだのだから。

■検証2:次に、薄めて飲んでみた

結果……飲みやすくなった

▼カレーの価値観が変わっていく……

そのままではどうにも飲みにくいことに気づいたわれわれ。濃度を下げるため、そのままカレーに「水」「コンソメスープ」を少しずつ加えてみた。先ほどまでコップの中で仁王立ちしていたストローが、ここで初めてコップの縁へと倒れ込む。こうなるだけで一気に“飲み物っぽく”なるから不思議だ。

「あぁ飲みやすくなった」と部員たちの表情も幾分穏やかになる。いくつか試した中で、最も美味しく感じたのは「スープ3割」。飲みやすさもあり、カレー感もある。ストローでカレーを吸うという現実に、自分たちの中の何かが目覚めていくのを感じていた……。

■検証3:今度は、ミキサーにかけてみた

結果……まさかの旨さ!

▼マックシェイクの「カレー味」だ!

スープ割りで飲みやすくはなったものの、やはり最後は具材がストローに詰まる。そこでさらに気づく。「もしかして具がジャマなんじゃ……」。

そこでそのままカレーをミキサーに投入。程よく具材が砕けてトロトロになったものを飲んでみる。「なめらか~」「まろやか~」。初めて部員から「もう一丁いく?」の声が上がる。ミキサーにかけられたカレーは、さながらマックシェイクのよう。I'm lovin' it(アイムラヴィニーー)!「美味しいけど、もっと軽いほうが?」「冷めたらどうなるんだろう……」

飲みにくさ問題が解消され、ようやく「味」に焦点が絞られ始めた。

■検証4:そして、スープカレーを飲んでみた

結果……思ってたのと違う!

▼いいアイデアだと思ったのに……

では、どんな「味」が飲むカレーにはふさわしいのだろうか。

その名前から、「今回の企画の本命」と目されていたのが北海道名物スープカレー。ちなみに具は大きすぎてストローに詰まるどころのレベルではない。

しかし……「なんか薄い」「カレーを飲んでる感じがしないのはなぜ?」と不評のコメントが続出。スープカレー独特のハーブ系香料の強さが際立ちすぎて、「カレー」というより「スープカレー」を飲んでいるような気持ちにさせられた。いや、スープカレーを飲んでいるのだが。飲むカレーには、もっとストレートな「カレー味」がふさわしいようだ。

■検証5:我慢できずに、ご飯を入れて飲んでみた

結果……米粒が詰まった!

▼タピオカみたいに吸えないだろうか?

ここまで数々のカレーを飲み続け、アレへの欲求は限界へと達していた。そう、盟友・ライスである。ではどのようにご飯を「飲む」のか。そこで登場したのが「タピオカ用ストロー」である。これで沈んだご飯を吸ってやろうという作戦だ。ストローでカレーを飲むことに何の疑問も感じなくなった部員たち、喜んでストローを持ち替える。

しかしわれわれは知らなかった。米の持つ、恐ろしい粘りを。じゃがいもとは異なる「すぐストローに詰まる粘性」を。「なんだか口内炎になりそう……」。それは、米粒を無理やり吸おうとしたカレー部員の、叫びにも似たつぶやきだった。

■検証6:ためしに、カレースープを飲んでみた

結果……美味しい! これだっ!

▼日本のカレーの夜明けぜよ!

「飲むご飯」は思ったより深く部員たちに痛手を与えた。

もうご飯のことは忘れたほうがいい。ある意味、その経験が真の「飲むカレー」にわれわれを近づけたのであるが。

普通のカレーではどうしてもご飯を求めてしまう。ならばもっとシンプルに「カレー味」にアプローチしてみては? ということで、コンソメスープにカレー粉を投入したものを飲んでみることにした。ここで衝撃の結末が。

十分なカレー感、抜群の飲みやすさ、そして今までになかった飲み飽きない味。カレー部(と人類)がようやく「飲むカレー」に出会った瞬間だった。

■検証7:こっそり、レトルトカレーを飲んでみた

そもそもパウチのレトルトカレーにストローを差せば、こんな苦労はしなくていいんじゃ……。ということで、現場は宇宙食の研究みたいに!

結果……お薦めNo.1はデリーの“インドカレー”

10種近くを試した結果、最も評価が高かったのは、湯島の名店「デリー」が手がける“インドカレー”。もともと具なしのサラサラタイプのため「カレーがダイレクトに伝わる」と部員から歓喜の声が。ちなみに、同じくデリーの激辛“カシミールカレー”は咳き込む人続出で検証は断念。

昔から「デリーは飲める」と思ってました(茶太郎 30代・男性)

(西澤 千央 文・西澤千央 撮影・牧田健太郎 料理・城 みゆき 協力・dancyuカレー部員(bamuse、tnbk、えぬ、ぽちにゃん、カレー大好き、あかりん、totti_azzurri 10)&アンケートに回答してくれた部員の方々)

関連記事
最新記事