グローバルな視点が必要!?子どもの「コミュ力を高める」ために心がけたい4つのこと

移動手段やインターネットの発達により、世界中の人々が簡単につながることができる時代になりました。社会のグローバル化は、この先、ますます進むといわれています。特に専門的に外国語を学んだわけでもない、ママの世代なら日本国内で就職していたはずの子どもたちも、将来は世界に飛び出して行くかもしれません。

また日本国内でも、多くの外国人と出会うことになるかもしれません。子育てやしつけにも、子どもたちの世界規模での活躍や、さまざまな場での異文化コミュニケーションを想定した視点が必要なのではないでしょうか。

そこで今回は、マナースクール「トリプルウィン」でグローバルキッズマナー講座を担当しているマナー講師の代田眞知子さんと、同じくマナー講師で、トリプルウィン代表取締役の森裕美さんに、グローバル時代を生きていく子どもたちのために、日本のママが子育てで心がけたいこと、気をつけたいことを伺いました。

1.あいさつは、目を見て、笑顔で

代田さんは、まずは何より、世界共通の基本マナーである「あいさつ」をしっかり実践してほしいと話します。

日本でも、あいさつは大切なマナーです。「うちは大丈夫。あいさつならちゃんとしてるし、子どもにもさせてる」というママも多いのでは?

しかし、代田さんが言うあいさつとは、ただ「おはようございます」「こんにちは」という言葉を声に出すことではありません。まして、日本でよく見かける軽い会釈でもないそう。

代田「あいさつはきちんと相手の目を見て、笑顔ですることで、初めて本当の意味を成します。英語ではあいさつの後に“How are you?”などと続けますね。自分があいさつをする相手を明確に意識しています。

日本でありがちな、なんとなくその場の空気に声をかけるようなあいまいなあいさつの仕方は、海外では失礼にあたります。また、笑顔は『態度と表情を一致させる』という意味において重要なマナーです。

それこそ、国籍が違っても、見た目の違いがあっても、どんな相手にも伝わるように、届くように、最善を尽くすためのグローバルマナーですから。あいさつは、そのはじめの一歩なのです。

私はあいさつできていると思った人は、今一度、自分の行動を振り返ってみてください。あいまいな表情や目線で、なんとなくあいさつをしていませんか?

今朝、家族と目を合わせて笑顔であいさつを交わしましたか?バスの運転手さんがしてくれたあいさつを無視しませんでしたか?お店でおつりをもらったとき、お礼を言えていますか?」

そう言われてみると、私たちが普段しているあいさつは、世界基準のマナーからはほど遠いものかもしれません。特に、家族へのあいさつはおろそかにしがち…。

元キャビンアテンダント(客室乗務員)だという代田さんは、続けて、国際線フライト時代の経験を話してくれました。

「外国人の乗客のお子さまは、ほぼ100%、飛行機に乗るときには私の目を見てあいさつし、降りるときには笑顔で“Thank you!”と言ってくれましたし、その保護者の方たちもそうでした。

一方、日本人のお客さまはというと、目を合わせてくれるお子さまは1~2割。もれなくその保護者さまも同じでした」

子どもは身近な大人の行動をよく見ていて、無意識に真似しています。まずはママがお手本として「目を見て、笑顔であいさつ」を徹底したいですね。

2.言葉を省略させない

森さんは、主語や述語を省略したり、結論をあいまいにしたりする日本語特有の言葉づかいにも気をつけた方がいいと話します。

森「日本の子どもは、何かほしいとき『ジュース』『毛布』などと単語だけで大人に伝えることが多いですよね。でも、海外で飛行機の乗務員やお店の人に何か頼むときは、『ジュースをください』『毛布を一枚お願いします』と言うのが正しいマナーです。

また、問いかけに答えるときも、『はい』『いいえ』だけでなく、“Yes, please.“(はい、お願いします)、“No, thank you.“(いいえ、けっこうです)がベター。敬意や感謝の言葉をひとこと添える、この意識がグローバルマナーなのです。

子どもが、自分の意志や要求が伝わるようにきちんと具体的に相手に説明する機会が少しでも増えるよう、大人が見本を示しながら、意識して声かけをしてあげるといいでしょう」

