卸売(流通)業界を目指す就活生必見! 志望動機の書き方を例文つきで解説

志望動機は履歴書・エントリーシートの一番重要な部分です。志望業界のことをしっかり理解した上で、説得力のある志望動機を書きたいものですね。そこで今回は卸売業界を志望する場合の、志望動機の書き方を解説します。卸売業界は取り扱う商品の幅で、大きくは2つのグループに分けられます。自分が志望する会社の特徴を踏まえて作成することが大切です。

1,卸売業界とは

食品や鉄鋼など、多くの形ある商品・製品が生産・製造されてから消費者に届くまでのプロセスは、「川の流れ」にたとえることができます。

・川の上流=「メーカー(生産者・製造者)」
・川の中流=「卸売業」
・川の下流=「小売業」

このように卸売業は「川の中流」に位置し、メーカーと小売業を繋ぐ役割を果たしています。

※商品や製品を卸す相手が、個人(BtoC)の場合もあれば、会社(BtoB)の場合もあります

具体的には、メーカーから商品・製品を大量に仕入れます。大量に仕入れることで、在庫リスクを抱えますが、その分、安く購入できます。そして、利益を乗せて、小売店に卸します。

ちなみに、「商社」というキーワードは、卸売業と同義です。たとえば株式市場では、有名な総合商社も卸売業に分類されています。総合商社の中でも、規模がトップクラスのメガ総合商社は、大半の卸売会社とは別次元の事業を展開しています。特に、メガ総合商社を志望する場合は、別に業界研究を行う必要があります。

2.卸売業界の中の二つのグループ

卸売業界は、大きくは「専門系」と「総合系」の2つのグループに大別することができます。

専門系は、例えば、「医薬・化粧品」を専門に、「繊維衣服」を専門に、「鉱物・金属材料」を専門に、「飲食料品」を専門に……というように、ある特定の商品や製品に絞って事業を行います。

一方、総合系は、例えば「ロケットから日用品」まで、会社の規模に応じてさまざまなものを取り扱います。

3.卸売業界の動向を理解した上で志望動機を練る

先に、卸売業は川中に位置すると説明しましたが、総合商社がコンビエンスストアをM&Aで企業グループ内に取り込み、川中から川下までを事業領域とするような変化が生じています。

また、専門系は、その時々の製品や商品の需要動向の影響を受けやすく、例えば、ある時期にAという商品の需要が高まっていれば、Aを仕入れて卸す会社は売上を拡大させやすくなりますが、需要が下がっているBという商品に特化している会社の売上は低迷しがちになります。

つまり、会社だけでなく、業界や世の中のニーズの動向も研究したうえで、志望動機を練る必要があります。

4.卸売業界の志望動機例

卸売業界の中で、「医薬・化粧品専門卸売業」の会社に対する志望動機例を以下に紹介します。

「健康と美容に対する関心が高まっています。また、高齢化社会が続くことから、医薬品に対するニーズも、年々高まってゆくと考えます。このような展望をもって、私は貴社を志望しております。(※1)
入社後に実現したいことは、電子商取引による消費者様との直取引の拡大です。よって、貴社に入社できましたら、Eコマース事業部への配属を希望しております。(※2)
私は、以前からネットショッピングに興味があり、購入するだけでなく、出品も行ってまいりました。この経験を通して、ご購入者様の満足度を高めるために必要なこと、取引にあたって注意すべきことなどを学びました。(※3)
この経験をもとに、貴社の利益率向上に貢献したいと考えています。(※4)」

志望動機例は、以下の四つの要素で構成されています。

※1:志望企業の取り扱う商品・製品の今後の需要展望に触れ、将来性があると認識していることをアピール。
※2:入社後の仕事を通して実現したいビジョンと希望する配属部門を説明。
※3:※2で示したビジョンの実現に向けて貢献できる自分の体験や知識を具体的にアピール。
※4:志望会社の発展に貢献する意欲を示して、締めくくる。

■卸売(流通)業界の志望動機の書き方まとめ

卸売(流通)業界の志望動機を書く際は、まずは業界の仕組みについてしっかり理解しましょう。その上で、業界の今後の展望や動向を予測し、志望動機を練ってください。

文・岡 茂信 (おかしげのぶ)
現在東証1部の情報システム開発企業での採用選考経験を元にジョブ・アナリストとして独立。大学及び就職イベントでの講演、有名企業に対し採用アドバイスを実施。著書に「就職活動がまるごと分かる本」「エントリーシート完全突破塾」「適職へ導く自己分析」がある。また、「岡茂信の就活の根っこ」( http://ameblo.jp/okashigenobu/)で就活の土台となる旬な情報を発信している。

関連記事
最新記事