幸せ呼ぶ猫神の呟き 【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説
                 


【小林麻央さん 顎にがん転移】気になる症状とリスクを医師が解説

2017年5月28日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、乳がん闘病中の妻である小林麻央さんの顎に、がんが転移していることを公表しました。(参考) 今回は、がんが顎に転移した場合の症状や、乳がんにおける転移のリスクなどを、医師に詳しく解説していただきました。

がんの転移とは

がん細胞が血液の流れやリンパ液の流れに乗って全身に流れていき、何かのきっかけで元の臓器(原発巣)以外の臓器に住み着き、そこで増殖することを指します。

転移しやすい臓器
基本的にどのがんであっても、全身どこの臓器にでも転移する可能性を秘めていますが、以下は転移先になりやすいとされる臓器になります。

・原発巣に位置的に近い臓器
・原発巣を通る血液やリンパ液が次に通る臓器
・血流が多くて全身の血液が通るような臓器

転移したがんの治療

がんが転移した場合のステージとは?
がんが他の臓器に転移した場合、がんのステージとしてはⅣ期となり、一部の例外を除くと、完治することは難しいということになります。

転移巣の治療を行うケース
転移先の臓器の状態によっては、転移巣の治療を行うことがあります。

■ 首の骨への転移
がんが首の骨に転移すると、骨の一部が弱くなって折れやすくなりますが、骨折した場合には脊髄や神経が傷ついて麻痺や痛みが生じることがあります。 場所によっては呼吸など生命維持に大切な脳の機能が障害を受ける可能性もあります。

■ 腰の骨への転移
転移巣が大きくなって脊髄を圧迫し、足の麻痺や排せつのコントロールができなくなることがあります。

■ 脳への転移
脳に転移すれば転移した部分の脳の働きができなくなるため、麻痺や感覚の異常など様々な症状が生じたり、頭痛や意識障害を起こすこともあります。

治療方法
転移による症状が生命維持や生活の質の妨げになる場合、放射線を転移巣に集中させて照射したり、化学療法(抗がん剤治療)を行うことが多いです。

乳がんの転移について

主な乳がんの転移先
・原発巣に近い皮膚
・血流の多い肺、骨、脳、肝臓

例えば乳がんが肺に転移したとしたら、その転移した病巣は「肺がん」ではなく「乳がんの肺転移」と呼び、顕微鏡で見ると原発巣の乳がんと同じ見た目の細胞でできています。

治療方法
■ ホルモン治療
乳がんの場合はホルモン治療に反応しますので、転移巣への治療目的でホルモン治療を行うこともあります。

■ 骨を再生させる治療
骨への転移がある場合、骨粗鬆症治療に使われるような、骨を再生させ強くする作用のある薬を使うことがあります。

転移によるリスク
乳房は、肺・肝臓・脳などとは異なり、生命の維持に関係しない臓器ですので、乳がんで命を落とす場合、転移巣による症状が大きな要因となります。 例えば肺に転移したことによって呼吸ができなくなったり肺炎になるといったことです。

がんが顎へ転移した場合の症状

転移の可能性がある部位
・顎の骨
・顎のあたりの皮膚や粘膜
・歯茎
など

症状
痛みによって生活の質が妨げられたり、食事が取りにくくなったり、転移巣からの出血があったりといったことは考えられます。

転移によるリスク
顎に転移しても、よほど大きなもので呼吸の妨げになるようなことがなければ、命に係わることはなさそうです。

がんの転移を調べる検査方法

がんの転移があるかどうかを調べるためには、CTやMRI、胃・大腸カメラ(内視鏡検査)の他に以下があります。

FDG-PET検査
がん細胞は通常の細胞よりも活発に増殖するため、多くの酸素や栄養を必要とします。

そこで、細胞のエネルギー源であるブドウ糖に、放射線を出す能力を与えたものを注射すると、ブドウ糖はがん細胞に集中するため、がん細胞から放射線が出ます。 その放射線を検出することで、どこの臓器に転移があるかを調べることができるのです。

■ デメリット
もともと栄養をたくさん使う脳や、老廃物を処理する腎臓・膀胱などの臓器はブドウ糖が集中するので、このような臓器のがん・転移の検査には向きません。

骨シンチグラフィ検査
骨への転移を疑う場合、骨シンチグラフィ検査を行うことがあります。 検査内容は、骨が新しくできるときに必要な材料に、放射線を出す能力を与えたものを注射し、骨のどこにがんがあるかを調べるものです。

最後に医師から一言

がんが見つかった場合、そこが原発巣である可能性と、どこか他に原発巣があって、転移している病巣である可能性の二つが考えられます。

そのため、全身の画像検査をしたり、病変を一部取って顕微鏡で見る病理検査をすることが、診断や治療方針を決める上で重要になります。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事
最新記事