日本のママは、家で子どもに「ジュース」と言われれば、すぐ「はいジュースね」と出してあげることが多いと思いますが、普段の家庭での言葉の使い方も見直した方がよさそうです。

3.必要以上に子どもをサポートしない

また、代田さんは、日本の親は、海外の親に比べると、子どもを手助けしすぎる傾向があると指摘します。

代田「たとえばお出かけ中や旅行中に、子どもの荷物を持ってあげていませんか?海外の多くの国では、子どもでも自分の荷物は基本的には自分で持ちます。旅先、出先は子どもが成長するチャンス。そう考えて、なるべく子ども扱いしないのです。

フランスでは、レストランに食事に行く子どもは皆、少しドレスアップして出かけます。小さな紳士やレディとして振る舞わなければならない場だからです。ドレスアップして行った先では、はしゃいで騒いだり退屈だからとおもちゃで遊んだりすることは、子どもであってもマナー違反として許されません。

メニューも『私はこれを食べるけれど、あなたはどうする?』と親から聞かれ、自分でオーダーすることを求められます。子どもは、こういった場面から、決断することや自分の選択に責任を持つことを自然と学ぶことができますよね」

日本でも、レストランでは子どもにメニューを選ばせ、それを自分で注文させれば、マナーや話し方の練習にもなりそうです。

4.人前で堂々と話せるよう、背中を押してあげる

授業で発表するときに緊張したり、遠慮して大きな声が出せなかったり…。そんなシャイなタイプの子は少なくありません。

しかし海外では、日本社会以上に、自分の意見を堂々と明確に話すことが求められます。子どもの積極性を育むためには、成長過程での周囲の大人の態度や接し方がカギになると代田さんは話します。

代田「マナースクールのキッズマナー講座では、最終回に簡単な発表をしてもらうのですが、はじめのうちはなかなか目を合わせてくれなかった子が、みんなの前で素敵なプレゼンテーションを披露してくれることがあります。

そんなときは、『あなたの考えが聞けてうれしい。聞かせてくれてありがとう』と伝えています。すると、その子の目がいっそう前向きに輝くのがわかります。

話の組み立てが上手じゃなくてもかまわないのです。ちゃんと話せたら、子どもが自信を持てるような前向きな言葉をかけてあげることが大切。『あいさつしてくれると気持ちがいいね』などの声かけも、子どもの習慣づくりを後押しします。ぜひ心がけてみてくださいね」

ただ、いくら子どもに積極性を求めても、親が人前に出るのを避けていたら、子どもにも影響してしまいそうです。人と話すのが苦手というママもいると思いますが、普段から子どもの目を意識して、周囲の人と積極的に会話を楽しむようにしていきたいですね。

ときにはママ自身が、保護者会や結婚パーティなど大勢の人が集まる場で発言やスピーチをして見せるのもいいかもしれません。

まとめ

日本にいながらグローバル志向の子育てをするのは困難にも感じますが、家庭でママができることも意外とたくさんあるようです。

ママ自身がグローバルマナーの基本を率先して身につけて子育ての中で意識するとともに、広い視野を持って世界に目を向けていれば、その姿勢は自然に子どもにも伝わるのではないでしょうか。まずは今回、代田さん、森さんに教えていただいた4つのポイントを意識するところから始めましょう。

取材協力:代田眞知子

マナー講師。株式会社トリプルウィン取締役、グローバルキッズマナー/スチューデントマナー講座を担当。

日本航空株式会社30年勤務。ママさんCAのパイオニアとして乗務時間23000時間達成。国際線シニアスーパーバイザー。主に国際線ファーストクラス担当、人材育成にも携わる。早期退職後、青山セラピストスクールの副学長を経てマナースクール講師に。

取材協力:森 裕美

マナー講師。株式会社トリプルウィン代表取締役。日本航空株式会社にて30年以上にわたり、国際線客室責任者、客室マネジャー(管理職)として勤務。早期退職後、企業向け接遇・コミュニケーション研修、リーダーシップ研修、アンガーマネジメント研修、業績アップに繋がるマナー研修の他、グローバルマナースクール(横浜、三軒茶屋、三田、銀座)を主宰。


関連記事
最新記事